FC2ブログ
2018年11月18日 (日) | Edit |
今日は東御美術会の例会と常任委員会の日だ。
このところ就寝するのがまた遅くなってきて朝寝不足感が残ることが多い。
水彩画の例会の日は、最近はバアが弁当を作ってくれるようになったので、朝早く起きなくても済むようになったが、一人時間まで寝ていることもできるが、それも申し訳ない気がするので、今日は行く途中コンビニで弁当を買うことにしてお弁当作りは断った。
会場が市役所に隣接する中央公民館なので、近くにセブンイレブンがある。
お昼休みに買いに行ってもいいと思っていたが、朝出かけて途中の旧北御牧村唯一のコンビニに寄ってもまだ9時の集合時間には余裕があったので、そこでお弁当を買ってから中央公民館に行った。
9時過ぎに簡単な報告事項があった後、絵を描き始めた。
いくつか画題が用意されていたが、ジイは落ち葉を拾い集めてきた人がいたので、それを描いた。
イチョウやコナラ、サクラ、ブルーベリーなど色とりどりの葉があって、色の多彩さが面白かったので、それを描くことにした。
この画題を選んだのはジイだけだったので、独り占めで描いた。
描き始めは面白がったが、描いて色を付けるうちに、構図や色の配置など難しすぎて訳が分からなくなってしまった。
色を付けてから全体の構成を見直すつもりだったが、デッサンからやり直さなければいけない、と思ったが手遅れだった。
昼休みをはさんで午後1時過ぎまで描いたが、満足のいくところまで描き切れなかった。
30分ほど会長の講評を受けた。いろいろ指摘されたが、駄目だと思ったところをやはり指摘された。
画題の落ち葉 ジイの描いた絵 講評
今日は、例会の後2時から常任委員会があった。3
か月の活動報告と、12月の納会や1月の総会の進め方や議題にについて協議した。
役員や常任委員会の委員については、今年で2年の任期が終了するが、引き続き2年間変更なしで総会に提案することになった。
ジイの写生旅行係もお役御免にならなくなった・・・。
1時間の常任委員会の後、同じメンバーで再来年の美術会70周年記念事業推進委員会が開かれた。
メインの議題は記念展と記念誌の発行だ。
記念展は、毎年実施している会員展に冠を付けるだけなので、それほど問題ないが、記念誌は費用が掛かることなので、個人に経済的負担を少なくするため、印刷屋に依頼しないで、ネット印刷を使うことも検討された。
事前の調査をすることになった。
二つの委員会をやったので、会議が終わったのは4時だった。急いで家に戻った。
今日は5時から組長会議と忘年会が行われる。
組長会議の前に、昨日集めた区費の収納もあるので、4時半に家を出た。飲み会になるので、車ではなく歩いて行った。
会場の上八重原公民館まで歩いて20分だ。
組長会議のテーブルには仕出しの弁当とつまみ、缶ビール2本が用意されていた。
30分ほどで会議が終了したあと、忘年会になるはずだったが、10人近くいる組長さんたちの多くが席を立って帰り支度を始めたので、ジイも忘年会には参加せずに帰ることにした。
8年前組長になった時は、年に3回ほど会議の後に飲む会が用意されていて、ほとんどの人が参加していた。
今回も、最初で最後の飲み会なのでみな出席するものと思って、ジイも半心イヤイヤながらも参加するつもりで歩いて行ったが、そういう状況ではなかったので、喜んで退席した。
帰りは夜道になっていたが、用意していた懐中電灯で足元を照らしながら帰った。
曇っていて月明かりもなかった。
2018年11月13日 (火) | Edit |
今日は朝から曇りがちの天気で、霧は出なかった。
日本水彩上田支部の例会があるので、朝からバアにお弁当を作ってもらった。
このところすっかり食事作りはバアにお任せで、楽をさせてもらっている。
8時半に出かけようとしたら見知らぬ車が家の前を通り抜けていった。
行き止まりの道なので戻ってきたところで家を尋ねられた。少
し離れているが同じ組の人の家だったので教えてやった。
不審者も不審車もすぐにわかるのが利点だが、事件があっても気づいてもらえないし、まして防犯カメラで犯人の目星が付く、ということも無理なところが難点だ。
毎日のように怖いニュースが放送されているが、こんな田舎ではありえない、と思いたい・・・・。
9時前に神川公民館に着いた。全部で15人近く集まった。
季節らしく菊の花やバラの花が画題で持ち寄られていたので、菊の花を選んで描いた。
花の絵は苦手であまり描かないが、上達するにはなんにでも挑戦してみなければならない。
上手な人のそばで、描き方などを盗み見しながら描いた。
満足できる出来栄えにはならなかったが・・・。
画題のキク ジイの描いた絵
お昼を食べて1時間ほど描いたところで皆片付け始めたので、未完成だったがジイも筆を置いた。
帰りに画材屋さんに寄るつもりだったが、今日は店を開けていないとのことで、寄らずに家に戻った。
まだ2時前だったので、バアのリハビウォーキングに出かけようと思ったが、すでに午前中一人で1時間以上歩いてきたというので、歩くのはやめにした。
ジイ小屋で、来週に迫った上田支部会員展(小品展)に出品する2点の手直しをした。
今日の例会で、会員展に出品する作品の題名もほぼ出そろったので、夜になって作品目録をワードで作成した。
一昨年の作品目録のデータがあったので、初期設定をしないで済んだので、2時間ほどで完成させることができた。
2018年11月10日 (土) | Edit |
天気予報では今日1日晴れとなっていたが、朝起きると曇っていて霧も出ていた。
今日は彩明会の例会の日なので、昨夜から今日の天気を心配していた。
今日の写生地は布引観音周辺だ。
ジイが春夏秋冬で描いている千曲川の風景のところだ。
紅葉の季節なので、陽に当たった紅葉が生える千曲川を描きたいと思っていた。
中央公園に9時に集合してから行くことになっていたので、8時20分に家を出て中央公園に行った。
すでに4人が来ていて参加者の中でジイが一番最後になってしまった。
顧問の先生が来ていないので電話をしたら、今日の例会を忘れていたらしく、来られないということで、集まった人だけで現地に行った。
途中、今年の5月に描きに行く途中スピード違反で捕まったところはスピードを落としてゆっくり走った。
現地に直行した一人を加えて6人で写生することになった。
顔ぶれを見たら写生旅行に行った6人だった。
一人が別のところから写生したいというので、そちらまでみんなで車で行ってみたが、景色はいいのだが、橋の上からで風もあり、車道で描かなければならないのでそこで描くのは断念し、現地の布引観音の入口に戻った。
布引山の景色
そのころには、曇っていた空が一気に晴れてきて、千曲川沿いの木々の紅葉がきれいに見えるようになってきた。
初めは布引観音の入口の階段周辺をスケッチで描くつもりだったが、千曲川沿いの紅葉がきれいになってきたのでそちらを描くことにした。
布引観音入口 千曲川の紅葉
お昼までそこで描いた後、みんなでお昼を食べた。
食べ終わった後布引観音の入口をスケッチしようと思っていたが、紅葉を見に来る観光客の車がいっぱいになり、落ち着いて描いている雰囲気ではなかった。
他の会員たちも午前中でほぼ描き上げていたので、今日は顧問の先生もいないので、写生を終了して帰ることになった。
早く終わったので、文化会館で開催されている丸山晩夏生誕150周年記念展を見に行こうとしたが、文化会館に行くと何かほかのイベントが行われているらしく駐車場が満車で、車を停められなかったので家に帰ることにした。
1時過ぎに家の戻ると、バアが外で待っていたので、リハビウォーキングに出かけることにした。
既に午前中一人で1時間歩いたそうだが、天気もいいので午後も歩くというので、午前中歩かなかったコースを歩くことにした。
我が家の周辺のリハビウォーキングのコースも今は紅葉真っ盛りで、歩いていても飽きない。
歩いた時間は測らなかったが、1時間以上は歩いただろう。
リハビウォーキング
家に戻った後、ジイ小屋で午前中描いてきた絵の仕上げをした。
まだまだ手を加えなければならないが、今度の上田支部の小品展に出品しようかな?
ジイの描いた絵
2018年11月02日 (金) | Edit |
今朝起きると足の付け根辺りの筋肉が痛くなっていた。
昨日都内を歩いた距離は、普段こちらでリハビウォーキングで歩いている距離より少ないはずなのに・・・。
慣れない人混みの中を歩くのは想像以上に緊張があるのかもしれない。
帰りのバスの中で疲れて眠ってしまった。
今朝も睡眠時間は十分なはずだが、疲れが残っているように感じた。
朝食の後、写生旅行の会計報告の書類を作成した。
旅行の時撮った集合写真をネットでキタムラに注文した。
午後は文化フェスティバルの設営があるので、午前中だけでも歩こうとリハビウォーキングに出かけた。
周辺の田んぼの稲刈りは全部終わり、ハゼカケしている稲の脱穀もほとんど終わって残すはあと1,2枚の田んぼだけになった。
そんな中で、コンバインで刈った田んぼでトラクターが刻まれた稲わらをロール状に巻いていた。
以前にどこかの畑で、稲わらのロールを崩して敷き藁に使っているのを見たことがある。
家畜の飼料に使うだけではなさそうだ。
天気が良く景色もいいのでこの時期は歩いていても気分がいい。
1時間ほど歩いて家に戻った。
午前のリハビリウォーキング 稲わらのロール
午後1時家を出てFさんの家に寄って絵を預かった後、上田のイオン店内にあるキタムラでプリント写真を受け取った後、文化フェスティバルの会場である中央公民館に行った。
計算より時間がかかって集合時間の2時の5分前に着いた。
早くもパネルの組み立てが始まっていた。
去年の手順と違う形で始まってしまったが、横やりを入れるのもはばかれたので、続きの設営を手伝った。
出品数が去年より少なくなったのでパネルの組み立てかたの違いも、枚数を減らすことで辻褄を合わせることができた。
3時半ごろにはほとんどパネルに持ち寄った絵を飾る作業も終わり解散となった。
去年のように設営の責任者ではないが無事設営が終わってホッとした。
文化フェスティバルの設営に来た人に中には写生旅行に参加した上田支部の支部員の人も半数近く来ていたので、写真や会計報告の資料などを渡した。
2018年10月30日 (火) | Edit |
昨夜は、部屋に戻って歯を磨いた後布団に入ったらすぐに寝付いてしまったようだ。
夜中の2時前に暑くて目を覚まし、しばらく眠れなくなったがまた寝入った。
時間はわからないが、雨の音で目が覚めたがまた寝てしまった。
外が明るくなるにつれ同部屋の人が起きる音がしていたが、6時半過ぎまで寝られたので睡眠は十分だ。
7時からの朝食会場はバイキングで結構混んでいたが、座る席が見つからないほどではなかった。
食事の途中で、旅行係女性からフロントで清算しているので来て欲しい、という呼び出しが来たので急いで食事を終わらせてフロントに行った。
会費で足りない分は支部の会計から出してもらうことになっているが、とりあえず全体の費用を会に報告するまでジイが立て替えておくことになっていたので、部屋に戻ってお金を用意した。
予想していたより少ない額だった。
8時45分の出発まで時間があったので、昨日ホテルのベランダからスケッチしたあたりを散策した。
ホテルの横にあるリンゴ畑の回りには3mほどの高さにネットが張られその上には電気柵が張り巡らされていた。
リンゴを収穫に来た人に確認したら、やはりサル対策とのことだった。
今朝もサルが出ていたという。
出荷間際のリンゴを狙われるとのこと、リンゴ農家にとってはサル憎しだろう・・・。
サルよけネットと電気柵
ホテルに戻ったら今日の写生地美麻新行高原に行くバスがスタンバイしていたので、急いで乗り込んだら、いつも記念に撮っている集合写真を撮るのを忘れてしまった。
写生地には9時に到着した。雨こそ降っていなかったが、5月の東御美術会で来た時に見えた爺ヶ岳や鹿島槍の山並みは雲で何も見えなかった。
今日は北アルプスを主題に描くことはやめて、古民家をスケッチすることにした。
美麻の古民家① ジイのスケッチ①
美麻の家並み ジイのスケッチ②
予約していた民宿のお昼のおそばの時間を12時半にして、それまでじっくり描いた。
赤い屋根の古民家と、いくつか並ぶ民家の2か所を描いた。
途中散らばって描いている支部員たちの様子を見て歩いた。
12時半から昼食のそばを食べた。新そばがおいしかった。
迎えのバスが来るのは2時だったので、それまで民宿の食事室でゆっくりおしゃべりをして過ごした。
今回の写生旅行では今まであまり話をしていなかった人たちとも話すことができた。
絵を描く貪欲さも参考になった。
マイクロバスが着いたときに、今度は忘れずに民宿の前で集合写真を撮った。
少し早めに迎えのバスが来てくれたので、途中道の駅にも立ち寄ったが、ほぼ予定通り駐車場まで戻ってくることができた。
写生旅行係としては無事に旅行が終わったことが何よりだ。
自分の絵のほうはいまいちだったが・・・。
家に戻ってから1時間初日の木崎湖の絵やスケッチ3枚の手直しをした。