FC2ブログ
2020年08月22日 (土) | Edit |
朝のうち雲に覆われていた空も9時ごろには雲が取れて陽が射すようになった。
朝食後風がなかったので、畑で枯草や段ボールを燃やした。
外に立っているだけで暑いのに、火燃しの熱さが加わって汗びっしょりになった。
畑は相変わらず乾いて夏野菜も枯れ葉が目立つようになってきた。
午後から雨の予報になっているので、水やりをしなかったが、また空振りに終わる不安もあった。
火燃しの後は、家の掃除だ。汗をかくことばかりだ。
お昼の時点で、デッキの温度計は、昨日ほどではないが36℃まで上がっていたので、クーラーを点けた。
午後3時近くになって外で雷がゴロゴロ鳴り出したので、外に出て見ると、昨日と同じような積乱雲が広がる空模様だった。
西の空で稲光が幾筋も走った。
4時ごろになってようやく待望の雨が落ちてきた。
大雨注意報から警報に変わった。
外が暗くなるまで断続的だが雨が降ったので、畑も一息つけることだろう。
8月1日に梅雨明けしてから、本格的に雨が降ったのは初めてだ。
雨に濡れる道路と畑
昨日のニュースで新型コロナウィルスによる感染症の予防ワクチンについて、政府の分科会が、医療従事者や高齢者、持病のある人を優先的に摂取することで合意したと伝えられていた。
このニュースを聞いて違和感を感じた。
そもそもまだ確実な有効性も確認されていないワクチンの優先順位を検討するなど、捕らぬ狸の皮算用ではないか。
副作用についても明らかになっていないのに、高齢者を優先されても、ジイのような高齢者にははた迷惑だ。
何かあっても高齢者なら仕方がないとでも言うのだろうか?
優先順位などを決めておけば国民が安心するとでも思っているのだろうか?
いまだに先が見えない感染状況を終息させるための具体的で有効な対策を示すことがない限り、国民は安心できない・・・。
2020年08月21日 (金) | Edit |
昨日は午後からずっとエアコンを点けっぱなしで、寝室も今朝まで連続運転だった。
昨日泊った七二会はエアコンなしでも十分涼しかったのに、同じ長野県でもずいぶん違う。
7時の目覚ましではすぐに起きられなくて20分ほど布団の中でぐずぐずしてからようやく起きることができた。
老化は進んでも睡眠力はまだ健在なようだ。
朝食の後、畑に野菜の収穫に行った。
帽子をかぶらずに行ったら陽射しが暑いのと眩しいのとで、急いで帽子とサングラスを取りに家に戻った。
収穫したあと水やりをした。今日も暑くなる予感がした。
朝のうち外の少し冷えた空気を入れるため窓を開けていたが、それも閉めてまたエアコンを点けた。
釣りに行ったときの服などをまとめて洗濯したので、いつもより干す量が多かったが、午前中にはほとんど乾いていた。
午後2時ごろデッキの温度計を見たら、昨日と同様39℃台になっていた。
温度計
しばらくすると遠くで雷の音が聞こえるようになったので、外に出て見ると西の空に巨大な入道雲が広がっていた。
美ヶ原の辺りでは雨が降っているような様子だ。
さらに反対の東の空にも浅間山の近くでも積乱雲が広がり始めていた。
間もなく突風が吹いてきて、外流しの脇に置いてあるジョウロが飛ばされ転がっていた。
これで一雨来るかと期待したが、風も静かになり空も明るくなってきて入道雲は散らばってしまった。
西の積乱雲 東の積乱雲
4時を過ぎて雨も嵐も来そうもなくなったので、二人で接骨院に行った。
さすがに怪しい空模様の後で他に受診者はなくすぐに施術を受けることができた。
施術を終えた後母屋の庭を眺めた。
雑草は刈払機で刈った後はあまり伸びてきていなかった。
空き地に蒔いたヒマワリの種の中で、直径5㎝ほどの小型のヒマワリが2輪だけ咲いていた。
我が家の畑ではヒマワリは種さえ蒔けばいくらでも生えてきたものだが、しばらく放置されていた空き地では、雑草に負けて蒔いた種のほとんど生えてこなかった。
来年にはもっときちんと耕し、石灰や肥料を入れて地質改良してから、花畑にしよう・・・。
小さなひまわり
接骨院から戻った後、リハビリウォーキングに出かけた。
陽射しが弱かったのと、突風の後の空気が入れ替わったのとで、熱気がなかったので歩きやすかった。
歩いていると虫の鳴き声が聞こえてくるようになった。
イネの穂も頭を垂れるようになってきた。
1時間コースを5分以上短縮して歩くことができた。
リハビリウォーキング 稲穂
明日は午後から雨の予報が出ているが、そろそろ本当に雨が降って欲しい。
今日の予報も夕方から夜にかけて傘マークが出ていたが、11時になっても雨は落ちてこない。
2020年08月20日 (木) | Edit |
昨夜は、古民家の修復した倉の居室2部屋に、ジイとシェフナベさんを別々に寝所として使わせてもらった。
マイスターとパートナーは修復なかばの母屋で寝たようだ。
外でのバーベキューをはじめ、寝るところまでコロナのため気を遣わせてしまった。
早く寝たせいか5時半にはシェフナベさんが起き出し、ジイも6時前に起きた。
寝ている間、涼しくて目が覚めることもあった。
昨日の釣行で、釣果の割に餌のなくなるのも早くて、すでに3人ともほとんど餌も残っていなかったし、暑さも強すぎたので、今日は釣りはやめて朝食の後解散することにした。
昔のようにがつがつと釣りに猛進する、という年でも体力でもなくなったのかもしれない・・・。
それよりも久し振りにそれぞれコロナ禍でも元気に生き生きと過ごしていることが確認できただけでよしだ。
9時過ぎに七二会を出発し、シェフナベさんとは高速に乗ったところで、別れの合図をしてひたすら自宅に向かって走った。
10時15分には無事家に着いた。
一休みしてから、釣りの道具を洗ったり片付けたりした。
釣った魚は昨夜バーベキューにしたので、魚の処理はしなくていい。
カンカン照りなので洗ったものはデッキなどに干したが、2時間もするとほとんど乾いてしまった。
普段1日では乾かないウェーダーの靴のフェルト底も夕方までに完全に乾き切っていた。
それもそのはずで、午後2時前にデッキの温度計が、今季最高の39.5℃以上になっていた。
今季というよりここに住み始めて最高の温度だと思う。
温度計
午後6時を過ぎてもデッキの温度計は31℃になっていた。
歩くのをためらったが、バアは昨日も歩いていないというので、リハビリウォーキングに出かけた。
まだむっとするような熱気が残っていたが、少し短いコースだが40分歩いた。
リハビリウォーキング
家に戻った後、畑の野菜の水やりをした。
昨日の朝、釣りに出かける前に水やりをして以来なので、土はカラカラに乾いていた。
2020年08月19日 (水) | Edit |
昨夜はいつもより1時間早く就寝。途中で目が覚めたあと、久し振りに会う友のことや釣りのことなど考えていたら、なかなか寝付けなくなった。
いつの間にか再眠して6時にセットした目覚ましで目が覚めた。
簡単な朝食をとった後、出かける準備をした。
昨日収穫した夏野菜をマイスターの七二会の家に届ける支度もした。
今日は、9時に現地集合になっていたので、7時に家を出ることにした。
去年は、6時半に出て8時に着いた。
菅平上田インターまでの一般道も混んでいたが、長野インターを出てからもしばらく混んでいて、8時半には着く予定が、8時45分になってしまった。
マイスターは先に来ていた。シェフナベさんは早く着いたので、集合場所より下流のポイントで試し釣りをしてからやってきた。
再会を果たして早速話し合って、集合場所で釣るのはやめて別の渓に行くことにした。
最初の渓は、狭い範囲なので約1時間竿を出した。
ポイントごとによく釣れたが、ほとんど小さなリリースサイズのヤマメばかりだった。
春先に来た時には、全く当たりがなかったところだ。
最後にやっとイワナが1尾釣れた。他の二人も同じような状況だった。
次の渓に向かう前にコンビニで昼食を買ってから行った。
釣る前にお昼を食べてから戦闘開始、今度こそと気合を入れて挑んだが、1時間でギブアップ。
全く当たりがなかった。
結局そこも諦めて3か所目に選んだのは、何回かジイが写生に行ったところだった。
この時点で、もう真夏の暑さでばて気味だったジイは、釣りをやめてスケッチ画を描くことにした。
釣りをしている姿を眺めることができる高台の木陰から、約1時間描いた。
今日は雲一つない好天で白馬三山がよく見えた。
残念ながら描いている時間が午後で逆光になっていたので、山が暗く見えていて描きづらかった。
午前中撮った写真を見ながら描き直したい感じだ。
大出公園からの白馬三山 今日のスケッチ 午前中の白馬三山
ちょうど描き終わったころに二人の釣りも終わったので合流した。
まだ3時半で納竿するには早すぎるので、朝の集合場所の渓の下流域で釣ることにした。
ジイももう一度釣りモードに切り替えて入渓した。
暑さは少し和らいできて、集中力も戻ってきた。
移動時間も含め2時間ほど釣って、ニジマス5尾を釣った。
ヤマメは全部リリースサイズだった。
ニジマスはかかった時の引きの強さはヤマメやイワナより強いが、渓流釣りとしては今一つ嬉しさ半分だ。
ハヤよりはましだが。
たいして釣れないのに偉そうなことを言うなと師匠に叱られそうだ。
今日の釣果
5時半に納竿し、七二会の古民家に向かった。
1時間かからない時間で到着した。
夕食は、庭でバーベキュー大会だ。
ビールもワインも、汗をかいた後でお腹に染み渡るおいしさだった。
しばしコロナを忘れて楽しんだ。
話題はもっぱらそれぞれのコロナ禍の暮らしぶりや、かつての職場の仲間の動静など・・・。
ジイよりだいぶ若い年代の人たちの訃報も聞いた。
10時前には高いびき・・・。
バーベキュー
2020年08月18日 (火) | Edit |
今朝起きたときの外気温は23℃と涼しかった。
少し風もあったので、起きてすぐに窓を全開した。
連日寝室はエアコンを点けて就寝しているので、寝苦しくはないが、朝起きた時には冷えから来るのか節々が痛く感じることがある。
やはり自然の風、空気のほうが身体にはいいような気がする。
朝食の後、畑に行って野菜を朝どりしたあと、水やりをした。
7月中はずっと雨で、8月になって梅雨明けしてからはずっと晴れ、畑の土はカラカラ、カチカチだ。
自分勝手だがいい加減に一雨欲しい。
しばらく外出は控えるつもりだったが、午前中買物などで外出した。
はじめに北御牧郵便局に行って、浄化槽協会の負担金を振り込んだ。
浄化槽を設置している住民と浄化槽の管理を請け負う事業者で構成する組織で事務所は市役所の上下水道課の中にあるから、浄化槽法に基づいて適正に浄化槽が管理されるための官製組織のようなものだ。
適正に浄化槽を管理している住民には、管理費の補助金も支給される。我が家では業者と委託契約をして、年4回定期的に浄化槽の水質検査や薬剤の投与などをしてもらっているが、法定で定められている年1回以上行うこととされている浄化槽に溜まった汚泥の処理をしていない。
管理業者は水質も安定していて汚泥もまだ抜き取るほど溜まっていない、というので法定だからといってあえて処理をしないことにしている。
補助金よりも抜き取る料金のほうが数倍高い、ということもある。
郵便局の後、久し振りに上田のアリオに行った。
上田市在住の人が最近もコロナ感染者となっているので、マスク、消毒をしたうえで買物をした。
最後に行きつけのガソリンスタンドで給油した。
セルフのスタンドなので、ガソリンを入れる前にタッチパネルに触るが、パネルのすぐ横に消毒液が置いてあった。
ノズルを使った後も消毒をしたので、今日は何度も手の消毒をした。
お昼前に帰宅したが、すでに気温は36℃になっていた。
今日は風が入って室内は、外の温度計ほど暑く感じなかったので、扇風機だけで過ごした。
5時半になって気温はまだ31℃あったが、リハビリウォーキングに出かけた。
西日が眩しかったが、風が心地よく暑さも感じずに歩くことができた。
猫たちもジイ小屋と母屋の間の日陰で風が通るところで涼んでいた。
夜になって気温も下がって過ごしやすくなってきた。
夕焼けも空気が乾いている感じがした。
明日はさいたまのシェフナベさん、四国のマイスターと1年ぶりの信州釣行だ。ブログは後日。
リハビリウォーキング 猫たち 夕焼け
2020年08月17日 (月) | Edit |
今日は朝から外気温が28℃まで上がっていたので、窓を開けず閉め切ってクーラーで家の中を冷やした。
今まで午前中だけでもと考えて、外気を入れて扇風機だけで過ごしたが、連日の暑さを経て、我慢できない暑さになってから冷房を点とけるのは、効率が悪いことを学習した。
さいたまの孫たちも今日から短い夏休みを終えて、学校が始まったようだ。
せっかくの夏休みもほとんどステイホームだったようだ。
長野県内でもほとんどの小中学校が今日から授業が再開したとニュースで伝えられていた。
少し遅くなってしまったが10時ごろ畑の水やりをした。
キュウリの葉が全体的に黄色くなってきた。
そろそろ形のいいキュウリができなくなってひねキュウリが増えてきそうだ。
キュウリ
イチジクのみが膨らんできたので収穫しようと思ったら、何個か齧られていた。
歯形が残っているので、ハクビシンに食べられたのだろう。
いままで熟したところを鳥に突かれたことはあるが、ハクビシンに齧られたのは初めてだ。
ハクビシンのほうも経験が浅いのか、まだ熟していないイチジクをかじっていて、一番熟していた2個を残していた。
齧った残りは地面に落ちていたので、多分美味しくなかったのだろう。
これに懲りてこれから熟すイチジクを盗らないで欲しい。
イチジク
午後、渓流釣りの仕掛けを作った。
今年はコロナの影響で渓流釣りを自粛してきたので、今シーズンはまだ3回しか釣りに行っていない。
禁漁になる9月末までにあと何度行けるか?
お昼には37.5℃まで気温が上がった。
温度計
午後4時前に雲が広がってきて日差しが弱くなったので、リハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めて30分ぐらいは陽射しがなかったので、暑く感じないで歩くことができたが、西の空の雲が消えてきて強い陽射しが復活してしまった。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
2020年08月16日 (日) | Edit |
今日も日中、デッキの温度計が38℃まであがった。
我が家の温度計では、今月10日から1週間連続の猛暑日を記録したことになる。
雨も通り雨が一日降っただけだ。畑の土があちこちでひび割れができている。
午前中畑の水やりをした後夏野菜を収穫した。
昨日は追肥の日だったが暑くて畑にもいかなかったので、今日一日遅れで追肥した。
夏野菜の追肥はそろそろ終わりかもしれない。
だいぶこの暑さで野菜も弱ってきているように見える。
まだナスやピーマン、トマト、モロッコインゲンは次から次と花が咲いているが・・・。
ダイコンを3本抜いた後残りを数えたらまだ11本あった。ニンジンも初収穫した。
1時間外にいるだけで身体が焼けるような暑さになったので、家に入った。
バアがダイコンとニンジンでナマスを作った。
わが家ではナマスは正月料理だが、猛暑日にナマスを食べたのは結婚して以来初めてだ。
夏場なので御酢合わせにしたほうがいいのだろうが、御酢が苦手なジイのため味噌味だ。
昨日と同様、午後からはクーラーを点けておこもり状態。
5時になって温度計を見たらまだ31℃だった。
昨日はリハビリウォーキングを休んでしまったので、今日は5時半に意を決して、ウォーキングに出かけた。
まだ太陽が沈んでいないので西日に当ると暑いうえに、今日は無風状態だったので、熱気が残っていた。
リハビリウォーキング
歩いている脇の田んぼは、たっぷりお日様に当って、数日のうちに稲穂が伸び、お辞儀をし始めていた。
稲穂が出始めた時に田んぼに入れられていた水はもう止められていた。
毎日のように家の周りの田んぼや畑の近くを歩いていると、コメ作りも野菜作りも手間ヒマを掛けていることがよくわかる。
機械化されても基本的にやることは変わらないので、苦労なことだと思う。
稲穂
昨日まで3日ぐらいかけて家の前の麦畑だった広い畑を、1人でトラクターできれいに耕していた。
この後何を植えるのかわからないが、雑草だらけになっているよりは心地よい風景になった。
麦畑のあと
2020年08月15日 (土) | Edit |
今日はここ数日の猛暑のなかでも飛び切りに暑さになった。
正午には、デッキの温度計が38.5℃になった。
75年前の終戦の日も暑かったと聞くが、こんな暑さだったのだろうか。
今の平和な日本があるのは戦時中の多くの犠牲があったからだ。
戦場で死傷した人、空襲で死傷した人、原爆で亡くなった人、被曝して体を蝕まれてきた人、苦難の生活の中から生き延びた人、そういう人の中から生を受けて我々はいまある。
数え切れないほどの戦争の犠牲者がいるが、それは日本人にとどまらず、日本軍が進駐した周辺諸国では日本人以上の数の人が犠牲になった。
それを思えば、日本の戦争責任を顧みることなく今の平和は語れない。
今の安倍政権は、その歴史の重さを軽んじているとしか思えない。
今日は外に出るだけで息苦しくなるような暑さだったので、夕方少し涼しくなってから、畑の水やりに外に出たぐらいで、ずっとエアコンを点けて家の中に籠っていた。
今日は、とうとう東御市内でもコロナ感染者が出てしまった。
名古屋から帰省中の大学生らしい。
上田市や小諸市からいよいよ本丸に及んできた感じだ。
しばらく外出は控えたほうがいいかもしれない。
2020年08月14日 (金) | Edit |
昨夜もエアコンを一晩中つけて寝た。
朝7時起きた時には雲に覆われていたので、涼しい一日になるかと期待したが、それは淡い期待に終わった。
8時には雲が取れて強い陽射しになった。
朝食の後、畑の水やりをした。昨日は朝に水やりしただけだったので、土が乾き切っていた。
キュウリは昨日収穫していなかったので、また20本も採れた。
次女には先日の発送で、野菜を送るのは終わり、と言ってしまったので、こちらに住む3軒で食べるしかない。
スイカを動物から守るため、寒冷紗を掛けたのが失敗で、ツルや葉が枯れてしまった。
スイカ本体につながっているツルの部分も茶色くなってきたので、収穫することにした。
食べられる大きさのスイカは2個、他に未熟なもの2個だった。
スイカ
畑に1時間もいるとくらくらしてきたので、急いで家の中に避難した。
夏バテをしないように、お昼は畑で採れた野菜で天ぷらを揚げた。
ソーメンをおろしダイコンを添えて食べた。
天ぷら
午後は、外気温が36℃まで上がったので、エアコンを点けて涼しくして昼寝をたっぷりした。
朝どりしたスイカを切ってみたら、大きめの2個は何とか食べられそうなので、お隣さんと長女の家に半分ずつ届けることにした。
4時半に接骨院に行ったときに持って行った。
接骨院はお盆中も営業する方針のようだ。
この暑さでエアコンがないので診療室が暑いのではないかと心配したが、窓から涼しい風が通り抜けていて暑さを感じなかった。
ジイとバアが施術してもらっている間にも二人のお客さんが来た。
接骨院
家に戻った後すぐにリハビリウォーキングに出かけた。
6時を少し過ぎた時間だったが、太陽が西の丘に沈む前で眩しかった。
ようやく涼しく感じる風が吹くようになっていた。
今は朝早く起きて歩くか、午後6時を過ぎてから歩いたほうがよさそうだ。
歩いている途中、道に腕時計が落ちていた。壊れていなくて時間も合っていた。
ほとんど人が通らないようなため池の脇の道なので、ため池のバラセンに時計を掛けておいた。
落とした人が気が付いてくれるといいのだが・・・。
50分歩いたが、歩いている間車とすれ違うことはなかった。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング② 腕時計
2020年08月13日 (木) | Edit |
昨夜はペルセウス流星群の流れ星を見ようとしたが、観ることができなかった。
一時星も出ていたが10時を過ぎてから次第に雲が張り出してきて星も見えなくなってしまった。
雨を期待したが、朝起きて外はカラカラだった。
朝食の後、畑の野菜に水やりをした。
午前中ジイ小屋で、6月に白馬村の青鬼集落に写生に行ったときの絵の手直しを始めた。
30分ほどして暑いので中断した。
午後上田医療センターに行った。泌尿器科の定期検診だが、今日は症状も安定しているので、コロナ禍でもあり、診察なしで薬だけ処方してもらうことになっていた。
午後の院内は閑散としていて、10分もかからず処方箋を受け取った。
普段は予約していても最低でも1時間近く待たされ、1分で診察終わり、会計でまた20分待ち、というパターンだが、拍子抜けするぐらいあっさり病院から出ることができた。
今日は早く終わることを見越して、病院の後買い物もするのでバアも一緒だった。
病院の近くのホームセンターで落ち合った後、アウトドアショップの「バンバン」に行って、釣り餌を買った。
友人からメールがあって来週信州釣行をすることになった。
そのあと、丸子のマツキヨに行って薬を処方してもらった。
隣接しているスーパーツルヤにも行った。
毎年、お盆の季節になると、長野に帰省してくる人たちでツルヤは混み合うが、例年ほどではないが普段より多めのお客さんが入っていた。
売り場にもお盆用の食材が並んでいた。
あげ饅頭などが所狭しと積み上げて並んでいた。
この辺では昔ながらの懐かしい食べ物のようだ。
今日は猛暑日の気温までは上がらなかったが、30℃越えしていた。
家に戻ってからは、何もせずにリビングで休んだ。
5時になって少し気温が30℃を切るようになったので、リハビリウォーキングに出かけた。
まだ西日に当ると暑さが残っていた。
途中道路脇でススキの穂が伸びていた。イネの穂と競うようだ。
リハビリウォーキング ススキの穂
50分ほど歩いて家に戻った後、ジイ小屋で青鬼集落に絵の手直しを仕上げた。
写真で並べてみたが、現地で描いたときに比べてあまり変わらない気がした。
最初から描き直さないとダメなように気がする・・・。今夜も熱帯夜になりそうだ。
最初の絵 手直し後
2020年08月12日 (水) | Edit |
今日は早起きして野菜の収穫をすると決めて、6時に起きた。
15分後に畑に行くと、早くもヤマちゃんが畑の草取りをしていた。
キュウリはまだ10本収穫できた。ナスやトマト、ピーマンも毎日ではないが採れている。
夏だいこんも3本収穫したが、まだ10本以上畑に残っている。
早く採らないと素が入ってしまうのではないかと思うほど立派な太さになっている。
冬場ほど煮物などにしょっちゅう使うわけではないので、今はもっぱらおそばやそうめんを食べるときにおろして食べている。
7時前に収穫を終えたが、畑に出た時は涼しく感じたが、家に入るときはもう暑くなっていた。
8時半から庭や道路の草刈りをした。
気温はもう30℃を越えていたが、やるしかない。
家の入口の芝生花壇も刈ったので、終わったら10時になっていた。
続いて、ミニ耕運機で畑を耕した。
8月に入ってからほとんど雨が降っていないので、畑の土はカチカチになっている。
しっかり根の張った夏草も生えているので、1回や2回耕しても土が細かく混ぜることができず、場所によっては3往復した。
終わったら11時をだいぶ過ぎていた。
畑を耕した
デッキの気温はお昼過ぎで36℃になっていた。これで3日連続の猛暑日だ。
温度計
午後1時半から、午前中使ったまま畑に残していたミニ耕運機の手入れをした。
畑に植えてあるイチゴの苗が雑草と同居してそこだけ島のように取り残されていたので、雑草だけ手で抜いた。
夏草のツルとイチゴのツルが同じようなので、何本かイチゴのツルも一緒に引き抜いてしまったが、やっとイチゴだけスッキリ残すことができた。
気が付いたら西の空に雨雲が広がっていた。
イチゴの苗 西の空の雨雲
降りだす前にバアを誘って3時半にリハビリウォーキングに出かけた。
念のため折り畳み傘を持って出かけた。
途中で長女の家の庭のユリの花を見たいとバアが言うので長女の家まで行った。
リハビリウォーキング① ゆり
庭を眺めた後帰りかけたら、突然頭の上で稲光と雷鳴が鳴り響いた。
落雷にあってはいけないので、長女の家に戻った。
長女たちは出かけて帰ったばかりだったようだ。
倉庫で雷の通り過ぎるのを待つつもりだったが、長女たちがいたので家に中に上がり込んで待った。
しばらくすると静かになって外も明るくなってきたので、家に帰ることにした。
雷雲はいつの間にか流れ去って、暑い陽射しが戻っていた。雨は一滴も降らなかった。
帰る途中、電線にカラスが2羽まるで愛を語り合っているかのようにとまっていた。
リハビリウォーキング② 2羽のカラス

黒い雨訴訟の地裁判決に対して厚労省の圧力で広島県と広島市は高裁に控訴期限の今日控訴を決定した。
平和祈念式典の挨拶では「高齢化が進む被爆者の方々に寄り添いながら、今後とも総合的な援護施策を推進してまいります」と言っていたはずなのに、黒い雨を浴びた高齢者が援護を受ける前に死ぬのを待つというのだろうか?
黒い雨の区域の拡大も視野に入れて、科学的根拠に基づいた救済を検討する、というなら控訴を断念するべきだったのではないか・・・。
今の安倍政権は当たり前の道理も通じない。
原告団以外の救済を訴える人の拡大を恐れているのだろうか。
そんな高齢者が際限なく出るはずがない。
2020年08月11日 (火) | Edit |
朝食を食べ終え、8時からのモーニングショーを見ていて、今日は可燃ごみを出すだったのを思い出し、慌てて車でステーションまで出しに行った。
可燃ごみは7時半までにステーションに出さなければいけない。
立科町との行政界に一番近いところ、すなわち東御市では一番遠いところなので、ごみの収集車が収集に来るのは最初のようで、8時ごろに来ることが多い。
いつもは歩いて出しに行っているが、もし収集が済んでいたら持って帰らなければならないので、車で行った。
まだ収集前だったので無事出すことができた。
真夏なのでごみ袋の中の生ごみの腐敗臭が漂っている。
朝から今日も一日暑くなるようなカンカン照りだ。
空の色が秋のように澄んで高くがえた。
浅間山の真上に円盤型の吊るし雲(レンズ雲ともいう)が出ていた。
よく浅間山の右側、もう少し南寄りに出ることがあるが、浅間山の真上に出ているのを見たのは初めてだった。
吊るし雲
午前中は少し風があったので、窓を全開し、扇風機をつけて暑さをしのいだが、午後になると気温が35℃まで上がり、風も熱風になったので、家を閉め切ってクーラーを点けて過ごした。
二日続けての猛暑日だ。この暑さでは、外に出ることもできないし、家の中にいてもテレビを見ながら居眠りをするぐらいしかすることがなかった。
リハビリウォーキングも接骨院に行くのもお休みした。
夕方6時から畑の野菜に水やりをした。
一日1回の水やりでは追いつかないほど畑の土が乾いてカチカチになっていた。
寒冷紗を掛けたせいかスイカの葉が丸まってきて瀕死の状態になっていた。
スイカが熟すにはまだ早い気もするので心配だ。
朝吊るし雲がかかっていた浅間山には、小さな傘雲が残るだけだった。
西の空には、積乱雲の雲が残っていた。
夜になって空が暗くなると、その周辺から時々稲妻が光っていた。
夕方の浅間山 西の空
香港の民主化運動のリーダーたちの逮捕が始まった。いよいよ露骨な弾圧が始まった。
経済の発展だけでは人は幸福になれない。
自由な人間としての営みが保障されて初めて生きていることの幸福感を感じることができる・・・。
2020年08月10日 (月) | Edit |
最近、就寝前の晩酌は350ccの缶ビール1本だ。
熱中症にならないよう水分も取るようにしているので、寝る前にトイレには必ず行っているが、夜中にトイレに起きる回数が1回から2回に増えている。
寝ているときに寝汗もかいているはずだが・・・。
加齢による頻尿ではないことを祈るばかりだ。
今朝は起きた時から眩しいほどの陽射しだった。
みるみるうちに気温が上昇した。
昨日と違って風もなく、ため池の水面が鏡のように浅間山を映していた。
午前中、朝食用の食材がなくなって来たので上田に買物に行った。
食糧品だけなら近場のツルヤにしたいところだが、衣料品も買いたかったのでイオンに行った。
大きな袋にいっぱいになったペットボトルなども持って行って回収ボックスに入れた。
最近の暑さに対応するため、ショートパンツを買った。
バアもズボンがきつくなったといって新調した。
腰椎椎間板ヘルニア発症以来落ちていた体重が回復したのだから、喜んでもいいはずだが浮かない顔をしていた。
買物を終えた時間がお昼前だったので、帰る途中とんかつ屋さんに入ってトンカツ定食を食べた。
暑さを乗り切るエネルギーを補給しなければいけない・・・。
帰りの道の途中で温度計の付いた標識が37℃になっていた。
車のパネルに表示される外気温も37℃なので、温度計が壊れているわけではなさそうだ。
家に戻ってデッキの温度計を見たら、37.5℃になっていた。今年の最高気温だ。
温度計
夕方のローカルニュースで、長野県内の最高気温が上田氏の37℃だった。
午後は家の窓を閉め切ってエアコンと扇風機を使って涼しくして過ごした。
5時を過ぎても30℃になっていたので、リハビリウォーキングはお休みにした。
日が暮れる前に畑の水やりをし、夏野菜の収穫をした。
ピークを過ぎたがキュウリはまだ10本以上採れている。
次女には一昨日送った野菜が最後と言っておいたが・・・。
今年はカボチャがほとんど結実せずわずかにできたカボチャが巨大になったので、収穫した。
重さを計ったら3㎏もあった。
夕方西の空が赤く染まったが、普段なら涼しい風が吹いて気温が下がる時間帯なのに、日中の暑い空気が残っていた。
カボチャ 夕焼け
2020年08月09日 (日) | Edit |
朝のうち強めの風が吹いていた。
気温は高めだが風が吹いているので、窓を全開していれば家の中でも暑さを感じなかった。
風でカウンターの書類が飛ばされた。
朝のうち家の掃除をした。暑いとなかなか腰が重くなって、すぐに掃除に取り掛かるのが億劫になるものだが、今日は涼しく感じたせいか抵抗なく掃除に取り掛かれた。
掃除機は今年の3月に新調したダイソンのコードレス式サイクロン掃除機だが、紙パック式の掃除機と違って、吸い取ったごみが外から見える。
1回の掃除でごみをためるケースの半分近くまでごみが溜まるので、毎回捨てて空にする。
今まで使っていた紙パック式の掃除機だと、いっぱいになるまで2,3か月は紙パックを交換していなかったので、それは吸塵力の違いなのか、ごみの収納容量の違いなのか、まだ正解がどちらかわからない。
ただ、感覚的にはサイクロン式の今度の掃除機のほうが吸塵力がありそうなのだが・・・。
11時から長崎の平和祈念式典をテレビで観た。
式典の中で、爆心地近くにあった山里小学校の児童の合唱を聞いた。
原爆投下で在校生1,500余人のうち約1,300名が原爆の犠牲になったという。
第2の校歌として歌い継がれている永井博士が作詞した「あの子」が歌われた。
聞いていて涙が出てしまった。
その後の安倍首相の挨拶の言葉の何と空虚な響き・・・。
内容は、おそらく官僚が書いたものだろう。ほとんど広島の時と変わらない。
去年のものとも変わらない。こんなことを言うために参列するな。
今日は午後から風が弱まったが、薄曇りで強い陽射しがなかったので、1時半ごろリハビリウォーキングに出かけた。
途中でひまわり畑のヒマワリが満開になっているのを眺めた。
北側から見ると、ほとんどのヒマワリが後ろ向きに咲いているように見えておかしかった。
リハビリウォーキング ひまわり畑
去年から今年にかけて麦を植えていた畑が収穫したあとそのままになっていたが、先日からトラクターで耕し始め、今日は大豆の種を植えていた。
長い間梅雨で耕せなかったが、今月に入って梅雨が明け畑の土が乾いてきたので、満を持して大豆の種蒔きをしたのだろう。
我が家の畑のエダマメはそろそろ収穫する時期を迎えているのに、今からでも間に合うのだろうか?
午後5時ごろ外も涼しくなってきたので、長女の家に行って母屋の前の庭の草刈りをした。
使い慣れた自分用の刈払機を持って行った。
庭木や庭石が置いてあるエリアなので、それをよけながら刈るのにはそれなりの熟練した技術が必要だ。
庭木や花の周りの草は長女が事前に抜いてくれていたので、あまり神経を使わずに刈ることができた。
燃料が残っていたので、空き地のほうの草もザっと刈った。
2020年08月08日 (土) | Edit |
今朝は6時過ぎに目が覚めた後眠れなくなったので、6時半に起きた。
今日は彩明会の例会が半年ぶりに再開されるので、顧問の先生の送迎のことや、画題の用意など思いめぐらしている間に頭が冴えてきてしまった。
早めの食事を終えた後、7時半に顧問の先生に電話をして8時半に迎えに行くことを伝えた。
一昨日同じことを伝えてあったが、初めて聞いたような返事だった。
顧問を車に乗せた後、近くのコンビニで昼食を一緒に買った。
会場の祢津公民館に行くと、副会長のAさんが会場づくりを全部済ませてくれていた。
画題で、我が家で採れたジャガイモ、ダイコン、ナス、トマト、ピーマンを並べた。
他にブドウなどの果物も持ってきてもらってあったので、それぞれの画題に取り組んだ。
画題① 画題②
ジイは、はじめから今日は2枚描くつもりで画用紙を用意していたので、ダイコンだけで1枚、他の野菜で1枚を描いた。
顧問は、自分では描かずに今日出席した4人に、アドバイスすることに専念していた。
顧問にはもう10年教えを乞うているが、絵を描くことが好きな先生だったので、まずはお手本とばかりに自分で画用紙に向かって描くのが日常だった。
今日は重たいお絵描き道具を持ってきたのにそれを出そうともしなかった。
もうしばらく絵筆を持っていないとのことだった。
昼食をはさんで、午後1時半まで2枚描き上げた。
今日も2枚の絵を描く最初のデッサンは木炭を使った。
構図を決めるのに、木炭のほうが鉛筆よりも自由自在だ。
木炭で決めた構図の沿って、あとから鉛筆でなぞり、木炭を払い落すのは二度手間なようで、実際には時間的には短縮できたように思う。
ジイの描いた絵① ジイの描いた絵②
顧問から簡単な講評をいただいた後、使った椅子やテーブルを消毒し、室内を清掃して解散した。
画題に使った野菜は欲しい人に配った。
顧問を自宅まで送り届けた後家に2時前に戻った。
次女に、またキュウリなど野菜が欲しいかLINEで聞いたら、欲しいというので、畑に行ってキュウリやダイコン、ネギ、インゲンなどを大急ぎで収穫し、箱詰めした。
そろそろキュウリは収穫のピークを過ぎたようだ。
今まで食べても食べても在庫が減らなかったが、彩明会の人と次女宅に送って、何とか一段落した。
5時ごろクロネコヤマトの営業所に行ったら、ジイの受付をしている間にどっと発送する人がやってきて受付が混んできた。
今年はコロナの影響で帰省する人が減り、その分実家から荷物を送る人が増えているらしい。
クロネコから戻った後、リハビリウォーキングに出かけた。
湿度の高い空気層があるらしく太陽がぼんやりと輝いていた。
少し風があったので暑さはしのげたが、汗で背中が濡れた。
リハビリウォーキング
歩いている途中の田んぼにイネに稲穂が出ていた。
2,3日前までっ気が付かなかったが、あっという間に穂が出ているので驚いた。
イネ 稲穂
1時間歩いて家に戻った後、野菜の水やりをした。
みな葉が丸まってきていた。
ジョーロで水を撒くぐらいでは焼け石に水なのだが・・・・。
2020年08月07日 (金) | Edit |
今日も雲が多めだが晴れて気温は30℃を越えた。
ただ朝からずっと風が吹いていたので、昨日ほど暑さは感じなかった。
最近は、夕方に歩くことが多くなっていたが、今日は午前中に薄雲が出ていて日差しが弱く風もあったので、リハビリウォーキングに出かけることにした。
10時から歩き始めて、久し振りに中八重原のほうまで足を伸ばした。
リハビリウォーキング
ワイン特区で認可を受けたシクロ・ビンヤードというワイン醸造所のブドウ畑の近くまで行った。
元プロの自転車競技の選手だった人が経営するワイナリーだ。
ブドウ畑を作ってから数年経ったが、ブドウの木の幹がだいぶ太くなってきた。
ブドウの実もたわわに実っていた。いつもこのブドウ畑を見ると、管理の手が行き届いているので感心する。
ここのワインを飲んだことはないが、手入れのいいブドウ畑を見ていると、きっとおいしいワインを作るに違いない。
いつか買い求めて飲んでみようと思う。
ブドウ畑
バアが血栓になってから1時間以内のウォーキングがほとんどだったが、今日は1時間20分歩いた。
途中水分補給や、休憩などをしているから実際歩いた時間は10分ぐらい差し引いたほうがよさそうだが・・・。
お昼には、キュウリやトマトがいっぱい入った冷やし中華を作って食べた。
最近年を取ってから酸っぱいものが苦手になってきたジイだが、今日は美味しく食べることができた。
午後4時にバアと一緒に接骨院に行った。
先客が一人いたので、終わるまで庭で待った。
一度アブラムシに花芽を食べられてダメになったカサブランカが、次の花芽を出してようやく開花していた。重厚な花だ。
そのそばでナツスイセンも咲いていた。
ユリは長女が球根を買ってきて植えたものだが、ナツスイセンは前住者が植えて毎年咲かせていたものだろう。
オオバギボウシの大きな葉に隠れて花が咲くまで気が付かなかった。
カサブランカ ナツスイセン
接骨院の施術をしてもらっている間に、長女が歯科医院から帰ってきたので、施術が終わった後冷たい飲み物をご馳走になった。
今日は夜勤明けで、帰宅したあと歯医者に行っていたらしい。
今日は接骨院に来る前に、初物のエダマメを枝に付けたまま持っていった。
枝になっているエダマメはあまり見たことがないと思ったが、カミちゃんは枝付きで売られていることがあると言っていた。
夜、長女からLINEで今まで食べた中で一番おいしかった、と知らせてきた。
長女の家でご馳走になっている間に、通り雨が降ってきたので、家に帰ってから野菜に水やりをしなくて済んだ。
明日の彩明会の例会で、静物画の画題用に畑のダイコンを抜いたり、ナス、ピーマンやトマトを収穫した。
先日収穫したジャガイモと合わせて明日持って行く準備をした。
2020年08月06日 (木) | Edit |
生きている限り忘れずに心にしっかり刻んでおかなければいけない日が、またやってきた。
原爆が投下された午前8時15分に合わせて行われた黙祷で、今の自分に何ができるのかを自問自答する。
大きな声で反戦、反核を訴えたいところだが、今の自分にはこのブログで呟くぐらいのことしかできないのが歯がゆい・・・。
広島の平和祈念式典の中継の途中で、東御美術会の例会があるので家を出た。
先月から例会を再開し、今日は再開後2度目のとなる。
例年8月は暑いので室内で、モデルさんに来てもらって人物画を描くことになっている。
9時前に会場の中央公民館に行った。
さすがにコロナ禍で参加者は10名に満たなかった。
今日のモデルさんは中国の人だった。40年前に来日したそうだ。
米中や日中の関係がぎくしゃくしているなかで、こういう人と人とのつながりのほうが、核抑止力につながると思うのだが・・・。
モデル
今の公民館はコロナ対策の一環として、午前と午後2時間単位でしか使用できないので、11時半まで描いた後解散して、午後1時から再開することになった。
例会の風景
時間があるので一度家に戻り、お昼はバアに作ってもらった食事を食べた。
家の中は昨日と同様かなりの暑さだったが、バアは一人なのでクーラーも点けず扇風機で我慢していた。
12時半にまた家を出て中央公民館に行った。
1時から2時まで描いた後、描いた絵の講評をしてもらった。
ジイの描いた絵
今回は、最初に鉛筆でデッサンする前に木炭で描いた。
足の長さや、顔の位置、大きさなど何度も修正した。
木炭なら、激落ち君のスポンジで軽くこするだけで落とせるので、何度も修正できた。
これからは人物に限らず、静物画や風景画でも初めに構図を決めるときに木炭を活用してみよう。
最後に使った椅子や机の消毒をし、部屋の清掃をして解散した。
3時前に家に戻った後、5時ごろまで寝室を涼しくして昼寝をした。
5時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
まだ陽射しはあったが、風が吹いていたので見た目ほど暑く感じずに歩くことができた。
それでもバアの背なかを見たら汗で服が濡れていた。
ジイのポロシャツも濡れて重くなっていた。
1時間歩いて家に戻るころには、西の空に太陽が沈みかけていた。
ヒマワリがまだ陽射しを探しているように開いていた。
リハビリウォーキング 夕陽とヒマワリ
2020年08月05日 (水) | Edit |
今日は天気予報では午後から傘マークが出ていたが、一日一滴も雨が降らなかった。
朝から真夏の太陽が照り付けて、お昼前にはデッキの温度計が34.5℃と猛暑日寸前まであがった。
温度計
9時過ぎに畑で野菜を収穫したが、くらくらとめまいがするほどの暑さだった。
昨日の夕方水やりをしたが、すでに野菜の根元はカチカチに乾いていた。
すぐにでも水やりをしたいほどだったが、お湯をかけるようになってもいけないので、夕方陽射しがなくなるまで待って水やりをした。
1週間前までは、いつになったら青空が出て畑の土が乾くのかと、やきもきしたのが嘘のようだ。
今は夕立でもいいからお湿りが欲しい気持ちになっている。
キュウリの葉がだいぶ黄色くなってきた。
キュウリの棚
今朝も10本以上採れたし、明日には採らなければならないものが同じぐらいある。
毎日イヤというほど食べていても、今日冷蔵庫に入れてあったキュウリのうち2本痛み始めていたので捨てた。
長女にLINEで取りに来るよう連絡して午後来てもらった。
そんな中で、今年は春に植えたショウガが育ってきた。
一時雑草に埋もれてなかなか芽が出て来なかったのでダメかと思ったが、雑草を取り除いたら一気に葉が茂るまでになっていた。
今年は、生ショウガに味噌をつけて食べられるかもしれない。
ショウガ
午後から室温も32℃まで上がってしまったので、窓を閉め切り1階の寝室のクーラーを点けてリビングに冷風を送るようにした。
室温が30℃以下になって少し体が楽になった。
午後5時になっても外気温が30℃あって西日も強かったので、リハビリウォーキングはお休みした。
昨日の午後の報道番組ミヤネ屋で、大阪府知事がうがい薬のポビドンヨードが、はびきの医療センターで行った新型コロナウィルスに感染した軽症者にうがいをさせたところ、唾液内のウィルスの数が減った、という症例結果を報告し、あたかもこのうがい薬(某メーカーのイソジンという名前も公表)がコロナに有効な薬であるかのような宣伝?をした。
検査対象者わずか41人という症例であたかも有効な薬であるかのように、知事と市長が揃って会見で発表するなどというパフォーマンスは許せない。
まだ十分なエビデンスも得られていない、一医療機関の症例だというのに・・・。
アメリカのトランプ大統領も有効なワクチンができたかのようなフェークニュースを発信したことがあるが、それとあまり変わらない。
まさか衆院解散を意識した維新の会のパフォーマンスじゃないだろうね。
今日になって各方面からの批判を受け慌てて、予防効果があるわけではない、前言を翻しているが、昨日は自信満々に効果があるのでうがい薬を使うよう、言っていた。
2020年08月04日 (火) | Edit |
今日は午前中早くから気温が急上昇した。
10時ごろ買物に出かけるころには33℃まで上がっていた。
東部湯の丸インターの近くのベイシアに行った。
他のスーパーに比べて新聞や雑誌を資源ごみとして出す場所が、車ですぐそばまで行けるので、新聞や雑誌が溜まるとベイシアまで持って行くことにしている。
ついでにお茶やスポーツドリンク、発泡酒などを買い込んだ。
おやつになるような菓子類も豊富に置いてあるのでまとめ買いをした。
生鮮食品のコーナーも覗いたが、こちらはツルヤのほうが品揃えがいいので買わなかった。
隣接するコメリにも寄って、畑の野菜用の肥料などを買って家に戻った。
立科町のツルヤまで足を伸ばすつもりだったが、あまりの暑さにまずは家に帰って一息入れ、お昼を食べてから出直すことにした。
こんな暑さでも食欲が落ちない丈夫な胃袋を持つ人間に生んでくれた母親に感謝だ。
夏場になって1~2㎏体重が増えている。
明日の朝食用のレタスが足りないので、どうしてもツルヤに買いに行かざるを得ないので、2時半ごろジイだけで出かけた。
車の冷房がようやく効いてきたところでお店に着いた。
暑さのせいか、冷やし中華の素や生うどんなど暑いときにあっさり食べられる食材も、買う予定はなかったのに手が出てしまった。
4時過ぎになって少し涼しくなり始めたので、久し振りに接骨院に行って施術を受けた。
4時半ごろ行くと先客が3人もいて、しばらく長女の家の庭で空くのを待った。
待たされるのは好きではないが、いつ行ってもガラガラではないほうがホッとする。
バアは2か月ぶりなので初見料込みの料金になった。
家に戻ったら6時近くになったが、施術を受けて足も軽くなったので、リハビリウォーキングに出かけた。
さすがに6時を過ぎると外は涼しくなっていた。
ランニングをしている人や接骨院で一緒だった人ともすれ違った。歩いている間に日没を迎えた。
夏至の頃に比べると、30分以上日没が早くなっているようだ。
リハビリウォーキング
2020年08月03日 (月) | Edit |
今朝は6時過ぎから始まった近所の刈払機で草刈りをする音で目が覚めてしまった。
それから眠れなくなってしまった。
エンジン音が子守唄ように聞こえてまた眠りにつくこともあるのだが・・・。
9時過ぎに畑の夏野菜の収穫をした。
一日置いただけで、かごにいっぱい採れた。
昨日の夕方水やりをしたばかりだが、すでに土が乾いているところもあったので、また水やりをした。
続けて草取りをしようかとも思ったが、寝不足と疲れで熱中症になってもいけないので今日は休むことにした。
10時ごろ日本水彩上田支部の支部長から電話があって、来週から再開することになっている例会を当分の間休止したいとのことだった。
東御市内の在住者の感染者は出ていないが、近隣の小諸市や上田市で毎日発生している状況を心配してのことだ。
上田支部の支部員たちは高齢者集団なので、例会で感染が発症すれば命取りになる。
ようやく今月から再開でき皆にも会えるのを楽しみしていたが、休止に反対する理由は見当たらないので了解した。
すぐに、連絡網で各支部員に伝えてもらうよう連絡をした。
昼までには5人の連絡員に連絡がついた。
午後は、たっぷり昼寝をして寝不足を解消した。
5時過ぎに30分だけでも歩いて来ようと、リハビリウォーキングに出かけた。
遠くで雷も鳴っているし、西の空に雨雲が広がり始めていたので、どうしようか30分ほど逡巡したあとの決断だ。
傘も持たずに歩き出したが、30分コースでは物足りず、距離を伸ばして、家に戻った時には出発してから50分経っていた。
雨が心配でいつもより足早に歩いたので、6,000歩は確保できていた。
リハビリウォーキング
途中ヒマワリ畑でヒマワリの花が咲き出していた。
ようやく梅雨明けで咲き出したのだろう。
家に戻ると庭でやはり夏の花のムクゲが咲いていた。
ヒマワリ ムクゲ
夜、先月の佐久平水彩画研究会の例会で木炭で描いた人物画の輪郭を鉛筆でなぞりながら、木炭を落とした。
指導してもらった先生から木炭仕上げの人物画もありだよと言われたが、やはり仕上げは水彩画で描き上げてみたくなった。
人物画の苦手意識を克服するためには、数多く描くしかない。
今週の東御美術会の例会もモデルを使った人物画があるので、コロナ禍人物画に集中するのもいいかもしれない。
人物画
2020年08月02日 (日) | Edit |
今日も9時過ぎから畑に行って、まずはニンジンとショウガの畝の草取りをした。
昨日追肥しようと思ったら、雑草が生い茂っていて肥料を撒けなかった。
3日間の晴天で、粘土質の土はカチカチに硬くなっていた。
夏草はがっちり根を張っているので、なかなか抜けない。
手鎌でほじくるようにして抜かなければ根だけ残ってしまう。
先日まだ土が湿っているときにネギの草取りをした時は、ごっそり土ごと抜けて大穴が空いてしまった。
いずれにしても粘土質の土はやっかいだ。
炎天下の作業で効率よくできず、午前中は草取りだけで時間がお昼近くまでかかってしまった。
昼前の最後の作業で、スイカに寒冷紗を掛けた。
以前に一番大きく育って食べごろになったスイカを、鳥に突かれてしまったことがあった。
今年は、サッカーボール大になったのが2個と、これから大きくなりそうなのが2個できている。
例年夏休みで孫たちが来ると一緒にスイカを食べ乍ら、デッキでスイカの種飛ばしをするのが恒例になっている。
果たして今年はコロナの第二波で来られないかもしれない。
寒冷紗 サッカーボール大のスイカ
午後は少し涼しくなりかけた4時から、収穫が終わったエリアをミニ耕運機で耕した。
これも先日ミニ耕運機で耕したが途中で、草に付いた土と根が耕運機の刃に回転軸に絡まってエンストしてしまった。
今日は何とかエンストせずに一通り耕すことができた。
今まで夏草が畑を覆い尽くすほど放置したことはなかった。
今年は、入梅するまでは、コロナ禍で、時間が持てあますほどできたので、マメに草取りもしていたので、いつになく手入れが行き届いていたのに、長雨で畑の草取りができなくなって、最終的には草ぼうぼうの有様になってしまった。
耕運機で耕した畑
畑の耕うんを終えた後、5時からリハビリウォーキングに出かけた。
日中入道雲が出ていたが、歩き始める前には、西の空に黒い雲が広がって怪しくなってきていた。
風も吹き始めたので念のため傘を持って出かけた。
太陽が雲に隠れ、風もあったので、さっきまでの暑さは収まって、雨も降らず気持ちよく歩けた。
入道雲 リハビリウォーキング
家に戻った後、ナスやトマト、ピーマン、キュウリなどの野菜の水やりをした。
わずか数日前までの1か月以上、水やりなどしたこともなかったのに・・・。
日照不足で野菜が高騰しているようだが、我が家の畑の野菜はどれも今年は豊作の部類に入っている。
2020年08月01日 (土) | Edit |
朝のうち薄い雲に覆われていたが、8時過ぎから徐々に青空が出てきて、夏空になった。
庭からセミの鳴き声も聞こえるようになった。
畑の土が乾いてきたので、まずは最初にネギの周りの草取りを9時半ごろから始めた。
久し振りの炎天下の作業となった。
先日ネギの草取りをした時は、まだ土が湿っていて、ネギの茎の周りの土が雑草と一緒に取れてしまい、土の中の白い部分が一部むき出しになってしまった。
土が乾いたら、土寄せをして白い部分を土の中に隠したいと思っていた。
ようやくその機会がやってきた。
まずは、先日の草取りで取り切れなかった畝の間の草取りをした。
先日抜いた雑草を畝の間に置いていたら、そこからまたしっかり根が張っていた。夏の雑草の強さを思い知った。
ネギ①
午前中で土寄せまで終わらせるつもりが、草取りだけでお昼になってしまった。
昼食の後、午後1時から畑仕事を再開した。
まずは、雨が続いて雑草だらけになった畑を刈払機で草刈りをした。
畑の草取りは、例年手鎌で少しずつ大きくなる前に取っていたが、今年は雨が続いて畑のぬかるみが抜けず、その間に夏草が蔓延ってしまった。
もはや手鎌で抜き取るような悠長なやり方は通用しなくなってしまった。
後日刈った後の草を片付けてからミニ耕運機で耕すつもりだ。
刈払機で草刈りをしたあと、午前中草取りをしたネギの畝の間を土寄せをするためミニ耕運機で耕した。
ネギ②
ここまでやったあと、5時になったのでバアとリハビリウォーキングに出かけた。
今日の晴天で、信州も梅雨明けが宣言された。
歩いていてもまだ梅雨明けの暑さが残っていた。
いつもと少し違うコースを歩いたら、棚田の向こうに我が家が見えていた。
望遠で取ったら田んぼのすぐ近くに家が建っているように見えた。
リハビリウォーキング 棚田
1時間歩いて戻った後、ネギの土寄せをした。
株元に追肥もした。他の野菜の追肥もした。
毎月1日と15日を追肥の日にしている。
これで気がかりだった作業も完了した。
秋には美味しいネギが食べられるか?
ネギ③
午後刈払機で草刈りをしているときに、長女がキュウリを貰いに来てくれた。
次女の家に2回目の発送をし、今日は長女が受け取ってくれたので、我が家のキュウリの在庫も一段落をすることができた。
長野県内もコロナの感染者が毎日増え続けている。
隣の小諸市で理容院でクラスターが発生し、濃厚接触者が100人規模でいるらしいので、いよいよ身近に迫ってきている感じだ。
今月から水彩画の例会も通常通り実施されるので、感染しないよう気を付けなければ・・・。
2020年07月31日 (金) | Edit |
朝のうちは雲が多かったが、10時ごろから青空が出てきて、その後は一日晴天となった。
午後にはデッキの温度計が34℃まで上がった。
明日同じような天気なら梅雨明けが宣言されるだろう。
今日も朝食の後畑で夏野菜を収穫した。
キュウリ、ナス、ピーマン、トマトを収穫し、昨日採ったキュウリも含めて箱詰めにした。
一昨日に次女の家に送った野菜は、昨日の午前中に届いた。
キュウリなど多過ぎたかと思ったが、昨日、今日の二日間で残り僅かになったという。
我が家の冷蔵庫はキュウリで満杯になっているというのに・・・。
食べ盛りの子供たちがいる次女の家の消費量は想像を超える。
時間差で植えたキュウリだが、最初に植えた苗からもまだ収穫が続き、最後に植えた苗からも収穫できるようになっているので、今は一日10本以上採れてしまう。
キュウリ
午前中に立科町のクロネコまで運んで、明日の午前中に届くよう送った。
箱の中に食べ切れない分は捨ててもいいからとメモを入れておいたが、杞憂だったかもしれない。
午後4時なっても気温が30℃以下に下がらないので、5時前まで待ってからリハビリウォーキングに出かけた。気温は相変わらず高止まりしていたが、風があったので汗もかかずに歩くことができた。
リハビリウォーキング
歩いている途中で、ジャガイモを掘っているお宅があったので、少し話をした。
やっと畑の土が乾いてきましたね、と言ったら、乾き過ぎてもう硬くなっている、という。
早めにジャガイモを収穫したジイの判断は正しかった・・・。
ただ、明日も晴れたら草が生い茂った畑を耕したほうがいいかもしれない。
腰の痛みも取れてきたし、ヘルペスもだいぶ直ってきた。
リハビリウォーキングから戻った後、奥の田んぼを見に行った。
イネは間もなく出穂しそうだが、この景色をスケッチしようと思う。
畑のイチジクが膨らんできた。
今年もたくさん採れそうだ。
家の奥の田んぼ イチジク
東京のコロナウィルス感染者数が止まらない。今日は463人になった。
政府はまだ第2波と認めたくないようだが、このままいけば東京だけで1日500人になるのは間近だ。
人命より経済を優先する政府の姿勢に断固NOという。
2020年07月30日 (木) | Edit |
今日は久し振りに青空が広がり、夏の強い陽射しが射す時間帯もあった。
北九州や四国中国地方は梅雨明けが宣言されたが、関東甲信越は8月まで持ち越しのようだ。
朝食の後、畑の夏野菜を収穫した。キュウリはまた20本近く採れてしまった・・・。
昨日次女の家に発送した野菜が午前中には届いたようで、ジャガイモと一緒に送ったキュウリも喜ばれた。
キュウリの消費量が多いらしく、パルシステムで取り寄せているキュウリが不作で注文数より少なく配達されたと知ったので、明日の朝収穫して今日の分の一部と合わせて送ることにした。
我が家では食べ切れなくて、腐らせてしまうかもしれないので、次女のうちで食べてもらえるなら幸いだ。
今日も午後4時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めて間もなく太陽が雲の中に入って日が陰り、暑苦しくなく歩くことができた。
歩いている途中で、東の空、浅間山の方角に虹が出ていた。
青空で雨も降っていないのに虹が出て不思議な感じだった。
リハビリウォーキング 虹
今日の郵便物の中に、学生時代の仲間の死を知らせる手紙があった。
ジイとバアの結婚披露宴の司会をしてくれた友人だ。
ドイツ人の女性と結婚し、静岡の教会の牧師と社会福祉施設の施設長として働いた後、ドイツに渡って牧師として働いた。
その後牧師を引退してベルリンに住んでいた。
糖尿病を患い、療養していると風の便りで聞いていたが、今月21日に急逝した。
確かジイより2歳若いはずだから、ジイと同じ年齢で亡くなったことになる。
ジイよりもずっと世の中に貢献した人が、ジイよりも先に天国に召されてしまうのは、なんという矛盾か・・・。
刈られたため池の土手にユウスゲが一輪咲いていた。
ユウスゲ
2020年07月29日 (水) | Edit |
朝食の後、立科町のクロネコヤマトの営業所に次女の家に野菜を送るため持って行った。
午前8時から営業しているので、早く行けば当日配達してもらえるかと期待して行ったが、早くて明日の午前中ということだった。
台秤に段ボールを乗せると、係の人から重量オーバーです、と言われた。
宅急便は25㎏までで、計ったら25,45㎏だった。
困った顔をしたら、お目こぼしで運んでもらえることになった。
次女がLINEでキュウリも送ってくれてもいい、と言ってきたので、尺物キュウリも入れたのが重量オーバーになってしまったようだ。
今日は昼食に野菜天ぷらを揚げて食べた。
ナス、ピーマン、モロッコインゲン、タマネギとニンジンのかき揚げなど、全部畑で採れたものと思ったが、ニンジンは買ってきたものだった。
畑のニンジンはまだ小さくて収穫できない。
天つゆに収穫したダイコンをおろして加えた。
二人では食べ切れないほどの量を揚げたので、残った天ぷらは明日天丼にして食べることになっている。
午後4時からリハビリウォーキングに出かけた。
リハビリウォーキング
今日は朝からどんよりした雲に覆われて、一部は黒い雲で、雨でも落ちてきそうな様子だったが、一日雨は降らなかった。
途中で田んぼに肥料を撒いている人たちと言葉を交わした。
先日から草刈りをしていた若い人たちだ。休む暇がないのではと心配して言ったら、これが仕事ですからと、言って笑っていた。
後継者がいなくて稲作や畑作ができなくなった土地を、農業生産法人が借り受けて、こうした若者たちが機械力を駆使して耕作を続けている。
毎日のように歩きながら、この田園風景は残して欲しい、と願っている。
今日もデッキのテーブルに3匹の親子猫が長い時間寛いでいた。
猫たち

2020年07月28日 (火) | Edit |
朝食の支度をしていると、刈払機で草刈りをする音が聞こえてきた。
キッチンの窓から作業をする人の姿が見えた。
家の裏のため池の土手の草を刈っていた。
数人で刈っているようで数台の刈払機のエンジン音が聞こえていた。
30分もしないうちに池の淵から土手まできれいに草が刈られていた。
そしてあのユウスゲと咲き始めたキキョウもすっかり刈り取られていた。
先月刈られてしまったユウスゲはその後からわずかに残った花芽がようやく咲き始めたところだったが、それも無残に刈られてしまった。
イネに不可欠な水をためる池の管理も、コメ作りには欠かせない作業の一つなので、草刈りを非難することができないが、自然の中に生きている山野草をいとおしむ身にとっては、悲しい出来事に映ってしまう。
畑で野菜を作っているのでよくわかるが、どんなきれいな花を咲かせようが、収穫する野菜以外の草は全て雑草だ。
特にコスモスなど残しておけば咲いた後の茎や根は、手に負えないほどしっかり根付いてしまって、秋に始末するのが大変だ。
刈られた土手
午前中、次女にジャガイモなどを発送するため、同封するキュウリやトマトなどを収穫した。
長雨で、スーパーに出ている夏野菜は軒並み値上げになっているらしいが、我が家のキュウリは過去にないほどの豊作だ。
初めて作った夏大根も抜いてみたらまずまずの出来だったので、4本抜いて4軒に分けることにした。
午後になって、リハビリウォーキングに出かけたら、歩き始めてすぐに雨が降ってきた。
傘をささずにはいられない量の雨になってきたので、20分で家に戻った。
リハビリウォーキング
そのあと長女の家に行って、次女の家に送るジャガイモの箱詰めをした。
夜勤明けで家に長女もいたので、箱詰めを手伝ってもらい、ジャガイモも4軒分分けて箱詰めした。
次女の家には、今日の収穫分に加えて昨日の尺物のキュウリも一緒に詰めた。
明日朝一番で立科町のクロネコヤマトに行って発送するつもりだ。
野菜の箱詰め
長野県内の新型コロナウィルスの感染者が連日発生するようになった。
今日は新たに6人の感染が発表された。
NHKのクローズアップ現代で、劇団四季の公演再開までの取り組みと、コロナ禍の文化芸術の意義について考えさせられる報道を見た。
新宿のシアターモリエールで起きたクラスターの発生では、主催者がバッシングにあっているが、果たして犯人を叩いて留飲を下げることだけでいいのだろうか?
確かに長野県の新規感染者の中にも、この劇場に行った人がいてその濃厚接触者からも新たな感染者が出ている。
しかし、主催者も観客もコロナに罹ろうとして集まったわけではない。
舞台で表現すること、それを享受すること、それ自体は人としても生の営みをより豊かにするための行動だ。
その行動を誰が非難できるだろうか?
クローズアップ現代+の後の番組「プロフェッショナル」で奈良県立医科大学感染症センター病院での医療現場の状況を記録した映像を続けて観た。
コロナ禍の医療現場の状況の一端を見ることができた。
何とか第一波は乗り越えられたが、今始まっている第二波で医療現場の崩壊が起こらないか不安が募った。
政府の無策が心配だ。安倍政権はコロナでその無能ぶりを露呈してしまった。
かつての3.11東北大震災の時の旧民主党政権と同じだ。
2020年07月27日 (月) | Edit |
今日は朝のうち雨は降っていなかったが、どんよりした曇り空で、いつ降りだすかわからない空模様だった。
いつもより少し早めに起きて朝食を済ませ、出かける支度をした。
午前9時過ぎにバアの佐久の浅間病院の診療予約が入っていた。
8時半に家を出れば間に合うが、支度が早く済んだので8時20分に家を出た。
9時前に病院に着いたが、無料の駐車場は満車まであと1台しか空いていなかった。
早めに出たのが正解だった。月曜日は来院者の出足が早いのだろう。
最初にエコー検査があり、そこで40分、内科循環器の待合で20分待って診察を受け、血栓はほとんど残っていないと告げられた。
これで先月初めの緊急手術、入院から約2か月の血栓症との闘いは一段落した。
まだ血液サラサラの薬は終わらないが・・・。
来月心電図や心臓のエコー検査をしたうえで、その結果によってはそれ以降東御市民病院で診てもらうようになる。
10時15分には病院を出ることができた。
早く終わったので、佐久のカインズで買い物をした。
サージカルマスクが新型コロナウィルス騒ぎが始まる前の値段に戻っていて、大量に並べられていたので一箱購入した。
第2波が来ているので、まだ在庫はあるが予備として買っておいた。
ついでに冷感タイプの布マスクも試しに2枚購入した。
これは家でつけてみたが確かにひんやり感があり、眼鏡も曇りにくかったのでまた買い足したほうがいいかもしれない。
新しくなったトイレに合わせてトイレ用品なども買った後、イオンにも行ってウィンドウショッピングしたあと、デニーズでお昼を食べた。
11時半過ぎに入店したが、半分近く席が埋まっていた。
食事をしている間に満席に近くなっていた。
佐久や上田、東御では、感染者がほとんど出ていないので、食事処も首都圏ほど閑散とはなっていないようだ。
今日はバアの誕生日なので、食事の後ささやかにフルーツパフェも頼んで食べた。
どちらかというとジイのほうが食べたくて頼んだようなものだが・・・。
食事を終えて帰るころには雨が本降りになっていた。
家に戻ると今度はクロネコヤマトの不在連絡票が入っていた。
電話で入力すると、2時間後に再配達されてきた。
次女からバアの誕生日に送られてきた「おばあちゃんケーキ」だった。
前回送られてきた「おばあちゃんケーキ」がイマイチだったと、リベンジで作って送ってくれたようだ。
夕食の時にいただいたが充分懐かしい伝統の味がした。
バアの母親から受け継いだ味が、3代続いているのが嬉しい限りだ。
おばあちゃんケーキ
4時を過ぎて雨が止んだので、4時半から傘を持ってリハビリウォーキングに出かけた。
歩いている途中で、トラクターに草刈り機を取り付けて、田んぼの土手の草刈りをしているのをみた。
帰宅後奥の畑で雨の中数人で刈払機で草刈りをしているのをみたが、こういう草刈りもやられている。
とにかく夏場の農業は草刈りが重要な仕事で、しかも重労働だ。
炎天下に汗だくで草を刈るよりも、雨に濡れながら草を刈ったほうが身体には楽なのだろうか?
いずれにしても腰を痛めているジイには、大変な仕事に見える。
リハビリウォーキング トラクター
家の目の前まで来てまた雨が降りだし、傘をさして家に入った。
そのあと、雨の中、夏野菜を収穫した。
昨日収穫していないので、キュウリは渓流魚で言えば尺物の太くて長いものばかりだった。
お隣の玄関にそっと半分置いた。
2020年07月26日 (日) | Edit |
今日も朝から雨となった。これだけ雨が続くと気分まで鬱陶しい。
今日も何もしないで一日過ごすのかと思いながら朝食を食べた。
8時ごろからさらに雨脚が強くなった。
ところが10時ごろになると一気に雨雲が去って青空が出てきた。
いまがチャンスと、10時半にリハビリウォーキングに出かけた。
強い陽射しが眩しく、暑かったが、景色は生命力に満ちて最高だった。
浅間山の稜線は雲で見えなかったが、田んぼの稲の青さが生き生きして見えた。
リハビリウォーキング 浅間山
汗をかきながら1時間歩いた。
家に戻る途中、遠くからも我が家の庭のトウネズミモチの白い花が目立って見えていた。
トウネズミモチ
今日の天気予報は、ずっと傘マークだったので、気象予報士の読みも狂わせる天気だ。
さすがに全国的にも晴天率の高い地域と自慢するだけのことはあると、悦に入っていたが、昼食を食べて寛いでいると、次第に外が暗く雨雲に覆われるようになって、2時前にはまた雨が降りだし、夜まで雨は続いた。
束の間の晴れだったようだ。それでも気も晴れただけよかった。
腰の痛みもやわらいで、痛み止めの薬も毎食後に飲むのをやめて、1日1回に減らした。
ヘルペスは、新しい疱疹は発生しなくなったし、水疱もかさぶたになるところも出てきて快方に向かっているようだ。
リハビリウォーキングをしているときに、郵便局の車とすれ違ったが、家に戻ると不在連絡票が入っていた。
どうも郵便局の宅配は留守を狙ってくるのではないかと思うくらい、相性がよくない。
夕方再配達でシェフナベさんから送られてきたモモを受け取った。
毎年最高級の桃を送ってもらっているが、今年は数も多い。
長女夫妻が近所に越してきたので、気を遣ってくれたのだろう。2軒にお裾分けすることにした。
モモ
2020年07月25日 (土) | Edit |
今日も朝から雨が降っていた。
いつになったら梅雨が明けるのか?
気象衛星からの情報のおかげで、大気の動きから天気予報の精度は格段に上がっている。
本格的な梅雨明けは、8月にならないと来ないらしい。
今日はようやくトイレの交換の工事が入る。
電話で午後からという連絡が昨日入ったので、午前中最後のトイレ掃除をした。
2階のトイレなど、使用頻度が低いので、外見的には新品のように見えるが、時々トラブルが起きていた。
2階の古いトイレ
午後2時前に工事屋さんが二人でやってきた。
1階のトイレから始めてもらった。
前のトイレには高さ5センチの台座を付けてあったが、今回はそれを外して便器だけになるので、床がどうなるか、高さが足りるか心配な面があった。
床は台座の下の汚れはなく、新しい便器の周りはきれいな床になっている。
高さも前の便器より3㎝ほど高いので違和感がなかった。
ただ、座った時の奥行きは狭くなった。
自動で蓋が開閉したり、ノズルの洗浄や脱臭が自動で作動するので今までのものよりは快適性は向上しただろう。
交換工事が終わって工事の人が帰ったのは4時半を過ぎていた。
トイレの工事をしている間、1時間ぐらい雨が止んだ時間帯があったが、その時以外はずっと雨で、ウォーキングに出るわけにもいかず何もしない一日となった。
1階の新しいトイレ① 1階の新しいトイレ②

2020年07月24日 (金) | Edit |
今日の天気予報は、午前中曇り午後から雨だったが、朝のうちから断続的に雨が降ってきた。
傘をさすか、ささなくてもいいか迷うような雨だったが、午前中のうちにリハビリウォーキングに行こうと出ようとしたら傘が必要な雨になったので、出かけるのは中止して、家の中の掃除をした。
お昼ごろから外が明るくなって雨も止んだので、昼食の後リハビリウォーキングに出かけた。
念のため傘を持って1時間歩いたが、その間雨には降られずに済んだ。
歩いている途中でキキョウが咲いていた。
もうそういう季節になったのか、キキョウは盆花として活けられる地方もあると聞くが・・・。
リハビリウォーキング キキョウ
家に戻ってもまだ雨が降りそうもなかったので、夏野菜を収穫した。
今日もキュウリは15本採れた。
ネギの根元に雑草がはびこってきたので草取りをした。
ネギ
草取りをしていると、周りにシカの足跡があるのを見つけた。
よく見るとエダマメのてっぺんの葉がきれいに食べられていた。
ジイが植えたエダマメは、家庭菜園の講座で葉の穂先を摘むと、脇芽からの実付きがよくなると教えられていたので摘んであったが、再度摘まれてしまった。
ヤマちゃんが植えたエダマメは摘んでなさそうだったので、ちょうどよかったかも?
でもシカによる食害は我が家の畑では初めてのことだ。
いよいよ電気柵の設置を考えたほうがいいかもしれない。
シカの足跡 頭を食べられたエダマメ