FC2ブログ
2020年09月20日 (日) | Edit |
いつもより15分早く起きて朝食の準備をした。
昨夜焼いたパンはいつものようにふっくらしていた。
このところ3回ほどパンがふっくらと焼けなかった。
原因がわからないので、イオンで新しく買ってきたドライイーストを使って焼いた。
やはり原因はイースト菌にあったようだ。
パン
今日は東御美術会の例会の日なので、それに出席するが、例会の後上田支部の三役会議をするので、車のない支部長の送迎を頼まれていた。
家を出るのが少し遅くなってしまったので、途中コンビニでお昼のお弁当を買うのをやめて支部長の家の近くまで迎えに行った。
東御美術会の例会は、祢津公民館で静物画を描いた。
画題に用意されていたのは色々あったが、カサブランカを選んで描いた。
人物や花を描くのは苦手なのだが、技術を向上させるためには、苦手を克服しなければいけないので、チャレンジした。
白いカサブランカを描くのは初めてかもしれないが、実際に描き始めるためによく観察してみると、白い花だが花弁の色は光のあたるところ、陰のところ、折れたところ、丸みを帯びたところ、それぞれ色が違っていて、それを絵の具で表現するのにはかなりの混色のテクニックがいることが分かって、他の画題を選べばよかった後悔した。
途中近くのスーパーまで昼食を買いに行った。
昼食をはさんで午後1時半まで描くことになっていたが、1時ごろから描き終えて片付けを始める人もいたので、予定より早く筆を置く羽目になった。
まだ完成というにはほど遠い。またあとでかなり手直しが必要だ。
カサブランカ ジイの絵
東御美術会は1時半で解散となり、1時45分から上田支部の三役会議を始めた。
中断していた例会を10月から開始する方向で決まった。
ただ10月の神川公民館の部屋の予約をキャンセルしているので、再度予約が取れるかどうか、連休明けに確認してから、支部員にハガキで例会の再開を通知することになった。
来年の支部の活動についても話し合い、11月中旬にはコロナの第三波が発生しているか否かが分かるだろうから、その時点で常任委員会を開催して来年度の事業計画を立てることを決めた。
人類にとってどう対応しなければいけないのか先に見えない新型コロナなので、これからのことを話し合っても堂々巡りになるだけだ。
3時過ぎまで話し合って話し合いは終わった。
家に戻った後、4時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
いよいよ本格的に稲刈りが始まったようで、歩いている途中でもコンバインの姿を見かけた。
半袖のポロシャツで歩いていると少し肌寒く感じるような陽気だった。
リハビリウォーキング コンバイン
途中田んぼの脇にいた人と立ち話をした。
同じ町内にある唯一のお店の店主だった。
奥さんは接骨院の常連で昨日も接骨院で先客だった人だ。
長女の家の所有者だった家の家族のことなど話してくれた。
こういう地域では個人情報は筒抜けだ。
我々のこともきっと口の端にのぼっていることだろう・・・。
歩いて家に戻ってくると、家の奥の田んぼが全部稲刈りを終えて大型コンバインが引き上げていくところだった。
畑のタマネギの苗床を覆っていたスダレを外した。
か細いが5センチほど伸びた苗が並んでいた。
タマネギの苗
2020年09月12日 (土) | Edit |
今朝は30分早く起きた。実際には6時ごろから目が覚めてトイレに行ったりしていたので、1時間早くというべきだろう。
ここ2,3日就寝したあとトイレに起きる回数が2回か3回に増えている。
原因の一つに、夜中の気温が下がるようになり、発汗作用が減衰しているからではないかと勝手に自己分析している。
そろそろ寝る前の缶ビールはやめたほうがよさそうだ。
今日は彩明会の例会の日で、7時の段階で、天気の状態で写生にするか、公民館で静物画を描くか決めることになっていた。
朝起きた段階では青空が広がっていたが、次第に雲が増えてきて7時にはほとんど青空がなくなっていた。
ウェザーニューズでは、昨夜の予報では午前10時から雨のマークがついていたが、今朝の予報では曇りに変わっていた。
判断に迷うところだったので、副会長と相談して祢津公民館に集まってから参加者の意見を聞いて決めることにした。
早めの朝食をとった後、出かける前に畑に咲いているコスモスを切って、画題にする用意をした。
8時10分過ぎに家を出て、途中コンビニで昼食を買い、祢津公民館に8時半に着いた。
早くも3人が到着していた。今日は全部で6人だったが、話し合って公民館で静物画を描くことになった。
野菜を持ってきた人もいたので、画題はコスモスと野菜の2種類となった。
ジイは自分の持って行ったコスモスを画題に選んだ。
時間があればコスモスを描き終えた後、野菜も描こうと思っていたが、花のデッサンに時間がかかって、野菜は描けなかった。
午後1時半まで描いた後、それぞれ描いた作品を並べて、顧問がいないので講評ではなく、描いた本人の説明と他の人の質問や感想を述べあった。
画題のコスモス ジイの絵
今日は、あえて顧問の先生を誘わなかった。
これからの会の運営について、顧問のいないところで話し合いたかった。
来週、ジイを含めて3人で顧問と今後のことについて話し合うことに決まった。
顧問が今どれだけの判断能力があるかわからないが、顧問の気持や考えを確認したうえで、今後の会の存続について考えなければならない。
今年の初めに話し合ったときには、顧問の意見で存続を決めたが、来年は顧問不在でも存続させるのかどうか、が大きな要素になりそうだ。
新しい会員が入会する見込みが立たない以上、会の存続は高齢化するだけなのでじり貧になるのは明らかだ。
ただ、10年続いた会をジイが会長の時に解散する、というのは忍びない。
細々ながらでも続けましょう、とジイが言えば存続するかもしれないので責任重大だ。
午後2時前に帰宅したあと、2時半からリハビリウォーキングをした。
昨日は歩いていないので、のんびりしているとまた雨で歩けなくなると思い、出かけた。途中一度だけポツンと雨が落ちてきたが、それきりで1時間無事歩くことができた。
歩いた後畑の様子を見に行った。
種を蒔いてから10日目になるが、ダイコンの葉は、二葉から四葉に育っていた。
早く間引きしなければいけない。タマネギも順調に発芽していた。
ダイコンの芽 タマネギの発芽

2020年09月03日 (木) | Edit |
今朝は30分早く起きて、プラごみを公民館まで来るまで出しに行った。
空が抜けるような青さだった。天高く馬肥ゆる秋、という感じの空だった。
朝の空
今日は東御美術会の例会の日だが、写生のためいつもの祢津公民館ではなく中央公園に8時半集合なので、朝食の後片づけはバアに任せて、7時45分に家を出た。
まだ通勤時間帯の最中だったので道路は少し混んでいたが、中央公園には8時15分に着いた。
他に誰も来ていなくて1番だった。
コロナ禍のせいかいつも早く来るような人たちが欠席だった。
待っている間に雨が降ってきた。雨雲が流れているので降り続くような雨ではなかった。
結局5人しか集まらず、話し合って明神池に行くことに決まった。
人数も少ないので、各自自分の車で行くことになった。
明神池ならジイの家にも近いので大歓迎だった。
明神池
明神池に着いて、絵を描き始めたころには陽射しが眩しいので、木の下の木陰を選んで描いた。
10時半を過ぎたころから雲行きが怪しくなってポツポツ雨が落ちてきた。
水彩画にとって雨は難敵、すぐに片付けるしかない。
明神池のキャンプ場の炊事場の屋根の下で雨宿りをした。
11時過ぎまで止むのを待ったが、止まなかったので写生は撤収することにした。
我が家の近くまで来ているので、お昼を我が家で食べようと提案して、自宅へ案内した。
しばらくおしゃべりをして12時になったのでお昼を食べようとしたが、みな遠慮して帰ることになった。
みんなを見送った後、いつものようにバアと二人で静かに昼食を食べた。
午後は、ジイ小屋で、午前中描きかけになっていた絵を仕上げた。
今日仕上げないと次はいつになるかわからない。
今回もできとしていまいちだった。はじめの構図では池の面積が大き過ぎて、あとから手前の雑草や木の枝を加えたが、彩色する前のデッサンの段階で、池の大きさを意識して構図を決めなければいけなかった。
見えている景色をそのまま描いてもいい風景画にはならない。
雨宿りしているときに、日本水彩画会の会員のMさんの絵を見せてもらった。
ジイの近くで描いていたので、同じように見えているはずだが、画用紙に描く絵がこんなにも違う・・・。
ジイの絵① ジイの絵② 会員の絵
今日の絵を仕上げた後、前回の例会で描いた人物画の修正などもした。
絵の上達は数を重ねるしかない。
コロナ禍でずいぶんとさぼってしまった。これも後退の原因だ。
4時半ごろまだ空には雨雲が見えているが、リハビリウォーキングに出かけた。
ジイは昨日の農作業でたっぷり歩いているが、バアは昨日ほとんど歩いていない。
今日は少しコースを変えていつもとは違う道も歩いた。
田んぼを見ると、水抜きが始まっていた。
いよいよ稲刈りに向けた準備が始まった。立て続けに台風が来ているが、稲刈りまでに大きな被害が出ないことを祈る。
歩いている途中で農業生産法人の若者が道路の端で休憩していたので話を聞くと、今年は梅雨明けの晴天続きで生育が早まっているので、稲刈りが早まるかもしれないとのことだった。
リハビリウォーキング 水抜きが始まった田んぼ
リハビリウォーキングから戻ると、浅間山の景色が朝とは打って変わって、おどろおどろしい景色に変わっていた。
夕方の空
今日も長野県のコロナの感染者は12人と二けたになった。
昨日は初めての死者も出た。全国的にはピークを過ぎたように報じられているが、長野県は1週間単位で見れば今が最悪だ。
2020年08月23日 (日) | Edit |
7時前に目が覚めたのでそのまま起きてジイ小屋に行って水彩画の道具を準備した。
今日は東御美術会の例会があるが、昨日午後から雨が降ってきたので、用意することができなかった。
今日の例会は祢津公民館で行われるので、8時20分に家を出て、途中コンビニで昼食を買ってから行った。
8時50分に到着した。まだコロナ禍の中、参加者は10人だった。
前回に続き、別のモデルさんだが人物画を描いた。
今回も初めにデッサンは木炭を使った。
静物画や人物画の時は、木炭で構図をとったほうがいいような気がする。
顔の位置、手足の長さなど何度も修正した。
木炭でおおよその構図が決まったら、木炭を落とすのに使う激落ちくんというスポンジを入れていくのを忘れたので、木炭をきれいに落とすことができなかった。
最後は消しゴムで落としたが、紙の目に汚れが入って完全には落とし切れなかった。
モデルさんには、15分やったら10分休憩という時間で午前中6回、午後は1時から2回やって描くのは終了した。
10号の紙に描いたが、前回と同様大まかな仕上げまで描くことができた。
描き終わった後は、全員の作品を並べて会長の講評を受けた。
人物画も続けて描くようになって、みんな上手になっている。
やはり絵の上達には数を重ねることが大切だと痛感する。
人物画は苦手だからと敬遠してはいけない・・・。
モデルさん 木炭のデッサン 仕上げた人物画
2時過ぎに終了したあと、帰りがけにベイシアに行ってペット飲料2ケースなどを買って家に戻った。
車に表示される外気温は35℃になっていたが、家に戻るとデッキの温度計は29℃だった。
風があって、その風は少し涼しげだった。
クーラーを点けなくても過ごせる室温だった。
かつての高原の夏の涼しさが戻ったような感じだ。
今日も遠くで雷が鳴っていたが、雨は降らなかった。
5時過ぎに一応折り畳み傘を持ってリハビリウォーキングに出かけた。
強い陽射しもなく、涼しい風が吹いていて気持ちよかった。
リハビリウォーキング
いつも同じような時間帯にウォーキングしている人と今日は2度もすれ違い、声を掛け合った。
実は、何度か接骨院でも行き会っていてこちらは名前も知っていたが、あちらは知らなかったようで、今日初めて名乗って接骨院との関係も話した。
年齢までは知らなかったが、84才らしい。
いつも同じぐらいの時間、距離を歩いているようだ。
お隣のヤマちゃん夫妻とも出会った。
ウォーキングにはいい日和だったようだ。
1時間歩いて戻ってくると、ちょうど日没の時間となった。
日没
夜、ブルーベリージャムを作った。
最後のブルーベリーを摘み、今まで冷凍保存していた実と合わせてジャムを作った。
ブルーベリージャム
2020年08月08日 (土) | Edit |
今朝は6時過ぎに目が覚めた後眠れなくなったので、6時半に起きた。
今日は彩明会の例会が半年ぶりに再開されるので、顧問の先生の送迎のことや、画題の用意など思いめぐらしている間に頭が冴えてきてしまった。
早めの食事を終えた後、7時半に顧問の先生に電話をして8時半に迎えに行くことを伝えた。
一昨日同じことを伝えてあったが、初めて聞いたような返事だった。
顧問を車に乗せた後、近くのコンビニで昼食を一緒に買った。
会場の祢津公民館に行くと、副会長のAさんが会場づくりを全部済ませてくれていた。
画題で、我が家で採れたジャガイモ、ダイコン、ナス、トマト、ピーマンを並べた。
他にブドウなどの果物も持ってきてもらってあったので、それぞれの画題に取り組んだ。
画題① 画題②
ジイは、はじめから今日は2枚描くつもりで画用紙を用意していたので、ダイコンだけで1枚、他の野菜で1枚を描いた。
顧問は、自分では描かずに今日出席した4人に、アドバイスすることに専念していた。
顧問にはもう10年教えを乞うているが、絵を描くことが好きな先生だったので、まずはお手本とばかりに自分で画用紙に向かって描くのが日常だった。
今日は重たいお絵描き道具を持ってきたのにそれを出そうともしなかった。
もうしばらく絵筆を持っていないとのことだった。
昼食をはさんで、午後1時半まで2枚描き上げた。
今日も2枚の絵を描く最初のデッサンは木炭を使った。
構図を決めるのに、木炭のほうが鉛筆よりも自由自在だ。
木炭で決めた構図の沿って、あとから鉛筆でなぞり、木炭を払い落すのは二度手間なようで、実際には時間的には短縮できたように思う。
ジイの描いた絵① ジイの描いた絵②
顧問から簡単な講評をいただいた後、使った椅子やテーブルを消毒し、室内を清掃して解散した。
画題に使った野菜は欲しい人に配った。
顧問を自宅まで送り届けた後家に2時前に戻った。
次女に、またキュウリなど野菜が欲しいかLINEで聞いたら、欲しいというので、畑に行ってキュウリやダイコン、ネギ、インゲンなどを大急ぎで収穫し、箱詰めした。
そろそろキュウリは収穫のピークを過ぎたようだ。
今まで食べても食べても在庫が減らなかったが、彩明会の人と次女宅に送って、何とか一段落した。
5時ごろクロネコヤマトの営業所に行ったら、ジイの受付をしている間にどっと発送する人がやってきて受付が混んできた。
今年はコロナの影響で帰省する人が減り、その分実家から荷物を送る人が増えているらしい。
クロネコから戻った後、リハビリウォーキングに出かけた。
湿度の高い空気層があるらしく太陽がぼんやりと輝いていた。
少し風があったので暑さはしのげたが、汗で背中が濡れた。
リハビリウォーキング
歩いている途中の田んぼにイネに稲穂が出ていた。
2,3日前までっ気が付かなかったが、あっという間に穂が出ているので驚いた。
イネ 稲穂
1時間歩いて家に戻った後、野菜の水やりをした。
みな葉が丸まってきていた。
ジョーロで水を撒くぐらいでは焼け石に水なのだが・・・・。