FC2ブログ
2024年01月04日 (木) | Edit |
朝起きると雨が降っていた。風も強そうだった。
気温は零下にはなっておらずデッキの温度計は2℃だった。
ネコご飯をやりに行ったバアは、雨も降り風が強く寒くて大変だった、と言っていた。
平年ならばこの時期雨など降らず雪が積もっているところだった。
雪景色の好きなジイには面白くないが、バアは雪より雨のほうがましらしい。
雨は9時ごろには止み、青空も出てきて陽射しも時々あったので、10時過ぎからリハビリウオーキングに出かけた。
これで新年になって4日連続となる。
去年の年賀状で、ウォーキングを日課にしますと書いたので、今年の年賀状ではそこまで書かなかったが、今年も健康維持のためにリハビリウオーキングに励む気持ちは変わらない。
浅間山が今日の雨が雪になっていて、またさらに白く冠雪していた。
山頂付近に雲が掛かるのでなかなか全容が見られないが、浅間山を見ながら歩いていたので、一瞬の雲の切れ間に姿を現したので、カメラのシャッターを切った。
リハビリウオーキング 浅間山
午後は3時に上田の眼科にメガネを作るための検査の予約が入っていたので、そちらに行く前にベイシアに寄って、新聞と雑誌、段ボールを回収ボックスに運んだあと買物をした。
そのあと眼科医院にいったら、ぴったり予約時間の3時に受付してもらえた。
通常木曜日の午後は手術のある日で外来は休みだが、新年なので手術はなさそうだった。
駐車場も空いていて楽に停めることができた。
あまり待たされず、呼ばれた。視力検査のあと説明を受けて、遠近両用と中近両用の眼鏡用の度数を計った。
それぞれ実際に度数に合わせて10分ずつ本を読んだり、院内を歩いてみたり、壁のテレビを見たりして、掛け心地を試してみた。
家の中の生活に限定すれば中近メガネが合う感じがした。
車の運転や渓流釣りのためには遠近両用メガネのほうがいい。
両方のメガネを作ってもらうことにして、メガネフレームの話をしたらそれは眼鏡屋に行って相談してくださいとのこと。
去年年末の医師との会話では眼科医院で眼鏡を作る話だったが、それはジイの誤解で、眼科医院ではやはりメガネを作るための処方箋までとのことだった。
結局、遠近と中近の両方の処方せんを書いてもらうことにした。
1時間弱で眼科医院を出ることができたので、家に戻らず眼鏡屋に行くことにした。
一日でも早くメガネが作りたかった。
以前にメガネを作ったことのあるパリーミキに行った。
中近のメガネを作ることにした。
遠近のメガネは、以前に跳ね上げ式のサングラスが付いた古いメガネのフレームを持って行って、レンズだけ交換してもらうことにした。
それは家に置いてあるのでまた出直すことにした。
それならレンズ代だけで済む。
ただし、20年以上前に買ったメガネなので、今のレンズに合うかはメガネを見てみないとわからないとのことだった。
これで2本のメガネが作れるなら、予算オーバーだが許容範囲だ。
眼鏡屋を出た時には5時半になっていて外は暗くなっていた。
対向車のヘッドライトが明るく感じたが、白内障を手術する前の眩しさに比べたら問題なく運転できた。
道路の表示板もよく見えた。
今日注文した眼鏡が手に入るのは最短で12日とのこと。
明日にでも遠近両用のメガネを作るため古いメガネを持って行くつもりだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック