FC2ブログ
2018年10月18日 (木) | Edit |
今朝もどんよりした曇り空だった。冷え込みは昨日ほどではない。
朝8時過ぎに市の広報や回覧物が届いたので、9時半過ぎに配りながらバアのリハビリウォーキングに出かけた。
暑くもなく寒くもない今の時期が外歩きには一番いい気候だ。
バアの歩きもこのところ調子がいい。
距離の長い一望千里の碑があるコースを歩いた。
碑の脇にある丸太の椅子に腰かけて一息ついた。
一望千里の碑で一休み
リハビリウォーキングから戻った後、お昼は鶏の唐揚げを揚げた。
同じ油を使って、ヤマちゃん家からいただいたサツマイモの天ぷらも揚げた。
ダイエットに気を遣っているつもりだが、たまにはアツアツの揚げ物も食べたくなる。
一度では食べきれないほど揚げたので、また明日残りは食べることになる。
午後は、ハッピーデーの上田のアリオに買物に出かけた。
15日に行ったばかりなのであまり買うものがないはずだが、買い忘れたものもあってそこそこの量になった。
キャンペーン中の買物ポイントの累積で500円の商品券もゲットした。
買物の帰りに明神池に寄って午後のリハビリウォーキングをした。
池の周回道路も元気な時と同じスピードの15分で歩けるようになった。
そのあとの諏訪神社も階段を一気に上れるようになってきた。
明神池
今月末の上田支部の写生旅行の資料などを作った後、宿泊するホテルに旅行中の行程表をファックスで送った。
ホテルへの送迎だけでなく、写生地への送迎もしてくれるホテルなので、ジイが旅行委員になって3年目だが、ずっとこのホテルを利用している。
ホテルのスタッフや送迎バスの運転手ともすっかり顔なじみになった。
2018年10月11日 (木) | Edit |
今朝は濃い霧が出て見通しが悪かった。
プラごみが溜まったので朝一番で上八重原公民館まで車で行った。
他にプラごみを出しに来た車2台が止まっていて、袋も山積みになっていた。
週1回の収集日だが、我が家が出しに行くのは2か月に1回ぐらいのペースだ。
朝食後、9時を過ぎたころ東御市民病院に電話をした。
昨夜は、腱鞘炎になっている右手首の痛みで何度か寝ている間に目が覚めてしまった。
寝る前に湿布をしなかったのも一因かもしれない。
先月診てもらった医師の診療は、明日になっていたので、明日の予約をしようと電話をしたら、今日も午前中診察しているというので、今日行くことにした。
先月は、長い時間待たされたので、今日も午前中いっぱいかかるものと覚悟して行ったが、10時前に病院に着いて、10時半には診察が終わっていた。
前回と同様注射で痛みを取るか聞かれたが、注射で痛みから解放されるのはせいぜい2日程度なので、どうせ長い時間かけなければ回復しないなら、あえて注射はしないことにした。
その代わり湿布薬をたくさん処方してもらった。
7枚入りのロキソニンを10袋出してもらった。年内いっぱいかかることを覚悟した。
湿布薬
思ったより早く家に戻ることができたので、11時を過ぎていたがバアとリハビリウォーキングに出かけた。
45分コースを歩いて家に戻った。周囲の田んぼでは、最後の追い込みで稲刈りが行われていた。
午後から雨という予報も出ていたので傘を持って歩いたが、家に着くまで降られなかった。
家の近くまで来たら、ポツポツと雨が落ちてきた。
それも一瞬で雨が本降りになったのは4時ごろからだった。
午前のリハビリウォーキング
ジイの右手がこんな状況なので、近ごろはほとんどバアが家事をしてくれるようになった。
2018年10月10日 (水) | Edit |
一昔前まで体育の日だった今日、朝から晴れていい天気だった。
長年晴れの特異日と言われ続けてきたが、祝日法の改正で体育の日が変動制になって、果たして特異日が続くのだろうか?
日々スケジュールに追われなくなった今、祝日は固定してもらったほうがいいとつくづく思う。
今年から始めたリハビリウォーキングは3~4コースの長短でほぼ固まっていたが、今日はバアの足の調子もよかったので、午前のウォーキングは、立科町にある十八塚リンゴ園の近くを初めて歩いた。
リンゴ園はリンゴの収穫期なので、怪しまれないようすぐ近くのコースは避けて、少し離れたコースを選んで1時間余を歩いた。
晴れていたが、風も少しあって心地よいウォーキングとなった。
こんな季節も足早に去って間もなく寒くて歩けなくなるかもしれない。
午前のウォーキング
11時前に家に戻ってきたが、今日はコープ長野の宅配日で、間もなく配達車が来るのが見えた。
今月中にも配達のドライバーが交代するのか、今は若いドライバーを教育するベテランが一緒に来ているので、配達に来る時間も多少早くなっている。
寝室にテレビを置いて、リビングと寝室のレイアウトを変えたが、ニトリで買ってきた物干し台に位置がいまいちスッキリしなくて、もう一度見直すことにした。
今まで部屋干しの竿を吊るす天井からの棒を取り付けていた位置を付け替えた。
寝室での部屋干しをやめるつもりだったが、これから冬にかけて暖房による室内の乾燥を防ぐには、寝室に干すのがベターだ。
リビングに置いていたニトリの物干し台は、玄関横のサンルームに移動することにした。
ただそこには、観葉植物がいろいろ置いてあるので、その一部を片付けなければならない。
植物とはいえ、長年育ててきたものだけに、簡単にお払い箱にはできない・・・。
少し冷静になって考えて行動に起こすことにしよう。
午後4時ごろ、午後のリハビリウォーキングに出可kる準備をしていたら雨が降ってきたので、中止した。
2018年09月28日 (金) | Edit |
久し振りに朝から青空が広がった。
明日からまた台風の影響が出そうなので、普段の洗濯もののほかに、シーツや夏掛けも洗って干した。
普段の衣類は室内の物干し台に干した。昨日ニトリで買ってきた物干しだ。
リビングに置いたが実際に洗濯物を干してみると、外の景色が全然見えなくなった。
置く場所は再検討が必要だ。洗濯物は、窓越しに差してくる陽射しでよく乾いたが・・・。
午前中、上田アリオへ買物に行った。
今月はハッピーデーにいろいろ予定が入っていて、最後のハッピーデーでようやく買い物ができた。
買物を終えた後、近くの上田ガスで開催されている彩光会の企画展を見に行った。
初代講師だった人の3回忌を偲んで、その遺作の数々を展示するとともに、その講師の薫陶を受けた会員の作品も一点ずつ展示されていた。
そのほとんどの人が日本水彩上田支部のメンバーなので、会場で出会った人はみな顔見知りだった。
企画展を見た後、東御のコメリに行く予定だったが、時間が無くなったので家に戻った。
家に戻るとチビがデッキで無警戒に昼寝をしていた。
無警戒に昼寝するチビ
少し早めのお昼を食べた後、12時過ぎに家を出て佐久総合病院本院に行った。
静脈瘤の専門医のいる佐久総合に医師の診断をしてもらえるよう先日上田医療センターの心臓外科の医師から紹介状を書いてもらって、今日はその診察日だった。
午後1時前に着いて、すぐに外科外来の窓口行くと、超音波による下肢の検査と動脈の硬さや詰まり、血圧などの検査するところに案内された。
エコーの検査は両足の付け根から足の先まで細かく検査された。
モニターに映る画像を見たが、何が映っているのかはよくわからない。
時々静脈らしい管が映っていた。
血圧の測定では、生まれて初めて両手と両足首、両足の親指に血圧を測定する器具を付けられて測定された。
その結果、動脈の硬さは年齢相応、動脈の詰まりは正常範囲との測定結果だった。
外科医外来の窓口に戻って30分ほど待たされた後、専門医に呼ばれて診察室に入った。
静脈瘤ができる原因の静脈内の逆流を防ぐ血管内の何か所かの弁のうち、足のつけ根あたりの弁が正常に働らかなくなっているようだ。
手術の方法について聞くと、膝のあたりからカテーテルを入れて静脈をレイザーで焼いて塞いでしまう手術になるとのことだった。局所麻酔で細い管を差し込むだけなので日帰りも可能だそうだ。
ただ自分で車を運転して帰る場合は、1日に入院して翌日帰るようになる。
幼児期に一度入院経験があるだけのジイとしては、今後のためにも入院経験を積んでおきたいと思う。
ただ手術したあと1か月ほど血行を良くするための弾性ストッキングを履かなければいけないとのことだった。
今右手首の腱鞘炎で普通の靴下を履くのにも苦労している状態なので、腱鞘炎が治ってから手術を受けることにした。
3時前には全部終了して病院を出ることができたので、帰りに佐久のカインズによって、木製のラックを買って家に戻った。
まだいい天気が続いていたのでバアのリハビリウォーキングで家の周辺を歩いた。
はじめの頃45分かかっていたコースを歩いたが、30分もかからずに歩き切った。
普通のところを歩くのはほぼ元気な時に戻りつつあるようだ。
段差のあるところや階段の上り下りのところで怖さがなくなれば、正常に近い歩きができるようになるに違いない。
夕方のリハビリウォーキング
台風24号の進路が次第にはっきりしてきた。
長野を直撃しそうだが、時間的には写生旅行の初日の朝には、通り過ぎているようだ。
白馬に行くころには青空も出ていることを期待しよう。
2018年09月21日 (金) | Edit |
今朝は昨日からの雨が続いていた。デッキの温度計は13℃だった。今
年は猛暑が長く続いたが、もうその暑さはぶり返さないだろう。
バアの身体の痛痒さが薬で少し和らいできたが、まだ完治するところまで達していないので、通っている皮膚科の診察を受けるため、8時前に家を出た。
診察は8時45分からだが、受付は8時10分からとなっているので、その時間に合わせて出かけたが、ちょうど朝の通勤ラッシュ帯で医院に着くまでに30分かかってしまった。
待合室はほぼ満員で座席を探すのに苦労するほどだった。
8時40分ごろから診察が始まったが、バアが中待合室に呼ばれたのは10時少し前だった。
診察が終わり会計を済ませるころには10時半近かった。
上尾に住んでいるころにかかった皮膚科医院も常時混んでいたから、どこでも皮膚科専門医が少ないのだろう。
それにしても皮膚のトラブルが多いのは一種の文明病なのだろうか?
猫たちを見ていると自分で傷を舐めて治している。
そういう自己治癒力を人間は失ってしまったようだ。
皮膚科の後、カインズまで買物に行き、そのあとは丸子のマツキヨで処方薬を受け取ってから家に帰った。
途中上田中央公民館で今日から始まったジイの知り合いたちが参加している美術会の会員展の初日なので、見に行くつもりだったがお昼過ぎになりそうだったので、それは明日以降に延期した。
夕方里山同好会の会長さんから電話があった。
明日の天気予報が芳しくないので、明後日に延期する相談だった。
里山同好会も今年で最後になるかもしれないので、何とか日延べしてでも例会を実施したい、という会長さんの思いが伝わってきた。
23日は朝6時から自治会の道路の草刈りがあるので、出かけるとなると忙しいが実施することにした。
明日の時間が空いたので、会員展を見に行くことにした。