FC2ブログ
2024年04月01日 (月) | Edit |
今日から新年度、ニュースでは入社式の模様が報じられていたが、我が家でも次女からニュースがLINEで送られてきた。
ジイとバアの初孫のアーちゃんが、入社式に出かける前の玄関前の晴れ姿を次女が写真に撮って送ってきてくれた。
次女のコメントでは、3月の大学の卒業式のときよりも、新しい門出として、大人になったなぁ、と歩いて家から出かけていく後姿を見て感動した、と伝えてきた。
ジイとバアが30年前に味わった思いを、次女が同じように今日味わっているのかと思うと、それが今のジイとバアの新たな感慨になった。
自分のこどもが社会人としての一歩を踏み出すと、これで子育ても一段落と思ったものだが、そのときはまだこれからの行く末にも心配や不安が残ったものだった。
それが、もう自分たちの手の届かないところに行ってしまった と思ったのは、結婚式の時だったが・・・。
今の日本の現状を考えるとあーちゃんにもいろいろ困難な状況があるとは思うが、その中に飛びこんだ以上困難に負けずにいきいきと自分の道を進んで欲しいと願う。
次女にはまだ高校生と中学生の男子がいるので引き続き子育てに奮闘して欲しい。
間もなく50代になるので身体的には曲がり角、健康には十分留意して欲しいものだ。
入社式に出発
今日も朝から晴れて気温は7時で16℃に達していた。
長女から電話があって家にいるというので、10時過ぎに長女の家に、耕運機を積んで出かけた。
そろそろ家庭菜園の畑を耕しておかないとジャガイモやレタス、ブロッコリーの植え付けが遅くなってしまう。
3月29日の雨でぬかるんだ畑も乾いていた。
冬の間、カミちゃんが天地返ししていたので、2,3回ミニ耕運機で耕すとだいぶ土もこなれた。
去年トマトの栽培に使った雨除けビニールの骨組みを、北側に移動させた。
今年は、南側(左)にジャガイモやサツマイモ、北側(右)に葉物野菜や夏野菜を植えることにした。
畑
畑仕事を終えた後は、家でコーヒーをご馳走になりながら、ホンダに連絡して長女とジイの車のタイヤ交換の日程を調整して、予約した。
家に戻ったらお昼の時間になっていた。
午後1時半からリハビウォーキングに出かけた。
リハビリウオーキング
午前中は晴れ間が多かったのに、歩き始めるころには太陽の軌道に沿って黒い雲が現れて陽射しを遮ってしまった。
陽射しがないと少し強めの風が冷たく感じた。
家の近くまで戻ってきてようやく陽射しが出てきた。
この時ほど太陽の光が暖かく感じるものか身をもって体験した。
古代の人間が太陽を崇拝する心情が理解できた。
家の前のシデコブシが開き始めていた。
明日には開花宣言できそうだ。
シデコブシ① シデコブシ②
3時前に家を出て上田のY先生の家に上田支部展に出品する絵を預かりに行った。
Y先生は上田支部の顧問をしていて、支部展や小品展に出品するときは、ジイが作品の受取と返却の役を仰せつかっている。信州美術会の会長をして忙しいので、在宅している日を確認してから行くようにしている。先日の電話では1点ということだったが、2点あるというので喜んでお預かりした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック