FC2ブログ
2019年11月17日 (日) | Edit |
今月の水彩画関係の行事が今日で一段落する。
月2回ある東御美術会の例会の2回目の例会が今日あった。
前回の例会は、上田城の写生が重なったので休んでいるし、例会の後常任委員会と70周年記念事業実行委員会があるので、休むわけにはいかない。
朝8時20分に家を出て、途中コンビニで昼食を調達してから、祢津公民館に行った。
静物画の画題で野菜や果物などが何点か用意されていたが、その中から大きな百匁柿に似た柿を描くことにした。
静物画で何度も柿を描いてきたが、基本中の基本である色と形が思うように描けてこなかった。
今日も描き終わった後、大先輩に静物画でも遠近を考えて、奥の柿の大きさを小さくしたほうがいいと指摘された。
風景画では遠近や収束点など意識して描いているつもりだが、静物画でもありかと気づかされた。
あとで修正しよう。
画題の柿 ジイの絵
お昼を食べた後午後1時から常任委員会が開かれた。
もう総会の準備の打ち合わせの時期になった。
今の役員の任期はもう1年あるがその先のことを考えると、今から人材育成が必要だ。
ただ来年創立70周年記念事業を今の役員体制で実施しなければならないので、その先のことまで考えていられないというところがみんなの本音だろう。
半分は上田支部の役員を兼務している状態だ。
70周年の記念誌の発行については、元学校長の人がしっかり準備を進めてくれているので心配なさそうだ。
2時半まで会議をしたあと、文化会館で実施している上田支部小品展の会場にほぼ全員で向かった。
今日は最終日で、3時から支部の顧問の米津先生が出品作品の講評をしてくれるというので、支部員が大勢集まった。
ジイの絵については、年々絵がうまくなっている、今回の2点も上手にまとめているが、まるで絵葉書のようで可もなく不可もない、と評されてしまった。
写真のように描写するのがもてはやされたのは半世紀前までで、カメラの性能が向上した現代では、同じように絵で描写しようとしてもカメラに太刀打ちできるわけがない。
それでも絵が写真以上に見る人に感動を与えるにはどうしたらいいか、宿題を与えられてしまった。
講評
丁寧な講評を1点1点やってくれたので全部終わったら4時の閉会を過ぎていた。
それから、飾り付けの片づけ、掃除をし終わったら4時半を過ぎていた。
解散の後、O先生の家に絵を届けてから家に帰ったら5時を過ぎてあたりが暗くなっていた。
今日はジイが一日出かけていたので、長女夫婦がバアを誘って、朝一でうえだのAコープで買い物をしたあと、道の駅雷電クルミの里でブランチをしたり、文化会館へ行って小品展もみたりしてきたようだ。
上田市内で初めての本格的なワイナリーがオープンしたのでそこにも行ってワインを試飲してきたそうだ。
ジイだけ忙しく動き回って取り残されているバアに気遣って誘ってくれているようだが、ジイのいるときにも一緒に連れて行って欲しいものだ。
ジイの絵の前で
2019年11月15日 (金) | Edit |
昨夜は寝る前に睡眠導入剤を飲んで寝たら、今朝目覚ましで起きるまで一度も目が覚めなかった。
夢うつつに膝が痛く感じたような気もするが、はっきり覚醒したわけではないのでよくわからない。
いずれにしろ薬がこんなに効き目があるなんて、あまり服用したことがないので驚いた。
11月になってから、毎日のように水彩画関係の用事で出かけることが多く、それ以外は病院通いという感じだ。
他にやりたいこと、やらなければならないこともあるのだが・・・。
今日は佐久平水彩画研究会の例会があるので、8時半に家を出て会場の佐久市創錬センターに出かけた。
コンビニで昼食を買ったりしていたので、9時の集合に10分ほど遅れてしまったが、会が始まる寸前だった。
今日は、それぞれが自分の模写してみたい絵を持ち寄って、それを模写するというものだ。
長野のU先生が新幹線で来てくれて、はじめに30分ほど模写する心構えや模写の歴史、意義などを話してくれた。
ジイは、2017年緒日本水彩展で会友奨励賞を受賞した人の絵を模写することにし、例会で初めから描くのは時間的に無理だと思ったので、一昨日の夜家でデッサンだけ済ませておいた。
早速彩色を始めたが絵の具を混色して、描かれている色を同じように出すのが難しかった。
単に混色だけでなく、重ね塗りによって出てくる色もあるのでそう単純ではない。
お昼をはさんで午後2時まで描いた後、それぞれ模写した作品を前に並べて、U先生に講評してもらった。
何人かはかなりレベルの高い模写をしていた。
ジイの絵は並べて離れて見ると幼子の体形が少し傾いていたり、洋服のシワの線が強すぎたり、細かい点で何か所も問題があった。
逆光の描き方は模写を通していろいろ参考になった気がする。
光と影を自在に操れるようになればいいのだけど・・・。
講評① 講評② ジイの模写
3時に解散となり、どこも寄らずに帰宅した。
陽のあたる室内で描いていたら、かなり体温が上がったようで、家に戻ったらどっと疲れが出た。
出かけている間に周りの畑がきれいに整地され、何か種がまかれている様子だった。
多分麦だろう。今年の冬は周囲の景色も変わりそうだ。
日が落ちて浅間山系が、赤く染まっていた。
整地された畑 赤く染まった浅間山系

2019年11月12日 (火) | Edit |
上田支部の小品展の初日なので、朝食の後片づけもソコソコに家を出た。
会場の文化会館には8時半過ぎに到着した。
昨日は午後と深夜に雨が降り、浅間山は初冠雪となったが、写真を撮る余裕もなかった。
文化会館の展示室で、早めに準備したかったが、今日の施設使用許可証を持っている支部長が一番最後にやってきたので、それまでの展示室を開けてもらえず、入口で20分以上も待たされてしまった。
会館の運営は市の施設とはいえ指定管理者に委託されているのだが、許可証を提示しないとオープンしない、という昔ながらお役所仕事だけは引き継がれているようだ。
9時過ぎから準備を開始、展示の並べ方は支部長に任せたが、1人だけ搬入が遅れたため位置を決められず、開始時間の10時半に近づいてやきもきした。
額を吊るすワイヤーの大半は、前日までの利用者が残しておいてくれたので比較的作業は楽だったが、ワイヤーの位置を調整する高所の作業に変わりがなく、メンバーの中では若手のジイが脚立に登るしかなかった。
無理をしたわけではないが、思ったほどあまり膝に負担がなかったのは助かった。
何とか10時半まで展示を終えて開館することができた。
上田支部の小品展
午後1時から受付の当番になっていたので、一旦家に戻って早お昼を食べてから、文化会館に出直した。
午前の受付当番と変わった。
午後は、佐久から来ている3人が一緒に受付をしてくれたので、ジイはフリーで来館者の対応にあたった。
約束通り2時ごろマイスターがパートナーと一緒に見に来てくれた。
考えてみればマイスターがジイの描いた絵を生で実物を見るのは初めてのことだった。
長年ジイのブログの読者なので、ブログに掲載する絵の写真は見てもらっている。
今日も展示している部屋に来てすぐにジイの絵を見つけてくれた。
感想を聞きたかったが怖くて?聞けなかった。
何事にもしっかりした批評眼を持っている。他の作品もじっくり見てくれた。
30分以上見てくれたあと、ジイが用意してきた干し柿用の柿と焼酎漬けした柿を渡した。
マイスターからは、香川のミカンとレモンをいただいた。
まだしばらく七二会にいるそうだ。
レモンとミカン
マイスターと別れた後受付に戻った。来場者は、4時を過ぎるとめっきり減った。
4時半には佐久の3人に引き揚げてもらい、後は支部長とジイで受付をしたが、外も暗くなって、誰も来そうもなかったので、閉館の10分前で入口を閉めた。
家までの帰路はもう真っ暗だった。いつの間にか日没がこんなに早くなっていた。
家の裏のため池に、大きな満月が反射して写っていた。
家の中に入る前に池に戻って何枚も写真を撮った。
月
2019年11月11日 (月) | Edit |
明日から始まる上田支部の小品展の作品目録を午前中300枚印刷した。
買い置きのカラー用紙が同じ色が足りなくて途中から色違いになってしまった。
あと100枚必要だが、開催期間中に紙を買い足して印刷し、補充しなくては・・・。
午後2時から雨の予報が出ていたが、午後1時過ぎから早めに雨が降ってきた。
出品する2点の絵の最後の手直しをしたあと額に入れた。
明日は朝から忙しくなるので、預かっている二人の作品と一緒に車に積み込んだ。
明日初日の小品展を七二会から見に来てくれるマイスターに渡す柿も忘れないように車に積んだ。
3時前には雨も止んできた。
カミチャンからバアに電話がかかってきて、東の空に大きな虹が出ていますよ、と教えてくれた。
カミチャンには、長野に越してきてから初めての光景で、その感動を誰かに伝えたかったのだろう。
それにしても最近の天気予報は、かなり精度が上がってきたようだ。
2時から1時間ほどでまた晴れる予報になっていた。
虹
2019年11月09日 (土) | Edit |
昨日は父の命日だった。平成17年の今日だから、早いもので14年も経ってしまった。
父の死がきっかけで、毎日日記を書くようになってから、12年経った。
日記をブログとしてアップするようになってから10年近くなるか?
そろそろ、毎日書き続けるのもしんどくなってきたのでやめようかと思う反面、ボケ防止になるかもしれないと淡い期待も込めて書き続けている。
昨日は、父が72才の頃はどんな思いで暮らしていたのかと思い巡らせたが、何の手掛かりも残してくれていなかったので、勝手に想像するしかない。
妻を亡くして3年、1人暮らしを強いられ、慣れない家事をすべて一人でやらなければならなかった。
大正生まれの父、「男子厨房に入るべからず」を実践していたので、しばらく実家を訪ねるたびにバアに料理について質問責めをしていた。
そんな姿を見ていたので、ジイもバアに先立たれても困らないよう家事を分担してきたつもりだが・・・。
今朝は、また朝霧で視界が悪かった。
霧の朝は晴れるということで、彩明会の例会に出席する準備をした。
会の顧問の先生を迎えに行くことにしてあったので、8時15分に家を出て迎えに行った。
今日は忘れずにジイの迎えを待っていてくれた。
お昼の弁当を買いたいというので近くのコンビニに寄ってから、中央公園に行った。
今日は他に集まった会員は3人で総勢5人と寂しい数になった。
集合場所が今日の写生場所なので、すぐに芝生公園まで車で移動して写生を始めた。
着いたときには霧が晴れ始めていて、描いている途中ですっかり青空になった。
中央公園芝生広場 5人で写生
お昼近くになって、先生が弁当を買ってくるのを忘れたと言って心配していたので、朝間違いなく買ってきたので大丈夫と断言してやった。
早めのお昼を食べ、その後午後1時まで描いて終わりにした。
久し振りに先生も出席したので、各自の描いた絵を講評してもらった。
先生の絵は、老いたとはいえまだまだ我々の腕では及ばないいい絵を描いている。
ジイの絵と並べてみると歴然と違いが分かる。
ジイの絵 先生の絵
解散したあと先生を自宅まで送った後、帰宅した。
1時半には戻ることができたので、昨日から彩色を始めた八方尾根の絵の続きをジイ小屋で描いた。
午後4時まで描いて何とか最初の完成までこぎつけた。
作品目録に「八方尾根を望む」という題名でインプットしたので、いまさら他の絵に変えられない。
12日の搬入まで数日残っているので手直ししていくつもりだ。
最後に「奥裾花ダム」の絵も手直しした。
八方尾根を望む 奥裾花ダム