FC2ブログ
2019年07月05日 (金) | Edit |
昨日出かけている間に、ため池の土手の草刈りをしたらしく,ユウスゲが咲き始めたところだったのにすっかり刈られていた。
去年も同じ時期に刈られて、楽しみにしていたユウスゲを十分見ることができなかった。
自然よりも農作業優先と言われれば、なすすべもないが・・・。
去年は刈られた後から花芽が伸びてきて何とかユウスゲを見ることができたが・・・。
刈られた土手
午前中バアとリハビリウォーキングに出かけた。
薄曇りの空で強い陽射しもなかったが、湿度が高く歩くだけで汗だくになった。
朝ドラの後のミニリハビリウォーキングが続いているので、ジイとバアのリハビリウォーキングは30分から45分を目安に歩いている。
今日は45分歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング
午後は、上田の「ささや」で3時半から日本水彩上田支部の常任委員会、4時から暑気払いとなっているので、2時45分に家を出て「ささや」に向かった。
道路が混んでいて30分かかって「ささや」に着いたら、常任委員の全員が来ていた。
会議のスタートが3時に変更になっていたのをすっかり忘れてしまっていたようだ。
ジイが資料を作って持って行くことになっていたので、みんなでジイの到着を待っていたらしい。
ただでさえ定刻より早く集まる人たちなので、これからは早めに行くよう肝に銘じた。
暑気払い兼東京展の反省会が始まる直前まで会議が続いた。
慌ただしく会議を済ませて暑気払い会場に移動した。今
年の東京展には、無審査で出展できる会員・会友を除き、支部員や一般の応募者20人のうち10人が入選した。
全国の支部の平均入選率が70%台なので、去年よりは入選率が上がったとはいえ50%はまだまだ低い。
ジイにしてもまだ7年出品して今回が3回目の入選だから、5割にも達していない。
6時前に最初の締めがあったので、ジイは会場を一番に出て帰宅した。
昨日留守中に、町内会の役員からの書面が投函されていて、今日から夏祭りの踊りの練習があるのでバアに保健補導員として参加するようにという通知があった。
練習会場の体育館の場所もよくわからないので、もう一人の保健補導員さんと上八重原公民館で待ち合わせて一緒に行くことにしたようだ。
7時過ぎに待ち合わせていて、まだそのころは明るいので自分で車を運転して行っても、踊りの練習を終えて戻ってくるころには真っ暗になっているので運転したくない、といっていた。
早く暑気払いが終わり、6時半前に家に戻ることができたので、ジイが運転して上八重原公民館まで送って行くことにした。
公民館へ送った後家で帰りを待っていたら、電話があって踊りの練習する体育館は別の団体が使っていて、使用の予約は明日になっているとのことだった。
通知を投函した役員に電話してもつながらず、キツネにつままれたような顔をしてバアが戻ってきた。
上八重原公民館まで迎えに行く準備をしていたが、もう一人の保健補導員さんに家まで送ってもらったようだ。
すっかり町内会の役員に振り回された夜だった。
2019年06月12日 (水) | Edit |
今日は曇り後午後から雨の予報だったが、朝から雲が激しく動いて時々雲の合間から青空が見えた。
その青空から陽射しも家のデッキまで伸びてきていた。
朝の陽ざし
昨日作成した医療保険の請求書を蟹原の郵便ポストに出しに行くときに、バアも誘ってリハビリウォーキングを兼ねて行くことにした。
平日は9時半ごろの収集なので、それに間に合わせるように出かけた。
ちょうど歩いている間は、雲が切れて日差しがあって汗が出そうになった。
ジイも手術を前にしてあまり無理もできず、45分ほど歩いて家に戻ったので、歩数計は5,000歩に届かなかった。
リハビリウォーキング
お昼ごろから天気予報通り空が雲に覆われ、時々雨も落ちてくるようになった。た
だ雨は長続きしないで済んだ。
午後は、日本水彩上田支部の来月の常任委員会の会議次第や9月の支部展の出品規程、搬入の際の役割分担などの資料を作成した。
東京展が終われば次は支部展の準備だ。
昨日もちょっと触れたが、金融庁が所管する金融審議会の作業部会がまとめた「高齢社会における資産形成・管理」という報告書が今話題になっている。その報告書では65才と60歳の夫婦が30年受給する年金だけで生活すると、毎月5万円の赤字となり、30年後までには2,000万円の赤字が見込まれる、という試算がされていた。
これでは100歳まで安心に暮らせる年金制度という政府のいうことが嘘だったと野党に指摘されてしまった。
だからと言って、麻生大臣はこの報告書を受理せずなかったものにして野党の追及をかわそうとしている。
森友学園問題の時に、財務省の交渉経過の文書の所在をなかったものにしたのと同じように、都合の悪いものを抹殺する発想だ。
こんなでたらめの行政運営している政府をいつまでも放置させているわけにはいかない・・・。
国民は選挙でしかこの内閣を倒すことができない以上、次の参院選でまずははっきりNOという意思を示さなければならない。
2019年06月11日 (火) | Edit |
今日は日本水彩上田支部の例会があるので、8時半に家を出て神川公民館に行った。
少し疲れが残っているので休みたかったが、いろいろ報告しなければならないこともあり行くことにした。
来月の常任委員会と暑気払いの出欠者を集約した書類を担当の副支部長に渡した。
また、その常任委員会の会議資料を受け取る予定だったがまだできていなかったので、それはあとでファックスしてもらうことにした。
例会の画題は花が用意されていた。
今日は午前中で帰ることにして昼の弁当も用意していなかった。
スケッチ画用の小さなB5サイズの紙に描いた。あ
まりいい出来ではないが、実際に描く時間は1時間ぐらいしかなかったので仕方がない。
出来の良し悪しを時間のせいにはできないが・・・。
画題 ジイの絵
11時45分に公民館を出て家に戻った。
15分少々で戻れた。意外と神川公民館と家とは近い。
お昼を食べた後、まだ天気が良かったので、明神池まで車で行って、バアとリハビリウォーキングした。
近くの住宅地などを見ながら歩いた。
1時間ほど歩いて家に戻った。
午後から雨の予報が出ていたが、歩いている間は晴れていた。
3時過ぎから雨雲が流れてきて、1時間もすると雨が降ってきて本降りになった。
雷もゴロゴロ鳴っていた。雨と雷は夜まで続いた。
これでため池の水も少し溜まることだろう。
稲にとっては恵みの雨となったに違いない。
先月末に佐久総合病院に申請した診断書がようやく郵送されてきたので、保険会社への保険請求の書類を作成した。
これで手術の時にかかった医療費の自己負担分ぐらいの額は保険から補填してもらえそうだ。
痛い思いをしたのだから、ジイの小遣いにしてもいいとバアは言ってくれたのだが・・・。
人生100年時代を生き抜くためには、年金のほかに2,000万円は必要と言われているので、将来の貯えにしなければいけないかも・・・。
2019年06月10日 (月) | Edit |
今朝は5時過ぎに起きて出かける支度をした。
佐久インター南バス停7時15分発の高速バスに乗って東京都美術館で開催されている日本水彩展を見に行くためだ。
空は今にも雨が降りだしてきそうな空だったが、もうこの時間かなり明るい。
簡単な朝食を食べて、6時20分に家を出た。
6時半に出ても十分間に合うが、心配性のバアに付き合って早めに出た。
7時前にはバス停の駐車場に着いた。バスは3分遅れでやってきた。
このバス停を最後に、次は富岡まで停留所はない。
半分以上の席が埋まっていたので驚いた。
こういう早い時間に乗ったことがないので、いつもはガラガラで赤字だろうなと思いながら、運行しなくなる心配をしていたが、今日は間違いなく黒字だった。
高速道路に入って間もなくから雨が降りだし、速度制限がかかって走行速度が落とされた影響で、池袋を着く頃には約30分の遅れとなった。
池袋で娘たちと待ち合わせをしていたが、次女が孫のムー君の急な腹痛で学校を欠席することになり来られなくなってしまったので、長女だけとなった。
朝が早かったので、長女と落ち合った後、すぐに上野に向かわずまず腹ごしらえをすることにした。
西武デパートのレストラン街に行ったが、11時からの開店でみな準備中だった。
仕方なく前に行ったことのあるコメダ珈琲に行った。
そこで1時間ほど食事をして過ごした後、上野に行った。
都内は本降りの雨で、傘をさしていても肩や背中、足先がびしょ濡れになった。
雨の東京都美術館
雨で足元が悪い中でも、会場には大勢の人が見にきていた。
顔見知りの上田支部の二人にも出会った。ジ
イの絵は、全部で30室ある展示スペースの中の23室に展示されていた。
少し奥まった壁だったが、上の照明が反射しないところだったので、記念写真を撮るのに都合よかった。
ジイの絵に前で
ジイのブログにコメントを書いてくれた静岡の方の作品も見ることができた。
以前の図録でも掲載されているので、何度も入選されている方で、今回の作品を見てもジイより数段完成度の高い絵を描かれている人だということが分かった。
ちょうど全部を見終わって部屋を出ようとしたら、係の人が今ギャラリートークが始まったところですよと教えてくれたので、急いで23室に行ってみると、丁度前室でギャラリートークをしているところだった。
5室単位で順番にやっているようだった。
描いた本人がいる作品の講評をするということなので、手を挙げて講評してもらった。
20人ほどが講評を聞いているので少し恥ずかしかったが、さすが講評に慣れた人で、初めに絵のいい点を褒めたうえで、手直しするともっと良くなる箇所を何点か指摘してくれた。
時間にして2,3分のことだったがいい経験をさせてもらった。
バアや長女も講評が聞けてラッキーだったねと言ってくれた。
帰りは、まだ強い雨が降っていたので、雨宿りがてら上野公園内のスタバで一休みした。
今日は準夜の仕事が入っているという長女と一緒に3時過ぎにスタバを出て上野駅から山手線に乗った。
長女の職場のある田端駅で別れ、ジイとバアはそのまま池袋まで乗って行った。
池袋の西武デパートの地下で、今夜の夕食を買ったあと高速バスの案内所に行ったら、予約してあった5時10分発より1時間早いバスに乗れたので、それに乗って帰ることにした。
雨の中到着が遅れたが7時過ぎには佐久インター南のバス停に着き、家には7時45分に無事戻ってくることができた。
2019年06月08日 (土) | Edit |
昨日の夕方、今日の彩明会の例会で行く予定だった御射鹿池の写生を中止し、祢津公民館に変更した。
昨日梅雨入りし、天気予報で今日の予報も雨模様の不安定なものだったからだ。
しかし、朝起きて空を見ると、雲が多いながら南の空には青空も見えていた。
8時からの朝ドラを見た後、家を出て祢津公民館に行った。
途中でコンビニに寄って昼食を買って行った。
8時35分には祢津公民館に着いたが、すでに全員が来ていてジイが最後だった。
御射鹿池に行くなら7時半の集合だったから、変更になっても早くから準備していたのだろうか?
とにかくこの会の会員は集合時間の30分前が実際の集合時間のようだ。
わかってはいるがジイにはそれに合わせられない・・・。
決められた時間に遅れるのはいけないとは思うが、あまり速いのもどうかと思う習性は若いときから身に付いたもので変えられない。
元会員の方が亡くなったことや、会員の一人が日本水彩画会の会友から会員に推挙されたことなど、いろいろ報告すべきことがあり、しばらく話し合いが続き、描き始めたのは9時半近くになっていた。
今日の画題は、花と獲れたてのタマネギが用意されていた。
花の画題 タマネギの画題
両方とも描きたいので、はじめにバイカウツギやシャクヤク、スイセンノウの花の絵を、B5サイズのスケッチブックで描いたあと、タマネギをF6の画用紙に描いた。
昼食をはさんで午後1時半までという時間設定だったが、やはり1時になると片付け始める人もいて、完成までに至らなかったが、2枚の絵を描いた。
講評してくれたO先生は、今年の東京展に出品しないと連絡があったが、退会したということは言っていなかった。
今日の例会で退会したことを知り、ちょっとショックだった。
ジイとは一回り年上の先生だが、まだまだ元気なのでまさか退会までするとは思ってもいなかった。
彩明会までやめるとは言わなかったが、これから先生の指導で維持してきた会の存続をどうするべきか、またまた悩ましい問題が発生した。
1時半前に解散して家に戻った。ま
だ十分に描き上げた感じがなかったのでジイ小屋で2枚の絵の仕上げをした。
ジイの絵② ジイの絵①