FC2ブログ
2018年10月13日 (土) | Edit |
8日に買物行って以来出かけていなかったので生鮮食料品の在庫が少なくなってきた。
午前中上田のAコープまで買いに行った。
同じエリアにあるユニクロにもいった。
昨日リハビリウォーキングをしているときにすれ違ったご近所の人から、ピンクのライトダウンのジャケットを着ていたバアがお若く見えるわねと言われていたが、さらに明るい赤のライトダウンをバアが買った。
着るものを買う意欲があるというのは、生きる活力がある証拠なので?ジイも購入を薦めた。
ついでにジイも同じように少し年齢相応ではない赤っぽいカッターシャツを買った。
11月末に計画している北陸旅行に着ていこうか?
午後3時半からリハビリウォーキングに出かけた。
家の周辺ではなく、今日と明日行われている明神池周辺を会場にする「火のアートフェスティバル」に歩いて行くことにした。
元気な時には、家から45分かけて明神池まで歩いて行ったものだが、今日は最短距離のコースを選んでいったので、40分で会場に着いた。
バアの歩行スピードは元気な時と変わらないようになってきた。
11年前に越してきて初めてこのフェスティバルを見に来たときは、こんな田舎にこれだけ大勢の人が集まってくるのかと驚いたものだが、今日の会場は時間が遅かったせいもあるが、閑散としていた。
旧北御牧村の時代からのフェスティバルだが、合併してから年々フェスティバルの規模も参加者も減少してきているようだ。
市長が経営している和洋菓子のお店のテントで売っていたクルミ団子を買った。
火のアートフェスティバル リハビリウォーキング
家の近くまで戻ってきたところで、ミッチャンから宅配便が来ているという電話があった。
受け取っておいてもらったが、それはジイが新宿に本店がある画材屋に注文しておいたロール紙や水彩絵の具の届け物だった。
そろそろ次の50号の絵を描き始めなければ・・・。
2018年10月12日 (金) | Edit |
昨夜降っていた雨は、今朝起きた時には上がっていたが、まだ黒い雲が空を覆っていた。
朝食の後、ジイ小屋で上田支部の例会で描いてきた柿の静物画の手直しをした。
11月の文化フェスティバルでは、彩明会と東御美術会の両方から1点ずつ出品しないと、数が足りなさそうだ。
彩明会もここへきて二人が退会を申し出てきた。
さらにもう一人から作品を出せない、と言ってきたが以前に描いたものでもいいから出してもらうように頼んだ。
ジイと同じように東御美術会と彩明会の両方に入っている会員のなかでは、彩明会優先で出してもらうように頼んでいるので、東御美術会の出品数を補うためにジイは両方で出品するつもりでいる。
その1枚として柿の絵を出すことにした。
柿の絵
10時に描き終えたので、バアのリハビリウォーキングに行くことにした。
暑い雲に覆われていた空も一部青空が出てくるようになっていたが、気温は13℃前後で肌寒かった。
いつもの45分コースを延長して約1時間歩いた。
歩いていて暑くもなく寒くもない一番いい季節だ。
午前のウォーキング
家に戻ってから、昼食の準備に取り掛かった。
歩きながら何を食べようか、と相談した結果久し振りに野菜の天ぷらを揚げることになった。
今年豊作だったカボチャ、ナス、ピーマンのほかタマネギとゴボウ、ニンジンのかき揚げを揚げた。
とても昼食1回で食べきれない量の天ぷらとなった。
かき揚げに使ったゴボウと小エビ以外は全部我が家の畑で採れたものだ。
こうした野菜ももう収穫も終わりだ。
来年の家庭菜園は一時休止も考えているので、感慨もひとしおだ。
体重の増加も覚悟でお腹いっぱいになるほど食べた。
少し体重が減り気味のバアもいつになくたくさん食べていた。
午後もジイ小屋で、彩明会の写生旅行で描いてきた青鬼集落の風景画を手直しした。
文化フェスティバル用の2枚目の絵にするつもりだ。
まだ描き足りないが、もう少し手直しして完成させよう。
青鬼集落
気が付いたら4時半になっていたので、お絵描きを終了して、午後のリハビリウォーキングに出かけた。
浅間山がもう暗くなっていたが雲が取れてスッキリ姿を現していた。
午前中より気温が下がってきたので、二人ともライトダウンジャケットを着こんで歩いた。
歩き始めたころは、近場の25分コースを歩くつもりだったが、バアの歩きの調子もいいので足を伸ばして、結局50分近く歩いた。
家に戻ってくるころにはあたりが薄暗くなってきていたが、久し振りに夕焼けがいい色に輝いていた。
浅間山 夕焼け
2018年10月11日 (木) | Edit |
今朝は濃い霧が出て見通しが悪かった。
プラごみが溜まったので朝一番で上八重原公民館まで車で行った。
他にプラごみを出しに来た車2台が止まっていて、袋も山積みになっていた。
週1回の収集日だが、我が家が出しに行くのは2か月に1回ぐらいのペースだ。
朝食後、9時を過ぎたころ東御市民病院に電話をした。
昨夜は、腱鞘炎になっている右手首の痛みで何度か寝ている間に目が覚めてしまった。
寝る前に湿布をしなかったのも一因かもしれない。
先月診てもらった医師の診療は、明日になっていたので、明日の予約をしようと電話をしたら、今日も午前中診察しているというので、今日行くことにした。
先月は、長い時間待たされたので、今日も午前中いっぱいかかるものと覚悟して行ったが、10時前に病院に着いて、10時半には診察が終わっていた。
前回と同様注射で痛みを取るか聞かれたが、注射で痛みから解放されるのはせいぜい2日程度なので、どうせ長い時間かけなければ回復しないなら、あえて注射はしないことにした。
その代わり湿布薬をたくさん処方してもらった。
7枚入りのロキソニンを10袋出してもらった。年内いっぱいかかることを覚悟した。
湿布薬
思ったより早く家に戻ることができたので、11時を過ぎていたがバアとリハビリウォーキングに出かけた。
45分コースを歩いて家に戻った。周囲の田んぼでは、最後の追い込みで稲刈りが行われていた。
午後から雨という予報も出ていたので傘を持って歩いたが、家に着くまで降られなかった。
家の近くまで来たら、ポツポツと雨が落ちてきた。
それも一瞬で雨が本降りになったのは4時ごろからだった。
午前のリハビリウォーキング
ジイの右手がこんな状況なので、近ごろはほとんどバアが家事をしてくれるようになった。
2018年10月10日 (水) | Edit |
一昔前まで体育の日だった今日、朝から晴れていい天気だった。
長年晴れの特異日と言われ続けてきたが、祝日法の改正で体育の日が変動制になって、果たして特異日が続くのだろうか?
日々スケジュールに追われなくなった今、祝日は固定してもらったほうがいいとつくづく思う。
今年から始めたリハビリウォーキングは3~4コースの長短でほぼ固まっていたが、今日はバアの足の調子もよかったので、午前のウォーキングは、立科町にある十八塚リンゴ園の近くを初めて歩いた。
リンゴ園はリンゴの収穫期なので、怪しまれないようすぐ近くのコースは避けて、少し離れたコースを選んで1時間余を歩いた。
晴れていたが、風も少しあって心地よいウォーキングとなった。
こんな季節も足早に去って間もなく寒くて歩けなくなるかもしれない。
午前のウォーキング
11時前に家に戻ってきたが、今日はコープ長野の宅配日で、間もなく配達車が来るのが見えた。
今月中にも配達のドライバーが交代するのか、今は若いドライバーを教育するベテランが一緒に来ているので、配達に来る時間も多少早くなっている。
寝室にテレビを置いて、リビングと寝室のレイアウトを変えたが、ニトリで買ってきた物干し台に位置がいまいちスッキリしなくて、もう一度見直すことにした。
今まで部屋干しの竿を吊るす天井からの棒を取り付けていた位置を付け替えた。
寝室での部屋干しをやめるつもりだったが、これから冬にかけて暖房による室内の乾燥を防ぐには、寝室に干すのがベターだ。
リビングに置いていたニトリの物干し台は、玄関横のサンルームに移動することにした。
ただそこには、観葉植物がいろいろ置いてあるので、その一部を片付けなければならない。
植物とはいえ、長年育ててきたものだけに、簡単にお払い箱にはできない・・・。
少し冷静になって考えて行動に起こすことにしよう。
午後4時ごろ、午後のリハビリウォーキングに出可kる準備をしていたら雨が降ってきたので、中止した。
2018年10月09日 (火) | Edit |
今日も朝からいい天気になった。
日本水彩上田支部の例会の日なので、8時半に家を出て神川公民館に行った。
公民館の玄関で早く着いた支部の人たちがたむろしていた。
何事かと思ったら、昨日の月曜日が休日で開館したので、振替で今日が休館となり事務員が来ていなかったようだ。
9時を過ぎてから鍵を預かっている近所に鍵を借りに行って開けることができた。
ジイが昨夜印刷した配布物などがあったので、その準備などで絵を描く前の打ち合わせが長引いた。
今月末の写生旅行の説明もした。
静物画を描き始めたのは10時ごろになった。
画題は、今の季節花が少なく柿が何人かが持ってきていた。
アケビやラ・フランスなどの果実もあった。
リハビリウォーキングでアケビの写真を何枚も撮ってきたが、画題として描くことを思いつかなかった。
まだまだ絵を描く姿勢が不十分だ。
今年の東京展に落選したときから、絵がうまくなるためには数多く描かなければならない、と悟ったはずなのに、まだ貪欲さが足りない。
そんな反省をしながら、今日は今が旬の柿を選んで描いた。
お昼をはさんで午後2時前まで描いて、なんとか完成のめどが立った。
画題に柿を選んだ 今日にジイの絵
2時過ぎに解散になったあと、帰りにとうみケーブルビジョンの事務所によってチューナーのマニュアルの必要な個所のコピーをもらったが、韓国産のテレビ本体の電源の入り切りに対応する設定がなかったので、ケーブルテレビのチューナーのリモコンでチャンネルを操作し、テレビ本体の電源はテレビのリモコンで入り切りをしなければならない。
ケーブルテレビから無償貸与されているチューナーだから文句も言えない。
もやもやした頭で事務所を出たので、家に着いてから全財産の入った黒かばんを置いてきてしまったことに気が付いた。
慌ててもう一度事務所に戻って黒かばんを受け取った。
人の出入りの少ない事務所でよかった。
3時半から久し振りに明神池に行って、池の周りや諏訪神社の階段を登るリハビリウォーキングをした。
池の周りの桜並木が早くも紅葉し始めていた。
普段とは違うコースも歩いてちょうど1時間歩いたが、今までとは違う長い距離を歩いた。
バアも今日は調子がいいと言っていた。
明神池でのリハビリウォーキング① 明神池でのリハビリウォーキング②
家に戻った後、ジイ小屋で30分、上田支部の例会で描いた柿の絵の手直しをした。
2018年10月08日 (月) | Edit |
台風の影響を受けた地域のひとには申し訳ないが、我々が済んでいるこの地域は、ほとんど影響を受けず今朝も朝から青空だった。
台風の影響をしいて言えば、10月だというのに日中は夏日になるような高温になったということだろうか。
10時ごろに通販で購入したテレビが10時ごろ配達に来るというので、朝からその準備を始めた。
古いテレビをジイ小屋に運び、寝室に置いたテレビのチューナーとリビングに置く予定のテレビ用のチューナーを入れ替えた。
ケーブルテレビのチューナーは、テレビが変わると最初から初期設定しなければならず面倒な設定をやり直していたら、作業が終わる前に新しいテレビが到着した。
若い二人がリビングまでテレビを運び入れ、開梱してジイの作ったテレビ台に設置してくれた。
テレビにケーブルテレビのチューナーを接続して、テレビ本体の設定はしてくれたが、ケーブルテレビを繋いだ後の設定まではやってくれなかった。
結局自分で全部やるのと変わらなかった。
新しいテレビにつないだケーブルテレビのチューナーの設定マニュアルが見つからず、設定ができないものもあった。
配達されたテレビ
早めにテレビの設置が終わったので、11時に上田アリオまで買い物行くことにした。
アリオでは店内のレストランでお昼を食べようかと思ったが、月曜日だというのに混み合っていて空いている席が一つもなかった。
サンデー毎日のジイは気が付かなかったが、今日は体育の日の休日だった。
昔は10月10日と決まっていたのに・・・。
外食は諦めて、昼食のお弁当や食料品などを買って家に戻った。
午後は4時までテレビ3台の新しい設定などして過ごした。
4時になって陽が傾き始めたので、バアのリハビリウォーキングに出かけることにした。
ジイ小屋から家に行こうとすると、ヤマちゃん家の勝手口の階段に猫たちが集まっていた。
西日を受けて日向ぼっこをしているようだ。
日田ぼっこの猫たち
西日が強いのでまだ暑いかと思ったが、もう涼しくなりかけていた。
農協の配りものが届いたので、それを配りながらのウォーキングになった。
1時間コースを10分短縮して歩き終わった。
午後のリハビリウォーキング
夜は日本水彩上田支部の明日の例会で配る資料やはがきの印刷で夜中までかかってしまった。
11月の支部の小品展の関連の印刷だ。さらに今月末の写生旅行の資料まで印刷したので、思った以上に時間がかかった。
2018年10月07日 (日) | Edit |
昨夜は台風が朝鮮半島を横切って日本海に抜けたので、長野は風も雨もほとんど台風の影響がなかったようだ。
今朝は朝から青空になった。
午前中10時から家の周辺のリハビリウォーキングに出かけた。
台風の影響がなく、雨も降らなかったので、田んぼの乾きが進んで3連休中に稲刈りを済ませようとあちこちの田んぼから稲刈りをしたり、ハゼかけをする風景が目に入ってきた。
作業をする人に迷惑にならないよう少しコースを変えて近づかないようにした。
家に戻ってくる途中で先月に撮影したアケビの実が、誰にも採られずパックリ口を開けて中が黒くなり始めていた。
午前のリハビリウォーキング アケビの実
午後から、畑の夏野菜の片付けをした。
トマトの雨除けビニールやその支柱を片付けたり、2か所のキュウリのネットを片付けたりした。
右手に負担がかからないよう気を付けながらやったので片付けに2時間以上かかってしまった。
それでも農作業の中で段取りも必要だが、こうした道具の片付けも、重要な仕事だ。
来年は農作業を続けられるか思案のしどころだが、次の備えのためにはしっかり片付けておくことが必要だ。
半分自分にそう言い聞かせながらの作業だった。
右手が自由に動かせられればもっと早く片付いたと思うが・・・。
夏野菜の片付け
4時を過ぎたので、最後の片付けが残っていたが中断して、バアと午後のリハビリウォーキングに出かけた。
片付け作業をしているときは、強い陽射しだったが、陽が傾いてくると気温が急激に下がってきているのが体感できた。
午後のウォーキングも1時間かけて歩いたが、家に戻ってくるころには、すっかり汗が引っ込んでいた。
雲が取れた浅間山に夕日が当たっていた。
西日のせいもあるが、山の色が濃い緑から少し赤茶けた色に変わってきているようだ。
戻ってから畑の片付けの続きをした。
午後のリハビリウォーキング 浅間山
2018年10月06日 (土) | Edit |
台風が近づいているというのに朝から青空が広がった。しかも気温が高い。
天気が崩れる前にリハビリウォーキングに行こうと、9時から追加でポストに入っていたPTAの資源回収のお知らせの配りものを組内の家のポストに入れて行きながら、バアと歩いた。歩き始めて真夏のような強い陽射しと高い気温に気が付いたが、いまさら家まで戻るわけにもいかず、そのまま歩き続けた。
それでも空が抜けるような青で、それを眺めながら歩くのは気持ちがよかった。
天高く馬肥える秋とはよく言ったものだ。
周りの黄金色に輝く稲穂と対照的で、3原色が色彩の原点ということがよく理解できる光景だ。
午前中のリハビリウォーキング
リハビリウォーキングから戻った後、ジイ小屋の棚づくりの続きをして、それなりに片付けて、少し居心地がよくなった。
ジイ小屋の棚
午後から、明日からの朝食に欠かせないバナナがなくなっていたので、丸子のツルヤに買いに行ったついでに、依田川の堤防に沿って整備されている遊歩道を1時間ほど歩いた。
アユ漁が解禁の間は釣り人も見受けられる依田川だが、今はひとっこ一人いなかった。
川沿いを歩けば涼しいかと思ったが、暑さが厳しかった。
今日はフェーン現象で長野市では30℃台の真夏日になっていた。
今日は台風の影響を受けず、風も雨もなかったが、気温だけは台風のもたらした暑さがあった。
ツルヤで買物をした後帰宅した。
まだ午後3時半だったので、畑の片付けでもしようかと思っていたが、何もせずグダグダと過ごしてしまった。
午後のリハビリウォーキング
2018年10月05日 (金) | Edit |
今朝は6時前に目が覚めた後眠れず起きてしまった。
物音でバアも起こしてしまったようで一緒に起きた。
10時台の新幹線に乗るため、9時半過ぎに家を出た。
上田駅前の無料の駐車場が1台分空いていたのでそこに車を停めた新幹線の入場券を買って、バアを高架のプラットホームまで付き添った。
東京方面へは上りのエスカレーターが稼働しているので、それに乗ってホームまで行った。
ちなみに長野方面のエスカレーターは下りのエスカレーターしか動いていない。
階段を登れない人はエレベーターを使ってホームにいかなければならない。
なぜ2か所にあるエスカレーターを上下に使い分けないのか理解できない。
バアは少し不安そうだったが、下車駅の大宮では長女がホームで待っているので心配ない。
状況は逐一LINEで連絡し合った。
新幹線に乗り込むバア
バアを見送った後、上田のカインズに行って、2個目の組み立てのボックス棚を買ってから家に戻った。
家に帰った後は、昼食はさんで4時ごろまで、ジイ小屋でボックス棚の組み立てや棚板の取り付けなど右手が痛くならないよう時間をかけて作業した。
きれいに片付けるところまで行く前に、バアが大宮から戻ってくる時間になったので作業を終了した。
ジイ小屋の棚づくり
バアは、大宮で娘たちと食事をしたり、ショッピングをしたり、お茶をしたりして久し振りに親子水いらずで過ごしたようだ。
滞在は5時間足らずだったが、楽しく過ごしてきたようだ。
少し疲れたようだが、旅行する自信もついたようで、次は北陸にでも出かけようかと言っている。
美味しそうな昼食 お茶をした

2018年10月04日 (木) | Edit |
今日は東御美術会の例会で、会員が建てたパン工房で写生することになっていた。
天気予報では午後から雨になっているが、午前中だけでも描きに行きたかったので、参加した。
場所は、御牧ケ原なので集合場所の中央公園に行かずに、現地に直行した。9時前に到着するとまだ参加者は到着していなかった。
ジイは、以前に「読書の森」というカフェの近くということでパン工房を見に来たことがあったので迷わずに来られたが、みんなは道に迷ったようだ。
我が家と同様、田舎の道は風景が似通っていてしかも目印になるものが少ないので、初めてのひとには探しにくいものだ。
ジイは移住してきたころに八重原や御牧ケ原の台地をたくさんウォーキングして歩いたので、地理には詳しくなっている。
あいにく浅間山系は雲に隠れていたが、絵を描き始めると間もなく山並みの一部が見えるようになった。
今日はお昼までしか描く時間がないので、スケッチだけ描くことにした。
はじめにパン工房を描いた後、御牧ケ原の風景を描いた。
御牧ケ原の風景のほうは、日本水彩会員のMさんの後ろに座って、構図など参考にさせてもらった。
12時前に2枚を描き終えたので、まだ描いている人たちを後にして、先に帰宅した。
パン工房 スケッチ① 風景 スケッチ②
12時半ごろ帰ってきたあと、バアのかゆみ止めの薬がなくなったので皮膚科に電話すると、薬だけ処方してくれるというので、バアを連れて医院まで行かなくても済むことになった。
2時半から午後の診察が始まるので、ジイだけで医院に行って薬の処方箋だけもらい、丸子の薬局に行って薬を出してもらった。薬局に隣接しているホームセンターで、ジイ小屋の取り付ける棚の受けアングルなどを買ってから家に戻った。
4時前だったがバアが家の前で歩いていたので、45分コースプラスアルファの道を歩いた。
午後からの雨の予報もあったので、念のため傘を持参して歩いたが、雨には降られずに済んだ。
明日は、バアだけで上田から新幹線で大宮まで行き、娘二人と食事やショッピングの女子会をすることになっている。
まだバアには体力に不安があるようだが、今のリハビリウォーキングの様子では、駅などの階段や段差などを除き平坦なところを歩く分には何も問題ないと思われる。
2018年10月03日 (水) | Edit |
やはり家の自分のベッドで眠るのが一番合うのか、朝7時までぐっすり眠ることができた。
レタスやキュウリ、ヨーグルトなど朝食の食材の在庫が乏しくなっていたので、9時半に開店する上田のAコープに買物に出かけた。
店内にある地元の農家が出品している直売コーナーは県内有数の売り上げを誇っている。
開店直後に行ったが、今日も混み合っていてお目当ての野菜など新鮮で手ごろな値段のものがたくさん並んでいた。
今年は子供たちに絵の知り合いのブドウ農家からシャインマスカットを送ったが、自分たちは口にしていないので、少しぐらい食べてみたくなって、小さめのひと房を買った。
Aコープの買物を終えた後、日本水彩上田支部の小品展の案内ハガキに使う私製ハガキを買うために、大屋の蔦屋書店に行ったが、買いたいハガキは置いていなかった。
11時半にはコープ長野の宅配が来るので、家に戻った。
昼食の後、私製ハガキやメタルラックの転倒防止金具を買うため、上田のムサシに行ったが、ここでも欲しいハガキがなかった。
転倒防止金具は、メタルラックに適合するものがなかったので、チェーンとフックを買ってそれをラックの支柱に巻き付けて固定することにした。
ハガキはその後カインズに行っていつも使っているハガキを買い求めた。
買物から戻った後、今朝区長さんから受け取った配り物と回覧を組内に配りながら、バアのリハビリウォーキングに出かけた。
二日間ちゃんとしたリハビリウォーキングをしなかったので,バアの足は少し固まっているようだったが、しばらく歩いているうちに歩きがスムーズになってきた。
1時間コースを歩いて家に戻った。
今日も一日晴れて気温も上がったが、歩いているときは日差しはあっても風が心地よく吹いていて暑さを感じなかった。
午後のリハビリウォーキング
2018年10月02日 (火) | Edit |
早く寝付いたので、夜中の2時半に目が覚めてしまい、1時間ほど眠れずに悶々としたが、そのあとはまた眠ったらしく、5時半ごろ他の人の物音で目が覚めた。
6時ごろ、もう一つある昔ながらの温泉のほうに行ったら、7,8人が入っていて驚いた。
7時の朝食にレストランに行くと、入口に長蛇の列ができていた。
信州釣行の時は、朝飯前の釣りをするので、7時に食事に行くことは少なかった。
早く出発したい人が大勢いたようだ。
8時半にチェックアウトして、写生地の野平集落に向かった。
今日も晴れていて一安心だ。ホテルから10分ほどで到着した。
写生ポイントの白馬三山の頂上付近は雲に覆われていて、稜線が見えなかった。
ジイは、山の景色を描く前に、家並みをスケッチすることにした。
日陰で描いていたら少し体が冷えてしまった。標高が高いのだろう。
1時間かけて描き終えた。
野平集落の家並み 家並みのスケッチ
そのあとでみんなが描いているところに行って同じ風景を描いた。
稜線部分は先日撮った写真を参考にした。
山の谷筋やスキー場のコースなど、上空の雲の影が映って刻々変化するので、とらえどころがなかった。
写真に撮ってあとからじっくり描きこむことにした。
お昼ご飯は、ホテルで注文したおにぎり弁当だった。
コンビニ弁当よりは味わいがあった。
お昼のお弁当
お昼をはさんで1時過ぎまで描いた。
他の人はほぼ完成していたが、ジイは未完成だったので、今日はお互いの作品を見せ合わずに写生を終了した。
野平から見える白馬三山 白馬三山を描いたジイの絵
帰りに白馬の道の駅に行ったことがない人が多かったので、道の駅に寄ってから帰路に就いた。
3時過ぎに東御中央公園に戻ってくることができた。
台風一過、二日間とも好天の下、写生ができてよかった。
家に戻ったあと、バアのリハビリウォーキングに行くつもりだったが、家の周りを午前と午後歩いて7,000歩になっているので大丈夫というので、リハビリウォーキングはやらなかった。
2018年10月01日 (月) | Edit |
昨夜は10時に就寝し、今朝は6時に起床した。
寝ている間に台風24号は通過して、雨や風の音で起こされることもなかった。
起きると早々と青空が見えた。
風が少し吹いていたが、それも朝食を食べ終えるころには止んでいた。
今日から一泊で彩明会の写生旅行だ。
出発時間を1時間遅らせて8時半にしたが、集合場所の中央公園には参加者6人が10分前には全員揃った。
青空の下、2台の車に分乗して、最初の写生地青鬼集落に向かった。
途中、七二会に近い最近できたコンビニでお昼のお弁当を買った。
道路は空いていて、10時過ぎには青鬼集落に到着した。
伝統的建造物群の古民家の並びを皆で描くつもりだったが、棚田のある高台まで重いお絵描き道具を担いで登った先で、全員描いた。
台風一過、日当たりの中で描くには暑すぎるので、木陰を探して描いた。
正面に五竜岳を仰ぐ景色は、先日信州釣行の最終日に雲一つない快晴の時にスケッチしたのとほとんど変わらない風景だった。
今回の写生旅行を企画した者としては、胸をなでおろす景色だ。
描き始めた時間が遅かったので、お昼をはさんで2時過ぎまで写生した。
ジイも、何とか手直しは当然必要だが、まずは最初の完成までこぎつけることができた。
他の会員もほぼ出来上がっていた。
今回の写生旅行には、講師の先生が家庭の事情で来れなくなったので、講評はなかったが、みんなの作品を並べて見比べ合った。
同じ景色を描いてもそれぞれの視点や技法が違うので面白いし参考になる。
青鬼集落の景色 ジイの絵①
描き終えて、ホテルに行く前に、明日描く候補地の松川の渓流を見に行った。
昨夜までの台風の影響で、川の水は白濁し、ガンガンに流れていた。
風も吹いていて、とても描く雰囲気ではなかった。
みんなの顔色もあまりよくなかったので、あまり離れていない野平集落まで様子を見に行くことにした。
青鬼集落と同じ古民家の並ぶ風景なので、どうかと思ったがほかの会員たちには松川の渓流を描くよりはよかったようなので、明日の写生は野平集落にすることにした。
3時半前にホテルにチェックインした。6階の最上階の並び部屋が用意されていた。
和洋室の大きな部屋に全員集まってお茶をした後、新しくできたほうの温泉に入って疲れをとった。
6時からの夕食では、ホテルのほうで6人が一緒に座れるテーブルを用意してくれていた。
先月信州釣行で2泊したあとなので、バイキングの料理で何がおいしかったかみんなに教えてやった。
味の好みはそれぞれなのだから、余計なお世話だったと後悔したが・・・。
みんな飲める人ではなかったので、中ジョッキ、小ジョッキのビール1杯ずつでほろ酔い気分になり楽しく食事ができた。
食事の後、大きな部屋に集まって、今後の彩明会をどうするか話し合った。
いろいろ意見も出たが、今後会員がじり貧になっても講師役の先生が続ける意思がある間は、会を存続させよう、ということで意見の一致を見た。
12月の納会で、あらためて先生の気持ちを確認することにした。8
時からホテル主催の星空観察会にみんなで参加したが、あいにく雲の動きが早く、土星や火星を天体望遠鏡でのぞく準備がされていたが、参加者が望遠鏡を覗こうとすると雲で見え隠れする状態で、なかなか望遠鏡をのぞくまでに至らなかった。
体が冷えてきたので途中でホテルの中に戻った。
10時前に誰よりも先に眠ってしまった。
2018年09月30日 (日) | Edit |
台風24号が近づいているとは思えないような天気だった。
雲の切れ間から青空がのぞきときおり日差しもあった。
バアが玄関先の道路を歩き始めたので、まだ9時前だったがリハビリウォーキングに出かけることにした。
気温が低いのかと思って、長袖のポロシャツの上からウィンドブレーカーを着て出かけたが、途中で暑くなって脱いだ。
リハビリウォーキングを始めたころには1時間以上かかって歩いていたコースを、今日は35分弱で歩き切った。
途中でポツッと雨粒が顔に当たる気配もあったので、バアの足も自然と早くなったようだ。
下手をすれば元気だったころより早い足取りだった。
歩いている途中アメリカザリガニが道路に出ていた。
カメラを近づけると精一杯ハサミを広げて威嚇してきた。
朝のリハビリウォーキング
家に戻ったころには、また晴れ間が出てきていた。
午前中、ジイ小屋にあったメタルラックを寝室まで運んだ。
一人で運べるか心配だったが、痛めている右手にほとんど負担もなく運ぶことができた。
寝室にリビングにあったテレビをセットし、2階にあったテレビをリビングに置いた。
このテレビは新しいテレビが来るまでのつなぎだ。
と言っても、新しいテレビを買うかどうかも決まっていないが・・・。
高い位置にテレビを乗せてあるので、ラックに固定したが、ラックを壁に固定する金具がないので近いうちに買ってきて取り付けなければならない。
いずれも彩明会の写生旅行が終わってから考えよう。
寝室のテレビ
今朝彩明会の一人から明日からの写生旅行を欠席するという連絡があった。
台風で、栽培しているクルミが落果する心配があり、その始末に二日も家を空けられない、ということだった。
上陸したあと足早に通り過ぎるというので、明日からの写生旅行には影響がなさそうで胸をなでおろしていたのだが・・・。
毎年クルミを出荷しているような人なので、日ごろの生業を無視してまでお絵描きに付き合えとは言えない。
今後の彩明会をどう運営していくか一番意見を聞きたい人だったのだが・・・。
明日の白馬の天気は、こちらよりも回復が遅いようなので、出発時間を1時間遅らせることを他の出席者に連絡した。
(明日、明後日のブログは後日となります。)
2018年09月29日 (土) | Edit |
今月は何かと行事や病院通いが重なって忙しかった。
我が家とヤマちゃん家とで誕生月にやっている「ケーキを食べる会」が、今月はジイの誕生月なのだが、日程が取れず延び延びとなっていた。
ようやく月末に近づいて今日ならOKというので、午後から実施することになった。
今日は朝から雨模様で、午前中オレンジの皮を使ってオレンジピールを作ることにした。
以前に次女が作って送ってくれた文旦のオレンジピールが、カリッと乾いていて、毎週焼いているパンにレーズンやクルミと一緒に入れるのにちょうどよかった。
以前に自分でオレンジピールを作ったが、全部使い切る前にカビてしまった。
干し網に入れて自然乾燥させたものだが、十分乾ききっていなかったためだろう。
次女にLINEでどのように乾燥させたか聞いたらすぐに答えが返ってきた。
オレンジの皮の煮かたから、乾燥のさせ方までいろいろな方法が書いてあるクックパッドのレシピ集だ。
それを参考に、オーブンで乾かす方法を選択した。
温度から時間までこまかく設定が書いてあった。オーブンの設定温度に見合う温度が我が家の電子レンジにはなかったので、時間は少し変えた。
出来上がってみるとかなり乾燥した感じだが、次女が送ってくれものよりしっとりしているので、あとは自然乾燥させることにした。
オレンジピール
午後2時にケーキを食べる会に出発した。
上田市内のスーパーに隣接してあるケーキ屋さんだが、イートインできるようになっている。
店内に入ると満席だった。仕方がないので、別のケーキ屋さんに行った。
そこも同じようにイートインできるようになっているが、カフェエリアは空席だったが、ケーキのショーケースの中もほとんど空っぽだった。
土日は午前中で品薄になるとのこと、他に行くわけにもいかず、わずかに残っていたロールケーキを4等分して食べることにした。
ナイフとフォークと、切っていないロールケーキが運ばれてきた。
自分で切ろ、ということらしい。ナ
イフは普通の刃先がギザが付いているが簡単に切れない。
ジイは手が痛いので、ヤマちゃんに切ってもらった。
スポンジが押しつぶされて中の生クリームがはみ出そうになった。
ただ食べてみると、すごくおいしかった。
ロールケーキに目のないジイとしては満足のケーキだった。
今度は他のケーキが残っている時間帯に食べに来よう。
コーヒーは無料でセルフで飲めたので、あまりにも安上がりなケーキを食べる会になってしまった。
ケーキを食べる会
夜は、日本水彩上田支部の会員展(小品展)が11月下旬に行われるので、その案内ハガキと支部員への出品依頼文を作成した。
もたもたやっていたら夜遅くなってしまった。
2018年09月28日 (金) | Edit |
久し振りに朝から青空が広がった。
明日からまた台風の影響が出そうなので、普段の洗濯もののほかに、シーツや夏掛けも洗って干した。
普段の衣類は室内の物干し台に干した。昨日ニトリで買ってきた物干しだ。
リビングに置いたが実際に洗濯物を干してみると、外の景色が全然見えなくなった。
置く場所は再検討が必要だ。洗濯物は、窓越しに差してくる陽射しでよく乾いたが・・・。
午前中、上田アリオへ買物に行った。
今月はハッピーデーにいろいろ予定が入っていて、最後のハッピーデーでようやく買い物ができた。
買物を終えた後、近くの上田ガスで開催されている彩光会の企画展を見に行った。
初代講師だった人の3回忌を偲んで、その遺作の数々を展示するとともに、その講師の薫陶を受けた会員の作品も一点ずつ展示されていた。
そのほとんどの人が日本水彩上田支部のメンバーなので、会場で出会った人はみな顔見知りだった。
企画展を見た後、東御のコメリに行く予定だったが、時間が無くなったので家に戻った。
家に戻るとチビがデッキで無警戒に昼寝をしていた。
無警戒に昼寝するチビ
少し早めのお昼を食べた後、12時過ぎに家を出て佐久総合病院本院に行った。
静脈瘤の専門医のいる佐久総合に医師の診断をしてもらえるよう先日上田医療センターの心臓外科の医師から紹介状を書いてもらって、今日はその診察日だった。
午後1時前に着いて、すぐに外科外来の窓口行くと、超音波による下肢の検査と動脈の硬さや詰まり、血圧などの検査するところに案内された。
エコーの検査は両足の付け根から足の先まで細かく検査された。
モニターに映る画像を見たが、何が映っているのかはよくわからない。
時々静脈らしい管が映っていた。
血圧の測定では、生まれて初めて両手と両足首、両足の親指に血圧を測定する器具を付けられて測定された。
その結果、動脈の硬さは年齢相応、動脈の詰まりは正常範囲との測定結果だった。
外科医外来の窓口に戻って30分ほど待たされた後、専門医に呼ばれて診察室に入った。
静脈瘤ができる原因の静脈内の逆流を防ぐ血管内の何か所かの弁のうち、足のつけ根あたりの弁が正常に働らかなくなっているようだ。
手術の方法について聞くと、膝のあたりからカテーテルを入れて静脈をレイザーで焼いて塞いでしまう手術になるとのことだった。局所麻酔で細い管を差し込むだけなので日帰りも可能だそうだ。
ただ自分で車を運転して帰る場合は、1日に入院して翌日帰るようになる。
幼児期に一度入院経験があるだけのジイとしては、今後のためにも入院経験を積んでおきたいと思う。
ただ手術したあと1か月ほど血行を良くするための弾性ストッキングを履かなければいけないとのことだった。
今右手首の腱鞘炎で普通の靴下を履くのにも苦労している状態なので、腱鞘炎が治ってから手術を受けることにした。
3時前には全部終了して病院を出ることができたので、帰りに佐久のカインズによって、木製のラックを買って家に戻った。
まだいい天気が続いていたのでバアのリハビリウォーキングで家の周辺を歩いた。
はじめの頃45分かかっていたコースを歩いたが、30分もかからずに歩き切った。
普通のところを歩くのはほぼ元気な時に戻りつつあるようだ。
段差のあるところや階段の上り下りのところで怖さがなくなれば、正常に近い歩きができるようになるに違いない。
夕方のリハビリウォーキング
台風24号の進路が次第にはっきりしてきた。
長野を直撃しそうだが、時間的には写生旅行の初日の朝には、通り過ぎているようだ。
白馬に行くころには青空も出ていることを期待しよう。
2018年09月27日 (木) | Edit |
昨夜から降り出した雨が朝起きるとまだ残っていた。
朝起きた時に雨が降っていると、一日の始まりに気合が入らない。
朝食の後、新聞を読んでいてもまた眠くなった。
長女夫妻が来ている間に、リビングに置いてあった電動ベッドを2階に運び上げるのを手伝ってもらったので、バアも日中ベッドに横になることができなくなった。
ずっと椅子に座っていると疲れてしまうようだ。
横になってテレビが見られるよう寝室のレイアウトを変更しようと思っている。
ついでに今年の年末から始まる4K試験放送に合わせて新しいテレビの購入も検討を始めた。
お昼前で雨も上がったようなので、午後から買物に出かけた。
上田にあるニトリに行って、洗濯物の室内干し台を買った。
寝室に天井から下げている物干し台の代わりにするものだ。
ニトリの後、ケーズデンキに行った。
いよいよ4K 放送が始まるのでテレビの大小にかかわらず4K対応テレビが展示品の主流になっていた。
50インチ以上の大型テレビは、画面も画質も我が家のテレビに比べれば格段の差があるが、見る番組も限られてきた我が家には猫に小判だ。
今使っているケーブルテレビのチューナーでは4Kの受信はできないので、本格放送が始まる前にとうみケーブルテレビからいずれ何か言ってくるだろう。
店員さんからいろいろ聞いて簡単にはいかないことだけはわかった。
買物の帰りに明神池によって、2周歩いた。
歩くスピードはほとんど元気な時と変わらなくなってきた。
明神池でのウォーキング
家に帰ってから物干し台の組み立てを終えた後、2回の和室に置いてあった旧型のテレビを1階の寝室に運んだ。
壁掛けのテレビを検討したが、チューナーとの配線など見栄えが良くならないので、棚を検討することになった。
その前にベッドに寝ながら見るテレビの位置、高さを試すために古いテレビを移動した。
台風24号の進路が次第にはっきりしてきたら、来月1日から2日にかけて実施する予定の彩明会の写生旅行にぶつかりそうになってきた。
台風の備えた調整が必要になってきた。
明日から明後日の台風の動きによっては、実施の見合わせも考えなくてはならないか?
2018年09月26日 (水) | Edit |
今朝は6時20分に起き、早めの朝食をとった。
このところバアと一緒に手分けして朝食の準備をするようになったので、準備に時間がかからなくなった。
今日は、来月末に実施する日本水彩上田支部の写生旅行の下見に行く。
天気予報では、午後から雨ということなので午前中が勝負だ。
4人で行く予定だったが、昨日電話がかかってきて一人が体調がよくないので休むことになった。
8時に待ち合わせている人のところに行った後、上田に住むもう一人の家に行って乗せて、大町に向かった。
上田までの道路が通勤渋滞で混んでいたので予定より遅れてしまったが、その先は順調で1時間ほどで安曇野まで行けた。
安曇野のドライブインで休憩したときに、泊まるホテルに電話したら、打ち合わせをするなら午前中のほうがいいというので、最初にホテルに行くことにした。
ホテルには10時半に着いた。
宿泊料などや送迎バスの確認をし、雨天の場合の広間の使用などについても承諾してもらって一安心した。
ホテルからほど近いところにあるお蕎麦屋さん、それは先月信州釣行の下見できたときに見つけた蕎麦屋さんだが、そこでお昼を食べることにして、行ってみたらなんと定休日だった。
東御美術会の下見の時に行ったイタリアンのお店も火曜日だったが、定休日だった。
なぜか大町の食事場所では定休日に当たることが多い。
仕方がないので、写生場所の候補地の一つである美麻新行高原の蕎麦屋さんに行くことにした。こちらは営業中だった。
美味しいおそばを食べた後、近くの民宿に行き、写生場所の提供をお願いし、写生旅行2日目のお昼の予約をした。
主人がジイの顔を覚えていてくれたので、話が早かった。
美麻
美麻から再び大町に戻り、霊松寺に行ったが、紅葉や寺院の建物を描くのは、短い時間では難しいので、写生地には適さない、ということで却下になった。
そのあと、木崎湖に行った。
2年前初めて大町への写生旅行の際に描いた場所だが、もう一度挑戦するのもいいだろう、ということで初日にこの場所で描くことにした。
霊松寺 木崎湖
これで一応晴れの時の写生場所も決まり、雨の際の対応もめどがついたので、帰ることにした。
心配した雨に降られることもなく帰路に就くことができた。
一緒に行った二人を降ろして家には4時半ごろ戻ってきた。
家に帰るといない間に家の奥の田んぼの稲刈りをしていたという。
見に行くと、すでにきれいさっぱり稲が刈り取られていた。
去年はコンバインで刈るときに、50個ほど稲わらを作ってもらったが、今回は頼む前に刈り取られてしまった。
来年から家庭菜園を続けるかどうか迷っていたが、これでやめるきっかけができた?
2018年09月25日 (火) | Edit |
朝7時に起床、昨夜はいつもより寝るのが遅くなってしまったのでまだ眠い。
おまけに朝から雨が降っていて薄暗く、空が晴れていないと気持ちも晴れない。
長女夫妻とバアは、10時に家を出て、雷電道の駅やフロマージュに出かけて行った。
ジイは、11時半から御牧苑で文化協会絵画部会の打ち合わせ会議と昼食会が行われるので、別行動になった。
長女たちが来られる日程を調整したが、9月中はこちらも予定が立て込んでいて、昨日と今日でしか調整がつかなかった。
バアたちが出かけた後、11時に田中駅で待ち合わせていた東御美術会の会長と落ち合ってから御牧苑に行った。
絵画部会には市内6つの絵画グループが所属していて、ジイは彩明会の会長という立場で参加している。
去年1年間絵画部会長を務めたあと次のグループ長に引き継いだので、今回は気楽に参加できた。
集合時間にはみな揃ったので会議が行われ、今年11月3日、4日に行われる文化フェスティバルの実施の概略について打ち合わせ確認した。
まだ、文化協会全体の実行委員会が開かれていないので、詳細は後日決まるが、各グループの所属会員にはフェスティバルの段取りを通知できるようになった。
会議が終わった後は、食事会となった。
今度の部会長は女性なので、食事会の会場や食事の内容も配慮してくれて、金額の割に豪勢な食事が用意された。
朝食の後、長女たちのお土産だったロールケーキも食べてきた後であまりお腹もすいていなかったので、とても全部食べることはできなかった。
昼食
2時に会議と食事会が終了したので、文化会館で開催されている絵画部会に所属している油絵の会の作品展を見てから帰宅した。バ
アたちもフロマージュで昼食を食べたそうだが、付属するイタリアンのレストランは定休日だったので、チーズ工房のあるお店のほうでの食事だったようだが、おいしいチーズの乗ったピザやチーズホンジュを食べて満足したようだ。
昼食の後は、最近になってコーヒーに開眼した長女の夫のリクエストで、小諸の丸山コーヒー本店にコーヒーを飲みに行ってから家に帰ってきた。
夕食は、長女が用意してくれた。
テーブルのセットから食後の洗い物まで全部やってくれたので、お客様気分で夕食を取ることができた。
食事の後一段落してから、上田駅まで長女夫妻を送った。
上田駅で長女たちを見送りがてらみどりの窓口で、来月の女子会に一人で大宮まで新幹線で行くバアの切符を買った。
2018年09月24日 (月) | Edit |
今朝は朝から青空がのぞいていた。
長女夫妻が来るので、陽が射している間に布団を干しておこうとデッキに干したら、時折雲が出てきて日差しを遮った。
2階の客室を始め家の中の掃除をした。
10時からリハビリウォーキングに出かけた。
今日もバアの足取りが軽いので、一番遠い一望千里のコースを歩いた。
長く続く上り坂でも息を切らせることなく登るので驚いた。
元気の頃よりもいいペースだった。
気が付いたら今日はリュックを背負っていなかった。それも身軽に歩けた一因か?
それにしても元気な時でも心臓がバクバクしていた上り坂でも、そういう状態にならないのが本人にも不思議なようだ。
リハビリウォーキング
帰り道でアケビがたくさんなっているのを発見、口が空いているのもあった。
田舎ではよく見るものだが、都会暮らしでは普段の散歩コースで見られることはまれだろう。
アケビ
家に戻ってきたあと、段ボールなど雑紙を畑で燃やした。
リサイクルすべきだろうが、木の枝などを燃やすときに、助燃材として使っている。
午後から、浴室の掃除をした。
手を痛めてから軽く洗い流すだけだったので、よく見るとカビや汚れが浮き出し始めていた。
右腕に負担がかからないよう気をつけながら洗った。
長女夫妻が来るのが予定より早まったので、その前に上田のアリオに行って買物をした。
少し早く行きすぎて新幹線の到着時間まで1時間ぐらい待つことになった。
アリオの店内を歩き回ったので、午前のリハビリウォーキングと合わせて、1万歩を超えた。
5時半に来る新幹線を待つため上田駅に行くと、ちょうど送迎用の駐車スペースが空いていたのでそこに車を停めて、新幹線の待合室で到着を待った。
駅の近くには市営駐車場もあって30分までは無料で止められる。
駅構内の駐車場も20台ほど停められるようになっているが、空いていることが少なくて簡単には停められない。
新幹線なので時間通りに到着し出迎えた。
長女の夫とは久しぶりの再会だ。元気そうで何よりだ。
早速、若い二人が喜びそうなとんかつ屋さんに行った。
ジイたちも初めてのお店だったので、おすすめメニューのトンカツを注文した。
出てきたトンカツを見てびっくり、大きくて分厚い肉だった。
キャベツも山盛りで、バアなどカツやキャベツを半分近く残してしまった。
残りを3人で分けて食べたが、ジイのお腹ははち切れそうだった。
家に戻った後は深夜までよもやま話に花が咲いた。
とんかつ
2018年09月23日 (日) | Edit |
今朝は5時半に起きた。地元の秋の道路清掃と草刈りの一斉活動の日だ。
各組によって開始時間は自由だが、この組では移住してきた10年以上前からずっと6時から行われてきているので、ジイが組長の時だけ変更するわけにはいかない。
現役の長い間、遅寝遅起きの生活習慣だったジイには、田舎暮らしをするようになってからも、その生活習慣は変えられていないので、朝早いのは辛い。
4時半には寝坊したかと一度目が覚めた。
またすぐに眠れて、5時半の目覚ましで起きたが・・・。
6時10分前に集合場所に行ったが、隣のヤマちゃんはもう来ていた。
同じ勤め人なのにヤマちゃんは現役の時から早起きだ。
6時から草刈りを開始した。
すでに事前にかなりの区域を刈っていてくれた人がいたので、45分ほどで組が請け負っているエリアは全部刈り終えることができた。
家に戻るとバアが朝食の支度を全部してくれていて、ジイはコーヒーをセットするだけだった。
朝食を食べた後、出かける支度をして8時に家を出た。
今度は里山同好会の例会だ。今日は小布施の雁田山(759m)に登る。
今回の参加はジイを含めて4人だけだったので、ジイの車で出発した。
カーナビでは、高速を利用するコースが最初出たが、一般道優先でコース変更した。
菅平、須坂経由で行くと、登山口に近い美術館の駐車場に到着するのに、1時間強で済んだ。
美術館の駐車場
一番近い登山口は、最後に下ってくるところにして、そこから20分ほど整備された遊歩道を歩いて、葛飾北斎の描いた天井画で有名な岩松院の脇からの登山口から登り始めた。
山頂が低い割に一周4時間のコースタイムというので、不思議に思ったがその理由がすぐに分かった。
登り始めてすぐに急登が続いた。
天気も良く気温も高めだったので、一気に汗が噴き出した。
急登なうえに植物観察をしながらなので、あとから登ってきた人たちに次から次と追い越されていった。
急な坂 登山中の小布施の街の景色
同行した一人は、植物にはまり関心がなく山登りだけが目的のような人なので、途中からしびれを切らして先に行ってしまった。
山頂に近い分岐点から電話がかかってきて、先に山頂まで行っているというので、ジイたちはマイペースで登って行った。
山頂と思われるところまで行くと先行した人はそこにいなかった。
登山のガイドブックによると、分岐点から反対方向に昔の山城跡があると書いてあったので、そちらに行って待っているかもしれない、と電話を掛けたが呼び出しているが電話に出なかった。
心配になり、ジイが荷物を置いて、引き返し城跡まで行ったが誰もいなかった。
いくつもあるアップダウンを繰り返して30分以上かけて山頂と思われるところまで戻った。
戻る途中で電話があって、先行していた人はさらに先まで行っていたようだ。
1時を過ぎて戻ってお昼を食べた。20分休んで下山を開始した。
ガイドブックに書かれている地図をよく見ると下山途中に雁田山山頂の表記があった。
山の最高地点ではなく、三角点のあるところが山頂なのだからそれもそうかも知れないが、先行者との後行者のそれぞれの思い込みがあってすれ違いが起きてしまった。
途中でジイや会長の足がつり始めた。
下りも登りと違うコースだが同じように急坂だ。
筋肉痛に即効性のあるメンソレータムの「ラブ」を持っていたので、それを塗ったらジイはつらなくなった。
会長も効果があったようだ。
結局先行者とは登山口の先、駐車場の手前で落ち合うことができた。
集団で行動する山登りでは、脚力に差があったら一番遅い人に合わせなければならないのが鉄則だ。
里山同好会に途中から参加してきた人なので、まだ関係性が十分できていないが、里山同好会もあと1回の例会が終われば解散するつもりなので、そう強くは注意しなかった。
ジイは体の疲れ以上に精神的に疲れてしまった。
3時半に駐車場を後にしてどこにも寄らず、東御市中央公園の駐車場にはちょうど1時間で無事戻ってくることができた。
解散したあと、山歩き中に電話がかかってきた日本水彩上田支部の庶務の人の家に寄って、11月の会員展小品展の案内原稿を受け取ってから家に戻った。
5時過ぎに戻るとバアが玄関の外で待っていた。
グーグルナビで現在地確認できたので帰ってくるのが分かったらしい。便
利な世の中になったものだが、隠し事もできなくなった?
2018年09月22日 (土) | Edit |
今朝は7時までぐっすり眠ることができた。
予定していた里山同好会の例会が一日延期になったので、今朝は早く起きる必要がなくなった。
その分明日は朝早くから忙しくなりそうだが・・・。
朝起きた時には雨は降っていなかったが、その後午前中は雨が降ったり止んだりする不安定な空模様だった。
それもお昼前には雨雲が去って、陽が射すようになってきた。
午後から、時間が空いたので、上田市の中央公民館で開催されている彩光会の会員展を見に行くことにした。
まずは上田のガソリンスタンドでN-boxに給油した。
メール会員あての特別セールで2円引きの通知があった。
いくらになっているのかわからなかったが、行ってみたら150円だった。
相変わらずガソリンの価格は高値で推移している。
すべてがトランプ政権のせいではないかと、いらぬ腹立ちをしてしまう・・・。
タイヤの空気圧が甘くなっていたので、セルフでエアーを充てんした。
中央公民館の会員展では、知り合いの人が受付をしていた。
見に来ていた人も日本水彩上田支部の人だった。彩
光会の講師の絵の具の彩色が比較的薄いせいか、展示されている会員の色合いも淡いものが多かった。
ジイの描き方とはだいぶ違う。
ジイが最も影響を強く受けている彩明会の先生の描き方のほうが自分にはしっくりくることをあらためて確認することになった。
公民館の近くにあるツルヤまでリハビリを兼ねて歩いて行き、店内を覗いた後買物をしないで、東御のベイシアに向かった。
ベイシアで飲み物や食料品を買った後、家にまっすぐ帰らないで、明神池に寄った。
一週間ぶりの明神池だが、バアの足の運びは、足に力はいらないので早く歩けないといいながらも、16分で一周した。
ほぼ元気な時と変わらない速度になってきた。
2周目は途中から諏訪神社の階段昇りも加えた。
今までポールウォーキング用の杖を使っていたが、今日は手ぶらだった。
午後だけで7,000歩台になったので、2周でリハビリウォーキングを終了して帰宅した。
リハビリウォーキング
2018年09月21日 (金) | Edit |
今朝は昨日からの雨が続いていた。デッキの温度計は13℃だった。今
年は猛暑が長く続いたが、もうその暑さはぶり返さないだろう。
バアの身体の痛痒さが薬で少し和らいできたが、まだ完治するところまで達していないので、通っている皮膚科の診察を受けるため、8時前に家を出た。
診察は8時45分からだが、受付は8時10分からとなっているので、その時間に合わせて出かけたが、ちょうど朝の通勤ラッシュ帯で医院に着くまでに30分かかってしまった。
待合室はほぼ満員で座席を探すのに苦労するほどだった。
8時40分ごろから診察が始まったが、バアが中待合室に呼ばれたのは10時少し前だった。
診察が終わり会計を済ませるころには10時半近かった。
上尾に住んでいるころにかかった皮膚科医院も常時混んでいたから、どこでも皮膚科専門医が少ないのだろう。
それにしても皮膚のトラブルが多いのは一種の文明病なのだろうか?
猫たちを見ていると自分で傷を舐めて治している。
そういう自己治癒力を人間は失ってしまったようだ。
皮膚科の後、カインズまで買物に行き、そのあとは丸子のマツキヨで処方薬を受け取ってから家に帰った。
途中上田中央公民館で今日から始まったジイの知り合いたちが参加している美術会の会員展の初日なので、見に行くつもりだったがお昼過ぎになりそうだったので、それは明日以降に延期した。
夕方里山同好会の会長さんから電話があった。
明日の天気予報が芳しくないので、明後日に延期する相談だった。
里山同好会も今年で最後になるかもしれないので、何とか日延べしてでも例会を実施したい、という会長さんの思いが伝わってきた。
23日は朝6時から自治会の道路の草刈りがあるので、出かけるとなると忙しいが実施することにした。
明日の時間が空いたので、会員展を見に行くことにした。
2018年09月20日 (木) | Edit |
朝7時の目覚ましで起きるまで、寝ている間一度も目が覚めなかった。
慣れた自分のベッドで寝るのが一番ということか?
外は曇って気温も15℃しかなかった。
朝食の後、畑でナスとピーマンを収穫した。
夏野菜はほぼ終わってナスとピーマンだけが収穫できる状態だ。
3日留守にした間に、お化けナスになっていた。
トマトも3個採れた。トマトもこれが最後か・・・。
庭にはコルチカムと曼殊沙華が咲いていた。
そちらもこの時期あっという間に花芽が出て咲き出す。
普通の植物が最初に葉が出て、そのあと花が咲く順番だが、この二つは花芽から先に出てくる。
コルチカム 曼殊沙華
午後から雨の予報が出ていたので、10時からバアとリハビリウォーキングに出かけた。
立科町側の田んぼでは早くも稲刈りが始まっていた。
稲刈りをしている人に聞いたら、午後から雨なのでせっかく乾いた田んぼがぬかるむ前に急いで刈っているとのこと、農家も天候が何事にも優先するものらしい。
最近はコンバインで一気に刈ってしまうことが多いが、昔ながらのはざかけをしている田んぼもあった。
きっと自家用米の田んぼなのだろう。
ジイが出かけている間一度はミッチャンと1時間コースを歩いたようだが、1日2回のリハビリウォーキングとはいかなかった。
今日は天気予報が当たれば、午前中しか歩けない。
左足の固まりがなかっただけでもよしとしよう。
今日はリュックにたっぷり荷物を入れて歩いていた。
東京行きのための練習のつもりのようだ。
稲刈り はざかけ リハビリウォーキング
お昼は師匠に送ってもらったサンマを焼いて食べた。
脂がのっていておいしかった。頭と背骨を残してワタも含めて全部きれいさっぱり食べた。
午後は、皮膚科医院で紹介してもらった上田医療センターの心臓血管外科に予約時間の2時半より15分早い時間に行って受付を済ませ、診察を待った。。
出かけるころは雨が本降りになっていた。
医療センターに行く前にバアをイオンまで乗せていった。
診療が終わるまで、イオン内でショッピングとリハビリウォーキングをするという。
医療センターでは、予約時間ですぐに診察を受けられた。
血液と尿の検査をするということで、採血、採尿検査室に行き、また診察室の待合室に戻って、結果が出るのを待った。
再度診察を受け、静脈瘤の対処方法について数種類の方法があるとの説明を受けた。
手術による根本治療についても説明を受けたが、上田医療センターでは手術はしていないということで、佐久総合病院を紹介された。
とうとうジイも佐久総合の世話になることになってしまった。
とりあえず手術するかどうかも含めてもう一度佐久総合で診察してもらうことにした。
28日に予約をしてもらって、会計と紹介状を受けとって全部終わったら4時だった。
3か月に1度の泌尿器科では、予約していても長く待たされるのが当たり前だったが、今日は思いのほか早く終わった。
イオンで待っていたバアと合流して、食料品を買った後帰宅した。
2018年09月19日 (水) | Edit |
シェフナベさんと師匠は、5時にホテルを出て上尾に帰って行った。
見送った後、もうひと眠りしようとしたが眠れなかったので、朝風呂に入りに行った。
露天風呂から白馬村や白馬三山を眺めようとしたが、濃い霧に包まれて目の前の杉林しか見えなかった。
朝食は少し時間をずらして8時前にレストランに行くと眺望のいい窓際の席が取れた。
朝風呂の時は何も見えなかった白馬村の家並みが見えるようになっていた。
食事が終わるころには、白馬三山も少しずつ霧が消えてきていた。
レストランからの眺め
8時半にチェックアウトして、会員の一人が描きに行きたいといっていた野平集落に向かった。
シェフナベさんから無事家に着いたと電話があった。
ホテルを出て間もなく、白馬三山から唐松岳、五竜岳まで稜線が全部丸見えの景色が迫ってきていたので、思わず車を停めて写真を撮った。
今度の写生旅行の時にこんな景色だったらいいのに・・・。
今回泊ったホテルに写生旅行の時も泊る予約をしている。
ホテルに聞いたら、雨の時は朝からロビーを使わしてくれる、というので安心したが、雨よりこんな景色が何よりだ。
ホテルの近くの景色
野平集落に行くと、ここからの景色も、ホテルを出た先の景色以上だった。
先の神城断層地震で大きな被害を受けたことは聞いていたが、ほとんどの家が修復されていた。
みな屋根が以前の形に直しているのだろうが、またらしく光っている。
野平集落は駐車場もトイレも整備されているので、場合によっては写生場所はこちらでもいいかも。
野平集落① 野平集落②
このあと、写生予定地になっている青鬼集落に行った。
こちらも地震の被害が大きかったところだが、見た目にはあまり変化は感じられなかった。
以前に来た時に見えた北アルプスの山並みが何処かわからなかったが、今日は山容の全貌が見えて、左から五竜岳から唐松岳が見えていることが分かった。
ここでスケッチを1枚仕上げた。
やっと描きおわったころバアがLINEで、白馬村から全然動いてないけどどうしたの?と書いてきた。
グーグルの地図で現在地共有しているので、ジイがどこにいるか分かるようになっている。
急いでスケッチ道具を片付けて帰宅することにした。
青鬼集落① 青鬼集落② スケッチ
途中、初日にスケッチした場所で描いた景色を写真に収めた。
いまいちできが悪いスケッチなので後で描き直したくなった。
五竜スキー場
12時半には着くだろうと思ったが、午後1時を過ぎて家に無事到着した。
バアがお昼を用意してくれていたので、何もしないで美味しいお昼を食べることができた。
昼食の後、釣り道具を洗って干した。
陽射しが真夏のそれに戻っていた。N-boxが泥だらけになっていたので、洗車もした。
マットも洗ったが2時間も干したらしっかり乾いていた。
洗車していると、クロネコの宅急便で岩手の師匠から取れたてのプリプリのサンマが届いた。
8月末には注文しておいたから間もなく届くんではないかと言っていたが、グットタイミングで届いた。
師匠も午後2時には帰宅したそうだ。
釣ってきた魚を下処理して、気が付いたら午後6時になっていた。
夕方リハビリウォーキングをしようと思っていたのだが・・・。
夜になって3日分のブログをアップした。
2018年09月18日 (火) | Edit |
昨日の夕食の時は、朝飯前の釣りはやめよう、と言っていたが、師匠やシェフナベさんが昨日釣り落とした尺ヤマメに再挑戦することになり、5時半に起きて出かけた。
昨日の午前中と同じ場所に行き、K氏の近くで釣ったが、今朝は特に見守ることなく別々に釣った。
約1時間半の釣りでK氏は2尾を釣り上げ、今回目標の10尾以上にあとわずかとなった。
ジイは、全部リリースサイズで釣果ゼロだった。
ホテルに戻ってレストランに直行、朝食もバイキングなので和洋色々食べたらお腹が苦しくなった。
9時半にホテルを出てM川に向かった。
以前にかなりの釣果があったとっておきの場所にK氏を連れて行った。
そこで午後1時までじっくり釣った。
ここで大型のイワナ4尾を釣ってK氏は目標の大台を達成した上に、今までで一番の大型を釣ったと喜んでいた。
ジイもここで5尾をゲットしたが、すでに右手の腱鞘炎が悲鳴を上げかけていた。
今日の釣果
午後からは、みんなでジイが来月の彩明会の写生旅行で写生する場所周辺で釣る、というので、ジイは釣りをやめてスケッチをすることにした。
K氏はここでも独力で2尾ほど釣ったそうだ。
ジイは、たっぷり時間があったので、昨日みんなの到着を待って描いたスケッチの残りの彩色もした。
うっかり風景をカメラに撮っておかなかったので、家並みなどの色は勝手に作った色に仕上げた。
画題の風景 スケッチ① スケッチ②
4時で納竿してホテルに戻った。
K氏は、明日仕事がある、ということでホテルに止めておいたマイカーで帰宅した。
満足いく釣りができたようでホッとした。
シェフナベさんが、明日どうしても外せない大事な用事があったようなので、話し合って明日朝早く帰宅することになった。
師匠も帰りの新幹線の切符が大宮からの乗車になっているので一緒に帰ることになった。
ジイは、明日は釣りはしないで彩明会の下見をすることにした。
2018年09月17日 (月) | Edit |
5時すぎに目が覚めた。遊びに出かける時はどんなに寝不足でも早く目が覚めるから不思議なものだ。
早く起きたのでコーヒーとパンの朝食を取った。
6時半に家を出て白馬村に向かった。
8時に着いた集合場所を一度やり過ごし、その先にあるコンビニに行って日釣り券やおにぎりなどを買って集合場所に戻った。
電話があって一時間遅れて来るというので、釣り支度をしたあと雨も降っていたので、車窓から見える風景をスケッチして待つことにした。
デッサンを終えて色を半分ほど付けたところで、シェフナベさん、岩手の師匠と、ジイの長女の同級生というK氏の釣り仲間3人が到着した。
そのころには雨も上がっていた。
早速、二手に分かれて釣り始めた。
まだ渓流釣りの経験が浅いK氏に、ジイが一緒に釣り歩くことにした。最
初に釣れそうなポイントに案内して釣ってもらった。
その間にジイは釣れそうなポイントを探りに行った。
遠くから釣っている様子を見ると、仕掛けの先が底石に根掛かりしたりすることが多いらしく、釣っている時間より仕掛けを直している時間のほうが長いように見えた。
ジイもまだ釣りを始めてから数年はそうだったと、思い出して可笑しくなった。
先月の下見の時には魚影が濃いと思ったが、今日はリリースサイズが多く、いい型の魚がなかなか上がらなかった。
なかなか釣果が出ないK氏だったが、それでも午前中でなんとか3尾の釣果があり、ホッと胸をなでおろした。
遠路埼玉から来て1尾も釣れないで返すわけにはいかない。
お昼は、最近できた農カフェという地元食材を使ったレストランで昼食になった。
ジイは、けんちん汁定食を食べた。
出てくるまでに時間が掛かったがほかの3人もそれぞれ別のものを食べたが、美味しいといっていた。
昼食
午後からは、車で移動し釣り場所を変えた。
以前にはかなりの釣果があったところだが、地震以降渓相が変わり釣果が薄くなったところだ。
回復を期待して行ったが、河川改修工事が行われていたので、そこで釣るのはやめてさらに別の場所に移動した。
ここも地震後はあまり釣果がなかったところだが、少しは復活の兆しがありそうだった。
この周辺でK氏も午前に続き3尾ゲットした。
今日の釣りはここまでにした。ちなみにジイは全部で7尾だった。
川
ホテルに5時前にチェックインし、温泉で汗を流した後はバイキング形式の夕食、生ビールがうまかった。
8時半にはみな爆睡・・・・。
2018年09月16日 (日) | Edit |
今朝は変な夢を見て5時過ぎに目が覚めてしまった。
そのあと眠れないまま7時前にベッドから離れた。
朝のうちこそ曇りがちだったが、陽が昇るにつれて青空が広がった。
食事の片付けや家の掃除を済ませた後、10時からバアのリハビリウォーキングに出かけた。
朝晩はひんやりするような気候になったのに、晴れて風がないと外歩きはまだ暑く感じる。
バアは10月の東京行きに備えて、リュックにいろいろ詰め込んで背負いながら歩いた。もちろん杖も持たずに・・・。
いつも歩く数通りのコースを少し変えて、上八重原で一番集落が集まっている地域を通るコースを歩いた。
途中売家の立て看板が立っている民家があった。
以前にその近くでも2軒空き家バンクに登録されたことがある。
それは売約済みとなって、市の空き家バンクの登録から消えたが、新しく住み始めた気配はない。
コースが変わって距離は延びたはずだが、家に帰りつくまでの時間は、1時間余りで今までの一番長い距離と変わらなかった。
上り坂でのスピードが落ちなくなったのが原因だが、バアの説明では、腰痛発症前から山歩きなどの時上り坂になると感じていた心臓が苦しくなる症状が、なぜかここ数日感じないで歩けているとのことだ。
思い当たる理由や原因があればいいのだが・・・。
このままそういう状態が続けばまた足が思うように動くようになれば山歩きも再開できるに違いない。
今日のリハビリウォーキング
午後は、2時に家を出て、いつものガソリンスタンドで給油したあと、アウトドアショップ「バンバン」へ行って、明日からの信州釣行用の釣り餌を買った。
その足で文化会館に行って、東御美術会会員展の閉会の準備をした。
3時から会長の講評があった。
すでに出品時に個人的に批評してもらっているので、指摘されたことに目新しいことはなかったが、それを参考にできる限り手直ししようと思っているが、来年の東京展に出しても入選できないだろう。
体調が優れないFさんの絵も持ち帰って帰りに届けた。
4時半に家に戻った後、午後のリハビリウォーキングに出かけるつもりだったが、留守の間に家の周りを歩いて、すでに1万歩を超えているので歩かなくてもいいというので、午後のリハビリウォーキングは中止した。
明日から3日間の信州釣行に出かける支度をした。
忘れ物がないように何度もチェックしたつもりだが、何かしら忘れ物をするのが当たり前になっている。
タブレットを持参するのでその気になればブログをアップできるのだが、たぶん3日間のブログは後日ということになるだろう・・・・。
2018年09月15日 (土) | Edit |
朝から雨が降っていた。天気予報では24時間傘マークになっていた。
今日は東御美術会の会員展の受付当番を半日Fさんとやることになっていた。
8時半に家を出てFさんの家に行きFさんを乗せて会場の文化会館に行った。
今日は中央公園で巨峰祭りが行われ、文化会館から会場までシャトルバスがでるので、駐車場が満杯になっているのではないかと心配したが、あいにくの雨で客足が鈍っているのか、入口に近い場所に車を停めることができた。
傘がなければびしょ濡れになってしまうほどの強い雨だったので、会員展のほうの来場者も少ないのではないかと予想していたが、午前9時から午後1時までの当番の間、意外と多くの人が来てくれた。
さすがに今年で68回目を迎える歴史ある美術会だけあって、長く支持してくれる人がいるようだ。
会員展
午後の受付は、現会長と前会長の二人だった。
早めに交代していただいたので、Fさんの家経由で家には1時20分ごろ戻ってくることができた。
いつの間にか雨は止んでいて、道路も乾いていた。
青空が出ているわけではないが・・・。
バアが昼食の準備を全部してくれていたので、ジイはただ食べるだけで済んだ。
昼食の後は、サッカーJ2の松本山雅の試合を、後半からテレビで観戦した。相手は下位のチームでホームゲームなので楽勝と思っていたが、前半の得点機を逃して後半はほとんど好機を生み出せず、引き分けに終わった。
J1に昇格するためには勝ち点3を挙げるチャンスだったのに・・・。
自動昇格できるか微妙になってきた。
4時半ごろ気が付いたら、バアが家の周りでリハビリウォーキングをしていたので、もっと遠くへ歩いていくのに付き合うことにした。空は雲に覆われていたがすぐに雨が降ってくる気配はなかった。
念のため、傘を持って歩き始めたが家に戻るまで降られなかった。
昨日の夕方リハビリウォーキング中に見つけたツリフネソウが咲いている場所を今日も通ったので、写真に収めた。
ツリフネソウ
何やら娘たちとLINEで、来月バアと娘たちで「女子会」をやろう、という話がまとまったようで、新幹線で大宮まで日帰りで行って、食事でもしてこようということになったらしい。
それが目の前のニンジンになったらしく、バアのリハビリウォーキングの足の運びは、発症前の状態に近づいてきているような気がする。
2018年09月14日 (金) | Edit |
昨夜から降り出した雨は朝には止んでいたが、霧が立ち込め空は雲に覆われていた。
気温も20℃には届いていなかった。
また暑さがぶり返すこともあるかもしれないが、室内を移動するときに邪魔になる扇風機を片付けることにした。
ジイ小屋にあった扇風機も含め4台の扇風機を掃除して床下に収納した。
以前は扇風機を分解し、箱詰めにして小屋裏に収納していたが、去年から床下に分解せずにそのまま収納するようになった。
また来年使うときに組み立てなくて済むし、床下なら収納している間に埃が溜まることも少ない。
扇風機
カボチャの煮物を作った。今年はカボチャが豊作でたくさん採れた。
レンジで美味しく作れるようになったので、今日はカボチャ2分の1を2回に分けてレンジで煮た。
1個分全部やろうと思ったが、カボチャの皮が硬いので、半分切ったところで、手が痛くなって半分でやめた。
4分の1をすぐに食べることにした残る4分の1は冷凍保存することにした。
他にお昼に食べる総菜をバアが準備してくれたので、11時からリハビリウォーキングに出かけた。
今日はスタートから杖なしで歩いた。
いつものコースを変えて、立科町から一望千里のモニュメントのある中八重原まで長い上り坂の続くコースを歩いた。
家に戻ったら12時を過ぎていたが、夏の暑さが過ぎて気持ち良く歩ける季節になり、バアの足取りも軽かった。
途中稲刈りが終わってハゼかけをしている景色を見た。
今年の稲刈りは早くなる予感がした。
午前のウォーキング ハゼかけ
午後になって、バアが階段の上り下りをしにしなの鉄道の田中駅に行きたいというので車で駅前まで行った。
まだ新しくできて数年しか経っていないこ線橋の階段は、階段の1段の高さがあまり高くないので、上るのに全然問題なかった。
下りのほうがまだ足が踏ん張れないので怖さがあるようだが、ゆっくり下りれば何も問題なかった。
これなら電車に乗って上田や長野にも出かけていけそうだ。
田中駅にロクモンが停車していた。
8分間停車したあと、軽井沢に向かって発車したが、駅の近くの保育所の園児が、小旗を振って見送っていた。
田中駅の階段 田中駅に停車しているロクモン
階段の上り下りを訓練したあと、東御美術会の会員展を見に文化会館に行った。
ここでもあえて階段のある駐車場に車を停めて建物に入った。
会員展を見終わった後、明神池に寄って池の周回道路を2周した。
時間を計ったら15分台で1周した。
ヘルニアを発症する前の歩行速度を取り戻していた。
今日のリハビリウォーキングは、きっとバアにとって大きな自信になったことだろう。
午後のリハビリウォーキング
デッキで寛ぐミーちゃんとチビ、この二人はなぜか相性がいいようだ。
父と娘のほほえましい姿?
父と娘のほほえましい姿?