FC2ブログ
2024年01月15日 (月) | Edit |
昨夜は7時ごろから風が強くなり、玄関横からデッキの前の通路にかけて取り付けてある人感センサーの夜間照明が、風に揺れる木の枝に反応して点いたり消えたりしていた。
玄関横の照明だけコンセントから電源を採っているので、9時ごろコンセントからプラグを抜きに行った。
他の照明器具はソーラ式なので蓄電が無くならない限り点いたり消えたりしても放置するしかない。
明け方になって雪が降ったらしく、今月3度目の降雪になった。
積雪量は前回と同じ程度なので、雪かきするほどの量ではない。
朝の雪① 朝の雪②
北側の道路もほとんど積もっていないので雪かきをしないでのんびり朝食を食べていたら、奥のMさんの家で雪かきをしたようで、あとで見たらほとんど雪が残っていなかった。
北側の道路
昨夜吹いていた風も多少弱まったようだがまだ午前中は吹き続けていた。
11時になって外気温が3℃まで上がったので、リハビリウオーキングに出かけることにした。
風があると体感気温はだいぶ下がるのでバッチリ防寒対策をして出かけた。
浅間山は思ったほど冠雪していなくて、うっすらと白くなっている程度だった。
これではまた半分以上すぐに融けてしまうだろう。
リハビリウオーキング 浅間山
歩いている途中で、左足の靴が擦れるような音がし出したので、意識的に足を上げて歩いていたら、靴底が剥がれ始めていた。
雪道なのでブーツ風の靴を履いていた。
10年以上前に買ったものだが、雪の時しか履かないしせいぜい1年に1,2回しか履かない靴だが、接着剤が劣化したようだ。
登山靴などでもよくあることなので、リュックにはそういう時のために結束バンドを入れているが、今日はリハビリウオーキングなのでリュックを背負っていない。
歩いている途中でとうとう完全に剥がれてしまった。
家に戻った後、靴と剥がれた靴底を洗って干し、夕方ボンドで接着した。
まだそれほど擦り減っていないので、ちゃんと接着できればまた履くつもりだ。
靴底が剥がれたブーツ
昨日当たりから裏金問題で地検特捜部が安倍派幹部の立件を断念する方向で調整しているという報道が流されている。
大山鳴動して鼠一匹とはまさにこのこと、日本もやはりダメな国の一つか・・・。
先の短いジイは嘆くだけで終わるが、子や孫たちはまたさらに生きづらくなる。
ジイたちの世代が国を変えられなかったツケでもあるが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック