FC2ブログ
2024年03月25日 (月) | Edit |
朝7時に起きて外を見ると、雨が降ったような跡はあったが雨は降っていなかった。
朝食をとっているころから時折雨が落ちてきているような気配がしてきた。
気温は5℃以上あったので家の中も深夜の暖房のおかげで20℃近かった。
9時ごろには雨になったので、今日は一日家に籠るしかないと思った。
10時過ぎに外が明るくなって雨も止んでいるように見えたので、バアにリハビリウオーキングに行くか声をかけたら、行くというので10時半から歩くことにした。
外に出てみると、時折ポツポツ雨が落ちてきていたが歩けない状況ではなかったので、一応傘を持って歩き始めた。
リハビリウオーキング①
いつものコースをショートカットして、降ってきたらすぐ家に戻れるように考えて歩いていたが、まだ本降りになりそうもないので、少し遠回りして歩いたが、途中で雨が大粒になってきて、持っていた傘をさした。
1時間弱歩いて家に戻った。
歩数計は、5,900歩台であと少しで目標の6,000歩に行くところだった。
家の中でもズボンのポケットにスマホを入れてあったので、お昼までに6,000歩越えた。
リハビリウオーキング②
午後は、雨も本降りになり外にも出られないので、家の中でテレビを見たり本を読んだりして過ごした。
夕方1時間ほどジイ小屋で「晩秋の農道」の絵の続きを描いた。
まだ全部彩色が終わっていないが、ほぼ全体像は見えてきた。
あとはどれだけしっかり色を付けることができるかだ。
5月に一水会の作品研究会があるので、それまでに自分なりの完成と思える形に仕上げたいと思っているが、まだ日数は十分あるので焦らず描き込んで行きたいと思う。
晩秋の農道
佐久の遊彩会の会長が19日に頸動脈狭窄症の手術を受けて、その結果がどうなっているか心配していたが、今日LINEで無事手術が成功し、退院したという報を受けた。
水彩画を描くうえで一番刺激を受け、教えられることの多い人なのでホッとした。
ステント留置術の手術ということで、バアの血栓の手術を思い出した。
ステントはまたいつか除去しなければならないから、再手術もある。
次の手術もうまく行くことを祈るばかりだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック