FC2ブログ
2024年03月27日 (水) | Edit |
昨日、今日と2日続いて最低気温が零下にならなかった。
そろそろ深夜から朝にかけての床下暖房も点けなくてよくなるか?
今月は例年よりも気温が下がる日が多かった。
電気料金が上がっているので、家計的には節電したいところだ。
今日は朝から雲は多めだが青空も出ていてときおり日差しもあった。
昨日はいちいち雨で歩けなかったので、10時からリハビウォーキングに出かけた。
浅間山は雲に隠れて見えなかったが、烏帽子岳のほうは山頂まで見えていた。
浅間連山は、昨日の雨が雪になったらしく、中腹まで雪で白くなっていた。
昨日の雨量からすると我が家の辺りが気温が下がって雪になっていたら、除雪車が来るほどになっていただろう。
リハビリウオーキング 烏帽子岳
1時間ほどのウォーキングの間にジイとバアを含めて全部で8人がウォーキングしていた。
久し振りの天気なのでみな歩きに出たのだろう。
午後は2時間ほどジイ小屋で80号の「晩秋の農道」の彩色の続きを描いた。
やっと全体の最初の彩色が終わり、中景の林の陰や遠景の山の色などを重ね塗りを始めるところまでいった。
やはり80号ともなると描きでがある。
縦構図なので、高い所と低い所とでは自家製イーゼルでは手が届かないところもあるので、段ボールを置いてその上に乗せて高さ調整することもある。
市販の高さ調整が自由にできるイーゼルを買うほどの腕になるのにはまだほど遠い。
「晩秋の農道」
筆を置いて外に出たら、快晴になっていた。
浅間山に架かっていた雲がなくなって、再び雪で白くなった浅間山が見えた。
喜多池のそばに猫のチビがいた。
今日の浅間山
自公政府は昨日の国家安全保障会議で、次期戦闘機の輸出を解禁する決定をした。
1970年の日米安保条約の改定に先立って、反戦平和運動が高まる中、当時の佐藤栄作首相の時代に武器輸出三原則が策定され、破壊、殺傷能力のある武器の輸出を規制する歯止めがかけられてから50余年、その後2014年安倍首相時代に条件付きで輸出を認める「防衛装備移転三原則」に改定された。
輸出という言葉を「移転」に変え、実態を隠ぺいしようとする手法は近年の自公政権の得意技だ。
今回は、輸出先を決めるときは閣議を経る、ということで公明党と妥協したようだが、今までの政府がやってきたやり口から行って閣議など何の歯止めにもならないことは自明のことだ。
平和の党といいながら公明党の抵抗もポーズと言われても仕方がないだろう。
国会の議論もなしに時の政権が暴走する先には戦争がある。
早く自公政権に終止符を打たないと大変な国になってしまう・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック