FC2ブログ
2019年01月12日 (土) | Edit |
今朝もマイナス9℃と冷えたが、さらに濃い霧に包まれていた。
東京ではもう20数日雨が降らず乾燥しているというが、こちらは霧が出るだけ乾燥はしていないのだろう。
朝霧
今日はいつもより30分早く起きた。今日は彩明会の新年の総会の日だ。
新年総会ということでお昼はみんなで仕出し弁当を食べることになっていたので、バアにお弁当を作ってもらわなくても済むが、久し振りにFさんを乗せて、祢津公民館に行って会場作りをしなければならないので、早めに家を出た。
8時半に祢津公民館に着いたが、すでにもっと早く来ていた人たちで会場が作られ暖房で講堂も暖かくなっていた。一
人を除き、他の8人が9時前に揃ったので総会を始めた。
遅れていた一人は、地元のドント焼きの行事に参加していて忘れてしまっていたようで、電話で呼び出して後からやってきた。
年齢的に忘れやすい年になって、みんなが他人ごとではないので、寛容になっている。
今年の年間の事業計画では、案作りに苦労したが話し合いの結果いろいろ意見が出て、写生地は7か所のうち5か所変更になったので、来月までに新しい計画を印刷し直して配ることにした。
来月の会員展の役割分担なども決めて会議は終了した。
その後、30分ほど来月の会員展に出品予定の作品研究会を行った後11時半から食事会をした。
12時ごろには食事も終わったので、ジイともう一人のIさんは佐久近代美術館で行われる授賞式に参加するため中座することになったが、他の会員も片づけをして解散することになった。
授賞式は、主催者の佐久市の市長や教育長、議長なども出席する式典だった。
受賞者は全部で15人だった。そのうち新人賞は4人で、二人は女子高校生だった。
これからの若い人に交じって71のジイが新人賞というのもなんともこそばゆい感じだった。
審査委委員長は元日展審査員の日本画家と審査員は二紀会理事の女流洋画家、東京芸大名誉教授の合計三人だった。
授賞式のあとの審査委員長の受賞作品の鑑賞会での講評では、ジイの絵については3人の委員全員が推挙してくれたという話をしてくれたので、素直に喜ぶことにしよう。
今年の日本水彩東京展に出品する候補作の1点にすることにした。
授賞式 賞状 作品鑑賞会

2019年01月09日 (水) | Edit |
今年二度目の積雪となった。前回と同じように1,2㎝程度だ。
北信では大雪になってしなの鉄道が動けなくなるほどの積雪になったようだが、東信のこの辺ではそれほどの雪は降らない。
9時ごろまで雪が降ったがその後は雪雲が流れ去って青空が出てきた。
道路や駐車場の雪は、竹箒で掃くと軽く飛んでいくので力が要らない。
掃いた後は太陽の光ですぐに融けて消えた。
ため池は全面結氷の上に雪が積もって真っ白になった。
朝の雪 ため池に積もった雪
今年最初のコープ長野の配達があった。雪
で遅れるかと思ったがいつもと変わらない時間にやってきた。
午後から、佐久近代美術館で開催されている「佐久平の美術展」を見に行った。
最初の展示室にジイの絵も展示されていたが、周りの作品も受賞作なので、引き立て役になっていた。
日本水彩上田支部の二人も一緒に受賞していた。二人は何度もこの美術展で受賞している人たちだ。
ジイの絵のところでバアに記念の写真を撮ってもらった。
佐久近代美術館入口 展示室 姨捨の夕陽の前で
美術館を出た後、美術館が建っている公園の中をバアと20分ほど歩いた。
雪が積もっていて風も冷たかったが、思ったほど冷えていなかった。
足を伸ばせば何度か歩いたことのある長野牧場につながっている公園だが、今日は無理をせずにそちらまで行かずに短めに切り上げた。
公園でウォーキング
2018年12月29日 (土) | Edit |
今朝もマイナス8℃まで下がっていた。8時の時点でもマイナス5℃だった。
午前中はときおり風花が舞っていた。
冷たい風が吹き続けて、日中も気温が氷点下の真冬日となった。
これも全国的な年末の寒波なので耐えるしかない。
風花が舞う
とてもリハビリウォーキングする天候ではなく、バアは室内のウォーキングマシンで午前、午後各30分ずつ歩いていた。
ジイは、30分だけマシンで歩いただけだったので、5,000歩に届かなかった。
今日はうれしい便りが二つあった。
一つ目は、我が家のイロハモミジの木につがいのシメがやってきたことだ。
ここ数年シメの姿を見るのはまれだった。
猫たちが居ついてからほとんど庭に姿を見せなくなったので、もうこの辺りには警戒して来ないのではと思っていた。
まだ渡ってきて間もなくなのだろう。まずは下見に来たのかもしれない。
シメと時期を同じにしてツグミの姿も見られるようになった。
シメ
二つ目の朗報は、佐久近代美術館からだった。
先日、佐久近代美術館の「佐久の美術展」の公募展に出品したが、その選考結果が郵送されてきた。
入選というだけではなく、新人賞の受賞通知だった。
今回初めて応募した結果が新人賞という結果になって、何となくこそばゆい感じだ。
70過ぎのジイさんが新人賞というのもなんだかなー、という感じだが賞を授けてくれたことを素直に喜ぶことにしよう。
大げさに10年間水彩画を描いてきた集大成のような気持で描いた「姨捨の夕陽」という絵だが、まさか受賞するとは思っていなかった。
今回出品することを勧めてくれた彩明会の会員の人も奨励賞を受賞したとのこと、一緒に受賞できて心強く感じた。
この絵を年賀状の挿絵に使ってよかった。
来月12日に授賞式もあるという。その日は彩明会の総会の日なので、どうしたものか・・・。
額装した絵
2018年12月14日 (金) | Edit |
今朝も晴れて冷え込んだ。冷たい風が吹いていて、温度計のマイナス2℃よりずっと寒く感じた。
佐久近代美術館に絵を持っていくので、車の後部座席を倒して、50号の額を積み込もうとしたら、車が汚れているので洗車することにした。
外水道はまだ凍るところまでにはなっていなかったが、手が冷たいので家の中の温水を汲んでウェスで拭いた。
本格的な寒さになると、濡れたウェスで拭くと、拭いた先から凍ってしまうので洗車はできない。
今日はそこまでにはならなかったが、洗車が終わってゴム手袋を脱いだ後、手が痛く感じるような寒さだった。
10時から受付が始まるので、9時半過ぎに家を出て美術館に着いたら10時10分になっていた。
初めての出展なのでまごついたが、入口を入るとすぐに係の人が案内してくれた。
最初に額縁のサイズの検査があって、そのあと書いていった出品票のチェックと出品料の支払いを済ませた。
受付番号で8番目だった。30分ぐらいかかるかと思ったが、10分もかからずに絵を預けて帰路につくことができた。
審査の結果は後日郵送で知らされるそうだ。
美術展は年を開けた1月4日から1か月間開催される。
あまり落選はなさそうだから入選だけは大丈夫だろう。
11時に家に戻って来れたので、リハビリウォーキングでもしようかと思ったが、バアは外が寒いので家の中にあるウォーキングマシンですでに歩いた後だった。
午後からは、日本水彩上田支部の常任委員会が2時から、そのあと4時からは納会が上田の「ささや」で行われるので、1時過ぎに家を出た。
彩明会の顧問の先生の家に迎えに行き、先生を乗せてささやに行った。
常任委員会の議題は、年明けの総会の議案についての協議だ。
事前にジイが頼まれて作成した資料に基づいて協議が進められた。かなり内容が変更されたところもあって、総会までに改めて内容を修正し、印刷する必要がでてきた。
そういう事務的なものを処理するのがジイの役割なので仕方がない。
常任委員会は3時半で終了し、納会は4時から同じささやの別室で行われた。
今回は参加者が21名と少し少なかった。
5時半でお開きとなり、いつもは先生や彩明会の人と近くのガストでお茶をしてから帰るのだが、今回は先生が早く帰るというので、自宅まで送って家に帰ったので、6時半には家に帰ってきた。
ちょうど帰宅ラッシュで道路が混んでいて、帰りは時間がかかった。
久し振りの夜の運転でほかの車のライトが眩しかった。
白内障が進行しているのかもしれない。
2018年12月11日 (火) | Edit |
今朝は今季一番の冷え込みとなった。
玄関前の温度計では、最低気温がマイナス8℃を指していた。
家の北側のため池が半分凍っていた。これも今季初めての結氷だ。
ため池の初氷
午前中はなかなか気温が上がらず氷点下のままだったので、リハビリウォーキングは午後に持ち越した。
時間ができたので、ジイ小屋で姨捨の夕日の絵の続きを描いた。
気が付いたら12時になっていた。
昼食あと、リハビリウォーキングに出かけた。
太陽は出ていなかったが、風がないので温度計の気温は3℃だったのにあまり寒さは感じなかった。
歩いているうちに、太陽も出てきて暖かくなったが、風も少し出てきた。
今日は明神池までの最短コースで歩いた後、久しぶりに池を一周した。
家に戻ってきたら、1時間40分も歩いていた。歩数計も1万歩を超えていた。
途中、中八重原の水車小屋の水車が凍っていた。
水車小屋 リハビリウォーキング
3時から午前の続きで姨捨の夕日の絵を描いた。
5時過ぎで、ほぼ最初の完成を見た。
今月の5日から描き始めてちょうど1週間で描き終えた。
50号の絵をこんなに早いペースで描いたのは初めてだ。
集中すれば描けることが分かった。
これも財布を落として落ち込んでいた時に描き始めてすぐに財布が見つかった連絡があったことが、精神的に弾みになったのかもしれない。
いい絵になったかは何とも言えないが、水彩画を初めてちょうど10年近くになって、今まで習得した技術の集大成と言ってもいいかもしれない。
夜、佐久市立近代美術館で開催される「第33回佐久平の美術展」への応募票に「姨捨の夕陽」という題を書き込んだ。
完成した姨捨の夕陽の絵
6時ごろから雪が降りだした。これも今季初の雪だ。
10時過ぎには2,3㎝の積雪になっている。明日の朝が楽しみだ。
初雪