FC2ブログ
2022年06月23日 (木) | Edit |
朝からむしむしする典型的な梅雨の気候。
夜中にも雨が降ったのか、デッキも水溜りができていた。
次第に雲が取れて青空が顔を出すと、気温が急上昇した。
上田市役所に電話をしたり、バアの髪を切ったりしていたら、リハビリウォーキングに出かける時間が10時半になってしまった。
今日は風も弱く、太陽を遮る雲もなかったので、昨日と比べて滅茶苦茶暑く感じた。
途中で2回休憩と給水を摂った。
そんな中、ランニングしている女性とすれ違った。
上八重原で見かけるのは初めてではない、3度目ぐらいか?
この辺りで見かける若い人は、ほとんど上八重原にある二つの農業生産法人で働いている人たちだ。
今は毎日のように水田の周りの土手や畔の草刈りをしている姿が見られる。
リハビリウォーキング
1時間歩いて家に戻った後は、お昼まで一休みで、氷で冷やしたお茶をがぶがぶ飲んだ。
午後1時前に家を出て、東御市役所の駐車場で上田支部の支部長、副支部長と待ち合わせした。
1時20分の集合をお願いしたが、二人とも早めに来てくれたので、1時10分に駐車場を出て上田市役所に向かった。
2時に上田市長と面会のアポイントメントが撮れていたので、遅れないよう早めに出発したが、途中の道路がスムーズに走れたので、1時40分に上田市役所に着いてしまった。
早過ぎるので、作品を展示する予定の場所の庁舎2階にある「まちのアトリエ」を先に見てもらった。
2時10分前に3階の担当課の市民参加・協働推進課に行き、そのあと4階の秘書課に案内された。
2時から15分ほど市長と面談し、上田支部の支部展や小品展に足を運んでいただいたお礼や、この度の庁舎内での展示の機会を与えていただいたお礼などを支部長のほうから申し上げた。
面談の後には、控室で記念撮影までしてきた。
そのあと、まちのアトリエで担当課の課長、係長、係員と具体的な展示の方法などを話し合った。
いろいろ話し合っている経過の中で、担当課から市民が参加できるワークショップを展示以外にやってもらうのが条件、ということが出されてきて、支部長、副支部長が難色を示し、それ以上話が進展しなくなった。
3時過ぎに打ち合わせを終了し、1階のロビーの一角で支部長以下3人で話し合ったが、ワークショップは対応できないというのが正副支部長の意見だった。
やはり現状の支部員では自分の絵を描くことだけで精一杯で、水彩画に興味を持ち、描き始める人を発掘していこうという取り組みまでできないだろう、という見解だ。
支部の構成員の高齢化が顕著だが、中でも中心となって動くべき会員資格を持つ役員自体が動けなくなってしまっている・・・。
今回の上田市役所庁内の作品展示については、ジイが先走ってしまったようだ。
この件をどのように着地させるかしばらく頭が痛くなりそうだ。
しかし、これで上田支部の先も見えてしまったようで悲しい気もする。
2022年06月19日 (日) | Edit |
今日は東御美術会の例会で、祢津公民館に行った。
先月まで、長野県のコロナ警戒レベルが5となっていて、公民館の使用ができなくなっていたが、感染者の減少により警戒レベルが2に下がったので、今月から利用できるようになった。
半年使えない状況だったので、久し振りに室内で例会が開かれた。
参加者は、10人に満たず、やはりコロナの影響は続いている。
今年の日本水彩展に出品するも入選できなかったIさんも出席していた。
発表の日知り合いが電話をしたら、電話口で泣いていたと聞いていたので心配していたが、今日は内心までは読めないが、来年も挑戦すると元気よく言っていた。
ジイより若いが支部員になったのは20年も前なので、ジイよりずっと画歴は長い。
若手の一員として一緒に頑張ろうと声をかけた。
季節柄たくさんの花が画題として用意されていた。
画題① 画題②
たくさん練習したいので、B5の小さい画用紙で2枚描いた。
花は大きな紙で丁寧に描くほうが技術力を磨くにはいいとは思うのだが・・・。
午前中1枚目を描き終えた後、近くのベイシアにお昼を買いに行った。
先日コンビニでお昼を買おうと思ったら、おにぎりが1個もなかった。
コンビニのメインの商品だと思うのだが、そんなことがあると、買いに行くのに二の足を踏んでしまう。
午後2時まで描いて2枚を仕上げた。
スケッチ① スケッチ②
例会が終わった後、近くのコメリにチェーンソーを持って行って、馴染みになった店員さんがいるか探したら、いつもいる売り場にいたので、早速チェーンソーを見てもらった。
不具合の原因は実に簡単なことで、ストッパーが効いた状態だったので、刃が動かなかったようだ。
ストッパーを外すのに少し力を入れれば外れたのに恐々押しただけだったので外れなかった。
1分もかからず直してもらった。
1年の2,3回しか使わないようでは、使いこなせない。
また無料サービスでやってもらった。
外は気温が上がって30℃越えの真夏日になっていたが、今日もコメリで、一片の涼風というか気持ちのいい風に会えた感じがした。
家に着く頃、雷が鳴り始めていたが、3時半ごろからポツポツきたかと思ったら4時ごろには土砂降りの雨になった。
30分ほどでまた陽射しが当たるようになったが、まだ雷の音が遠くから聞こえてきた。
5時半ごろ雷も雨雲も遠のいたので、リハビリウォーキングに出かけた。
まだ暑さも残っていたが、少しひんやりした風も吹いていたので、気持ちよく歩くことができた。
50分ほど歩いたが、バアの歩数計は0からのスタートだったので、6,000歩に届かなかった。
ジイは1万歩台になった。
リハビリウォーキング
2022年06月14日 (火) | Edit |
今日は日本水彩上田支部の写生旅行係の下見で、係の4人が東御中央公園の駐車場に午前9時の集合となっていた。
8時45分に駐車場に着くとすでに二人が来ていて、その後残りの一人も着いたので、9時10分前にジイの車に乗って、ジイの運転で出発した。
最初の目的地は、写生旅行で泊る予定の信州新町のさぎり荘、初めての訪問なのでナビにセットしてスタートした。
1時間ぐらいで着くかと思ったが、到着は1時間20分後の10時10分だった。
さぎり荘
早速施設の職員と打ち合わせ、初めから難題が浮上した。
2年前予約したときは、無料の送迎、写生地の送迎でOKだったが、基本的に送迎は2種免許を持たない宿泊施設では、無料で送迎するにはガソリン代や人件費の高騰でできなくなった、とのこと。
送迎を免許を持つバス会社などに頼むと高額の料金になってしまう。
今のコロナ対策の一環で適用している県民割り、地域クーポンを利用して、バス運行会社がどのくらいの値段でやってもらえるか、宿のほうで2社から見積もりを取ってもらうことになった。
公設民営の施設で指定管理者になっている組織なので、白ナンバーで運搬料金を取るわけにはいかない、という事情は分かる。
お金がかかる分、参加者に全額負担してもらうわけにもいかず、支部の会計からどのくらい繰り出しできるか、来月の常任委員会で協議が必要だ。
たまたま今日行ったメンバーは全員常任委員なので、話は進めやすいが・・・。
近日中にバス会社の結果を宿から連絡してもらうことになった。
話し合いの後、宿の周辺を写生地として採用できるか歩いて見て回った。
宿の窓からも見える犀川の風景は、ジイ好みの景色だった。
他の3人も賛意を示してくれた。
二日間のうちの一日は宿周辺で写生してもいい。
犀川
宿を出て、次に信州新町美術館の近くにある発電ダム湖であるろうかく湖に行った。
以前に彩明会で美術館の敷地からろうかく湖を描いたことがあるが、その当時に比べ、木や竹が生い茂って写生に適さなくなっていた。
下流に河川敷まで降りられる場所があり、近くの公衆トイレもあるので写生適地と判断した。
ろうかく湖
次に長野県歌にも歌われている久米路端に行ったが、3年前の台風19号の被害の影響か橋の修復が行われていて、残念ながら絵にならなかった。
久米路橋
12時半を過ぎていたが、そのあと道の駅に行ってお昼を食べた。
昼食の後、1時過ぎに道の駅を出発し、2時半に東御中央公園の駐車場に戻って来た。
途中から雨が天気予報どおりポツポツ落ちてきはじめた。
3時前に家に戻って来たので、すぐに接骨院に行って施術をしてもらった。
終わるころには雨が本降りになってきた。
2022年06月11日 (土) | Edit |
今日は彩明会の例会の日なので、朝8時20分に家を出て、集合場所の東御中央公園の駐車場に行った。
途中コンビニで昼食を買ったが、おにぎりの棚におにぎりは1個も残っていなかった。
仕方なくパンを買った。
8時40分に駐車場に到着。今日も4人しか集まらなかった。
今年は、コロナもあって必ず例会ができるとは限らないので、当日集まったメンバーで話し合って写生場所を決めることにしている。
久し振りに八重原台地の明神池で写生することに決まった。
ジイの地元なので、ジイの車が先導して明神池に行った。
ジイは今日もB5サイズの画用紙でスケッチ画を描くことにした。
9時半には描き始めたので、1枚目を11時前に描き終え、2枚目は写生している他の3人を入れた絵を描いた。
お昼前に彩色も半分まで済ませた。
明神池① 明神池②
この時期は、外で描いていると小さな虫が顔の周りにまとわりついてうるさい。
虫よけスプレーを持ってくればいいのだが、まだこういうシーズンになって初めてだったので持ってくるのを忘れた。
みんなでお昼を食べていると、ときおり陽が射していた空が黒い雲に覆われはじめ、遠くで雷の音がするようになった。
雨雲レーダーを見ると美ヶ原から長和町の近くまで雨雲が近づいてきていた。
雨が降る前に片付けることになり、12時40分に解散した。
明神池から我が家までは車で10分もかからないので、1時前に家に戻った。
2枚目はまだ完成していなかったので、ジイ小屋で完成させた。
人物を入れたスケッチにしたが、人物はまだまだ未熟だ。
遠近もさることながら、人の形も滅茶苦茶だった。
もっと練習が必要だ・・・。
スケッチ① スケッチ②
夕方6時前に上八重原公民館に行った。
6時までに組長から書面決議をお願いした結果の報告を受けることになっている。
ジイの組の投票用紙は、朝7時過ぎに組長からジイの家に届いていたので、それを持参した。
1票反対はあったが、それ以外はすべて賛成票で臨時総会議案は可決された。
役員会議で報告事項があった後、区長から明日の朝、民生児童委員の改選で、新たにお願いする家に一緒に行くように依頼された。
地区の人たちの顔ぶれも何もわからないジイがついていっても役に立たないと思うが、枯れ木も山の賑わいで一緒に行くことにした。
2022年06月10日 (金) | Edit |
今日も朝から晴れていい天気になった。
先日急遽今日の午前中に佐久創錬センターで、遊彩四人と仲間たち展の出品した作品の図録用の写真の撮り直しをすることが決まった。
展覧会の搬出の日に、ジイの一眼レフで撮ったが、会場の照明が暗くピンボケになったり画面が暗かったり、画集としては使えない結果になっていた。
図録を出版することについては、出品者全員から賛同を得ていたので、出すからにはちゃんと撮り直して掲載したい、と申し出ていた。
二人は都合がつかず来られなかったが、事前にLINEで自分で撮った写真を送ってもらい、それをパソコンにダウンロードしてみたら、思いのほか画像も粗くなく大きく引き伸ばしても大丈夫だった。
10時には三々五々会場に集まってきて、順番にセンターの中庭で撮影を開始した。
部屋は予約してなかったので、場所は選べない。
太陽光線が強いのではないかと心配したが、水彩画が多かったので問題はなかった。
かえって絵の具の色が鮮明に出て、見栄えが増したように思う。
急用で遅れてきた人の分も入れて11時20分ごろには撮影は完了した。
12時までには家に戻りたかったので、ジイは先に帰らせてもらった。
午後は1時過ぎに家を出て、最初に小諸の眼鏡屋さんに出来上がったジイとバアのメガネを取りに行った。
ジイのメガネは少し乱視の調整を変えただけで、遠近の度数は今までと変えなかった。
新しいメガネだと近いところがよく見えるようになった。
一緒にサングラスも作ったが、こちら偏光レンズにした分割高になるというので、単焦点レンズにして値段を抑えたので、どのように見えるか心配だったが、帰りに車の運転をサングラスをかけてしてみたが、特に支障はなかった。
ただ手元は少しぼやけるので、渓流釣りの時は仕掛けが変えられなくなるかもしれない?
メガネのせいにしなくても、最近は手先がうまく動かなくなって仕掛けを変えるのに時間がかかるようになっているが・・・。
バアは免許センターの視力検査に備えて近視のメガネを作ったが、メガネの効果よりも慣れないメガネをかけ続ける違和感のほうが強いようだ。
新調したメガネ
眼鏡屋さんの帰りに小諸のカインズによって買い物をした後、3時ごろ接骨院によって施術を受けた。
夜は今日撮影した作品の画像をトリミングなどの修正をし、仮に作ってあった画集の絵の写真と差し替えをした。
全部終わったら11時を過ぎていた。