FC2ブログ
2018年11月04日 (日) | Edit |
昨夜は遅くまでテレビを見ていたのでブログを書いて寝たのは1時半過ぎだった。
山歩きで疲れていたのでブログは翌日にしよう、という誘惑に負けそうになったが・・・。
一日のけじめとして書かないといけない、という気持ちはまだ残っているようだ。
その代わり朝起きるのがつらかったが、偶数日はバアの猫の朝ご飯当番なので、バアが起きるのに合わせて起きてしまった。
今日は、畑の平核無柿で干し柿を作る予定にしていたので、9時から作業を始めた。
去年が豊作だったので、今年は裏年であまり実がつかないのではないかと心配していたが、なんのなんの今年も取り切れないほどの実がついた。
平核無柿の木
去年干し柿をたくさん作り過ぎて食べ切れなかったので、今年は100個を目安に柿を取るつもりだったが、手の届く範囲で収穫したら200個以上採れた。
まだ高いところにはたくさん残っているが・・・。
柿を採っていたら面白い形の柿が3個も出てきた。
採った柿を最終的に数えてみたら干し柿にしたのが全部で210個、余った柿が60個もあったのでそれは焼酎漬けにした。
先日から焼酎に漬けて食べているが、渋が抜けるのは1週間から10日かかる。
そのあと1週間ぐらいで、熟し過ぎて柔らかくなってしまうので、食べごろが難しい。
LINEで子どもたちに聞いたら、食べたいというのでクロネコで送ることにした。
文化フェスティバルに出品していた絵の搬出に行かなければならないので、干し柿づくりはお昼をはさんで午後2時過ぎまで、お昼休みもそこそこに作業を続けた。
出かけていたヤマちゃん夫妻も戻った後、柿の皮むきを手伝ってくれたので想定以上に早く終わらせることができた。
干し柿を終えて文化フェスティバルの会場の中央公民館に行った。
途中から雨になった。天気予報では午後から曇りとなっていたのに・・・。
文化フェスティバルは3時から閉会式をやり、その後片づけ搬出の作業をしたが、設営の時より半分以下の時間ですべて片付けることができた。
家に戻る途中も雨が降っていた。
文化フェスティバルの前に家の干し柿を全部終わらせておいて正解だった。
干し柿 変な形の柿
2018年11月01日 (木) | Edit |
今朝は東京に出かけるため6時起きた。
近頃また寝る時間が遅くなってきたので、普段朝起きるのは7時だ。
早く起きた今朝はまだ日の出したばかりで、東の空を太陽が赤く染めていた。
デッキの温度計を見るとマイナス1℃になっていた。
新聞を取りに玄関を出ると目に前の畑の大豆に霜が降りて、白くなっていた。
これからの朝はこうした光景が当たり前になっていく。
朝焼け 温度計 大豆に霜
先月5日のバアだけの東京行きは、大事を取って新幹線で行ったが、今日はジイも付き添って高速バスで行くことにした。
7時20分に家を出て佐久インター南のバス停まで車で行った。
高速バス専用の無料駐車場がある。バスは時刻通りやってきた。
出発してから池袋まで、高速道路も都内の道路も空いていて、池袋には到着予定時刻より15分も早く着いた。
今まで何度も高速バスを利用してきたが、到着予定より早く着いたのは初めてだった。
仕事が休みだった長女と池袋駅で落ち合うことになっていたが、バスが付くのと長女が来るのと同時だった。
3人で新宿まで行って用事を済ませたあと、モンベルで山用品を買った。
長野にも山用品を置いてあるお店もないわけではないが、品数の多い専門店は買物圏内には見当たらない。
その後池袋に戻って静かな喫茶店に入って休んだ。
だいぶ元気なころに戻ってきたとはいえ、ただでさえ疲れる都会の雑踏はバアにはこたえるに違いない。
バスの出発時間まで1時間前になったところで、西武デパートの地下やバス停の近くのユニクロで買物をして時間を過ごした。
バスは始発なので時間通り、長女に見送られて池袋を出た。
せっかくの休みの日なのに、一日付き合ってもらった。
帰りのバスも順調で、佐久インター南のバス停には5分遅れだけで着いたので、家には8時半過ぎには戻ってくることができた。
往復バスの長時間乗車と池袋、新宿の人混みの多いところで階段も多くあった街歩きに耐えられて、バアも自信につながったに違いない。
2018年10月31日 (水) | Edit |
今朝は0℃まで気温が下がっていた。
昨夜の天気予報で明けがたは冷え込むと言っていたので、寝る前に床下エアコンのスイッチを入れて試運転をした。
家の中もベッドの中も暖かくてよく眠れたが、6時半には目が覚めてしまった。
とりあえずエアコンは無事に動作するようだ。
朝食の後、先日から頼まれていたバアの髪を切った。
今まで行っていた美容院は階段とエレベーターを使う場所にあった。
手術してからあまり行きたくなくなったようだ。
へたくそでもジイに切ってもらったほうがいいのだろうか?
髪を切った後リハビウォーキングに出かけた。
時間は10時を過ぎていたが、朝の冷え込みはなくなって暖かくなっていたが、北風を正面から受けている間は、顔が風の冷たさで硬直する感じだった。
これからさらに寒くなるとリハビウォーキングも自由にできなくなるかもしれない。
ついこの間まで暑くなる前の午前中とか、涼しくなる夕方を選んで歩いていたのが嘘のようだ。
50分ほど歩いて戻ってきた。
今日歩いたコースは、ジイが二日間出かけている間、バアが一人でリハビウォーキングしたコースだった。
車の通りが少ない比較的安全なコースだった。
リハビウォーキング
家に戻ってきたら、家の入口の白樺の木に大きなキノコが生えていた。
家を作った時に家の入口に何本かの白樺を植えてもらったが、みな枯れて唯一生き残っていた白樺の木だが、これも今や風前の灯だ。
株元にキノコまで生えられてしまった、ということはもうほとんど生命力が尽きてきたのだろうか?
それに比べ、今年のドウダンツツジはいつになくいい色の紅葉になった。
夏が暑かったせいかあまりいい色にならない今年の紅葉、と思っていたが、我が家のドウダンツツジだけはいい色になった。
白樺の木にキノコ ドウダンツツジ
午後、ハロウィンだからというわけではないが、今年取れたカボチャがまだ2個調理しないで残っていたので、カットして一部は生のまま冷凍し、一部はレンジで味付けして煮た後冷凍した。
こうしておけば今年から来年まで食べたいときに解凍して食べられるだろう。
生のものの一部は、天ぷらにして揚げられるようカットの仕方も変えてみた。
今年ほどカボチャをたくさん食べた年はなかった。
2018年10月28日 (日) | Edit |
今朝は濃い霧に包まれていた。1年のうちこの時期はよく霧が発生する。
朝のNHKの天気予報で気象予報士が、濃霧、霧、もやの違いを解説していた。
200m以下の視界の時は濃霧と気象学的には定義されているらしい。まさに濃霧だった。
そんな霧も9時を過ぎるとすっかり消えてなくなった。
午前中、うえだのAコープとアリオに買物に行った。
Aコープは新鮮な地元野菜や果物がたくさん並んでいる。ジ
イと一緒に日本水彩上田支部の写生旅行の係をしているKさんも出荷しているが、Kさんの話では、県内のAコープ内の直売スペースの中では一番の売り上げだと言っていた。
日曜日の今日は、他の曜日より30分早い開店時間なので、10時に着いたときには駐車場は満車に近かった。
そのあとアリオに行ったので、買物から戻ったら12時になっていた。
午後3時前からリハビリウォーキングに出かけた。空は快晴で雲一つなかった。
写生旅行の明日にとっておきたいような天気だ。
バアの足の調子もいいので少し遠出した。
ワイナリーの経営者が建築主の建設中の建物のところを通ったので写真を撮った。
すると隣の家のほうから女性が出てきて、話しかけてきた。
浦和から7年前に移住してきて夫婦でワイン用のブドウづくりと、ワイナリーでワインを作っているとのことだった。
中八重原で数年前からワイン用のブドウを作っているブドウ畑を見かけるようになり、年々面積が広がっているのは知っていた。
シクロ・ヴィンヤードという名前は、自転車の選手だった経営者なので、フランス語の自転車を意味するシクロとワインのヴィンヤードをとって、付けた名前とのこと。
今建てている建物を醸造所として認可を取り、ワインの販売もするらしい。
ただ、レストランとかカフェなどとして同じ建物で行うのは駄目らしい。
以前住んでいた家と土地の所有者は桶川に移住したので、土地と建物は埼玉が縁でその人から譲り受けたらしい。
ワイナリーが完成したら、地元ワインとして買って応援してあげよう。
ただし、玉村豊男さんのところのような高いワインだと買えないが・・・。
午後のリハビリウォーキング 建設中のワイナリー
10分間ほど立ち話をした後、残りのコースを歩いて家に帰ったら、家を出てから2時間近く経っていた。
浅間山が夕日を受けて赤くなっていた。
山肌はすっかり秋色になっていた。
浅間山
夕方から夜にかけて明日からの写生旅行の準備をした。
みんなには小さいマイクロバスなのでなるべく荷物を少なくするように言ったが、荷物がたくさんになってしまった・・・。
2018年10月24日 (水) | Edit |
今朝は周りが見えないほどの濃い霧に包まれていた。
昨夜遅くなってから雨が降ったので、地表に湿気が貯まっていたのだろう。
月に一度のガラス瓶の収集があるので、上八重原公民館まで貯まったビンを出しに行ったが、ライトを付けて走った。
少し霧が晴れてきたところで写真を撮った。
手前の畑の大豆がいつの間にか茶色くなっていた。
朝霧
午前中、上田のケーキ店タルトにケーキを買いに行った。
今日は火災保険の更新手続きのため、午後1時に大宮から保険屋さんが説明に来ることになっているので、その時のお茶うけにケーキを用意することにした。
先月のジイの誕生月のケーキを食べる会の時に行ったケーキ屋さんは、午前中でケーキはほとんど売り切れてしまっていて、ロールケーキが僅かに残っているだけだった。
そのロールケーキが予想以上においしかったので、きょう開店時間に合わせて、普通のケーキを買いに行った。
定番のイチゴのショートケーキのほか、チーズケーキと安納芋のモンブランの3種類を買って帰った。
家に帰ってすぐに冷蔵庫にしまった。
午後1時前に保険屋さんが来たので、大急ぎでコーヒーを淹れた。
ヤマちゃん家も同じ保険屋さんの火災保険を同時期に加入しているので夫妻も同席した。
淹れたコーヒーとケーキを出すのに気を取られてケーキを撮るのを忘れてしまった。
気が付いたときにはみんなのお腹に納まった後だった・・・。
みんなの評判も良かったので、これからはここのケーキもお使い物などに利用することにしよう。
保険屋さんが帰った後、リハビリウォーキングに出かけた。
午後3時過ぎだったが、もう道路に映る影が長くなっていた。
リハビリで歩き始めたころには45分かかったコースを歩いたら、30分もかからずに戻って来てしまったので、ため池の先の田んぼ道を追加して歩いた。
午後のリハビリウォーキング
今日は日本水彩上田支部の支部員から電話があって、今度の写生旅行に参加したいと言ってきた。
ホテルの部屋は大部屋なので一人ぐらいの追加は問題ないので、OKした。
初めての参加なので大歓迎だ。
毎年東京展で入選している実力のある人で、ジイよりも若く将来の上田支部を背負って立つ人なので、今度の旅行ではじっくり話をしたい。