FC2ブログ
2023年10月19日 (木) | Edit |
朝7時前に起床。早く寝たので6時過ぎには目が覚めた。
今日の朝食もバイキング、食べ過ぎないよう控え目にした。
9時前にホテルを出て、岬の分教場、二十四の瞳映画村に向かった。
9時からオープンなので、着いたときはまだ数人しか入場者はいなかった。
分教場 銅像
壷井栄文学館、キネマの庵、映画のセットで使った分教場や男先生の家などの建物群などを見学して歩いた。
小学生の時に観た映画の場面がいくつか浮かんできた。
戦争で失明した男性の役を田村高廣が演じていたのは知らなかったが、そのシーンは今でも覚えている。
見えない写真を手に、同級生の名前を順番に言い当てるシーンが子供心に感動的だった。
次女が図書館から借りて持ってきた「二十四の瞳」の本も昨夜から読み始めたので、映画村の中で古い記憶が蘇ってきたのだろう。
物忘れが多くなったジイにはいい薬になった。
お土産を買った後最後に醤油ソフトを買って食べた。
みたらし団子風の味がした。
今日も快晴で暑かったので美味しく感じた。
醤油ソフト
10時半過ぎまで見学した後車でフェリーの出る福田港まで戻ってレンタカーを返した。
ガソリン代はコミということで満タン返しではなかったので、手続きはなしで簡単に返せた。
船に乗る前にお昼のお弁当をテークアウトできそうなお店を探したがどこにもなかった。
見渡した限りにはコンビニもなかった。
11時40分に出航し、姫路港には13時20分に着いた。
船内には食事のメニューも出ていなかったので、お昼は姫路駅に行ってから食べることにした。
船内では次女に借りた「二十四の瞳」の本の続きを読んだが半分まで読んだところで姫路港に到着した。
下船後急いでタクシー乗り場に行った。
1台しか止まっていなかったが、一番先に行けてその車に乗ることができた。
後ろの人たちはすぐに乗れただろうか?
14時11分発の新幹線に乗り遅れたら大変だ。
15分で姫路駅に着けたので、駅の構内の食事処でテークアウトの寿司類を買った。
新幹線に乗車してからお昼を食べた。
出来立てだったので美味しかった。
名古屋で次女と別れ、長野行きの中央本線に乗り換えた。
こちらは始発なので入線してくるまでしばらく待つ時間の余裕があった。
長野に近づいたころ冠着駅で臨時停車して上り線の通過を待ったため3分ほど遅れて長野駅に着いた。
長野駅から上田まで新幹線に乗り換えたが、もともと乗り換えの時間が10分しかなかったのが、出発時間まで数分しかない状況だったので、バアも走るように通路を移動した。
上田駅までは長野駅始発のあさまだったので自由席にしてあった。
その自由席まで行きつく頃に始発のベルが鳴りだし、慌てて手前の車両から乗り込んだ。
午後7時の退勤時間帯のせいか、始発の割には空席が少なく、3列席の二人空席のところを探して何とか座れた。
上田駅までは10分少々、座ったと思ったらもう降りる感じだった。
8時前に無事帰宅した。
記念会もそうだが、こんな旅がこれから何回できるだろうか、身体と相談しながらになる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック