FC2ブログ
2020年11月26日 (木) | Edit |
今朝はまた氷点下まで気温が下がったようで、家の前に広がる畑は霜で白くなっていた。
朝日が当たってその霜が融けて湯気が立ったように白くたなびいていた。
朝の霜
今日もリハビリウォーキングは午前中に実施。
10時には朝の冷え込みも和らいでいた。
今日はいつもと逆のコースを歩いた。
歩くエリアはアップダウンの多いところだが、いつも最初に長い上りを歩くので、バアは途中で息切れする。
今日は最初の10分ぐらい比較的下りが多かったので、それがちょうどいいウォーミングアップになったのか、バアの足取りが軽かった。
空は秋らしいうろこ雲になっていた。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
家に戻ってから、昨日夜中まで4Kチューナのセットアップで書けなかった昨日のブログを半分ほど書いたが午前中には書き終わらなかった。
午後1時過ぎに神川公民館に、申請書を出しに行った。
昨日は、パートの職員さんの勤務が1日休みの日だったので、午前中いってもいなかったようだ。
申請書に記載した、来年4月からの1年間の利用予定は、優先的に入れてもらえるようだ。
書類の中で2,3点記載ミスがあったが修正して受理してもらった。
昨日出たついでにいろいろ買物に歩いたが、今日はどこも寄らずに家に戻った。
帰宅してから、昨日のブログを仕上げてようやく4時前にアップできた。
夜やっと前支部長と電話がつながった。
来週、上田市と東御市に来年の支部展の名義後援依頼に行く打ち合わせだ。
明日両市の事務局にアポを取ることになった。
2020年11月15日 (日) | Edit |
今朝は今季一番の冷え込みになった。
家の南側の畑が霜で白くなっていた。
近くの気象観測所の最低温度はマイナス4.9℃だった。
朝の霜
空には雲一つなくお出かけ日和だが、今日も東御美術会があるので、ジイだけで8時半に出かけた。
会場は、昨日の彩明会と同じ祢津公民館だ。
東御美術会も、今日は常任委員会を午後からやる予定があるので、絵を描くのは午前中だけとなった。
画題の一つは、昨日ジイが家から持って行った百匁柿で、昨日同じ会場なので置いていったものだ。
他に菊の花もあったが、午前中だけではとても描き切れないので、先日上田支部で描いて、完成していなかった菊を描いた絵を持って行ってあったので、それを完成させることにした。
日本水彩画会の会員である上田支部の重鎮たちも、東御美術会の常任委員になっていて、朝から来ていたので、いろいろ指導してくれた。
何とかお昼までに仕上げることができた。
完成させた絵
途中、絵を描くのを中座して、祢津公民館に近いスーパーで駅弁大会をやる新聞折り込みが入っていたので、昼食用にそれを買いに出かけた。
お昼を食べた後午後1時から常任委員会が行われた。
議題の中心は、来年度の事業計画だったが、ほぼ庶務が用意した計画案で決まった。
今年で、常任委員を始めて三役など執行部の任期が終了するが、今年行う予定だった70周年記念事業が、コロナの影響で中止となったので、その事業を終了させるまでは、現体制で引き続きやって行くことになった。
世代交代をすべきという声も上がったが、次の世代を担える人が育っていないのが実情だ。
ジイのような世代が、まだ会の中では若手になるということ自体が、組織としては大きな問題だ。
ジイたちの世代までは、ほぼ60才を節目として現役を退き、その後の自由な時間を生涯学習の道に進もう、という人も多かった。
ジイもその一人だが、ジイの後の世代は、年金支給開始年齢が年々遅くなり、そのために働かざるを得なくなってしまって、市の主催する生涯学習講座も受講生が少なくなっているか、高齢化が進んでいるかのいずれかで大きな岐路に立っている。
昨日の彩明会も、今日の東御美術会でも、生涯学習講座で育って人の受け皿になっているが、新しい人が入ってこない、人も育たないという問題に直面している。
2時過ぎまで協議して委員会は終了した。
帰りに、上田支部の支部長を自宅まで送り、上田創造館の利用申請書に必要な支部の角印を預かった。
2時半過ぎに家を戻り、リハビリウォーキングに出かけようと思っていたら、バアは午前中に一人で1時間歩いてきたと言うので、ウォーキングは中止した。
昨日の午後からトラクターが暗くなるまで南側の畑を耕していたので、それを見に行った。
昼間トラクターが動くのはよく見るが、夜暗くなってからライトを付けて動かしているのはあまり見かけない。
かなり広大な畑を1台のトラクターですっかり耕し終わっていた。
またこれから麦を蒔くのだろうか?
去年から今年にかけて麦を蒔いたので、絵になる景色になった。
今年もそうなって欲しいものだ。
耕された畑
2020年11月14日 (土) | Edit |
今日は彩明会の例会があるので、いつもより15分早く起きて朝食の準備や出かける準備をした。
8時15分に家を出て、途中コンビニで昼食を買ってから祢津公民館に行った。
8時40分に着いたが、すでに会場にテーブルと椅子が並べられ、暖房も点いていた。
いつも早く来て準備をしてくれる会員がいる。
申し訳ないと思うが、同じように早く来て手伝う、というのは真似ができそうもない。
一人欠席したが残り6人で今後の彩明会のあり方を協議した。
指導者として会の設立から今日まで先頭に立って頑張ってくれたO先生が、今後指導を引き続きお願いすることが難しい状況の中で、会として存続するのかそれとも解散するのか話し合った。
それぞれ考え方に温度差はあったが、存続するという意見が大勢を占めた。
O先生については、形だけでも名誉顧問として残ってもらうのが、今までお世話になったものとしての義理人情ではないか、という意見があった。
指導者がいない形での存続をイメージしていたジイには、心にぐさりとくる言葉だった。
ジイとしては今の会員だけではいずれじり貧になることは目に見えているので、今後は特に指導者を置かないで同好会として門戸を広げていくことを考えていた。
今のジイの周りの水彩画を描く人の中では、O先生の指導に反発をしてきた人もいる。
それを考えると、名誉顧問になったとしても「O先生の作った会」というイメージが払拭されるわけではないので、会員を増やすのは難しいかもしれない。
何か今日の社民党の党大会の議論とダブるような感じだ。
じり貧覚悟で存続することに同意し、来年3月の会員展も実施する方向で準備することになった。
10時まで話し合った後、静物画をみんなで描いた。
他にも画題が用意されていたが、ジイが持って行った百匁柿を全員で描いた。
昼食をはさんで午後1時半まで描いた後、それぞれ描いた絵を並べて、描いた人からは描いた狙いや描き方で苦労した点などを話してもらい、他の人が感想や意見を言う形で講評を行った。
これからは、こういうやり方でお互いの技量を高めることになるのだろう。
画題 ジイの絵 講評
2時前に解散したので、家には2時半前に戻ってきた。
3時にリハビリウォーキングに出かけた。
今日も青空で雲がほとんどなく、空気も澄んでいて山並みがくっきりと見えた。
歩いている途中でバアが急に立ち止まったので何事かと思ったら、ヘビが道路に出ていた。
朝晩氷点下まで下がるようになったこんな季節は、もう冬眠に入っているのかと思っていたが・・・。
大きさからいうと今年生まれたヘビだと思うのだが・・。
鎌首を持ち上げていたので、死んでいるわけではなさそうだが。
リハビリウォーキング ヘビ
リハビリウォーキングから戻った後、立科町のツルヤに買物に行った。
夕方の時間に行くのは滅多にないが、レジに行列ができるほど混んでいた。
昨日も今日もコロナの感染者が、記録を更新している。
長野県も昨日23人の新記録となったが、今日も19人出ている。
多くは長野市や北信だが、隣接する小諸市や上田市でも感染者が出ている。
これではまた水彩画関係の活動自粛を考えなくてはいけなくなる。
2020年11月10日 (火) | Edit |
先月から再開した日本水彩上田支部の例会のある日なので、いつもより15分早く起きた。
支部長としなの鉄道の大屋駅で待ち合わせをし、支部長を乗せて神川公民館に行くので、8時半に着く電車の時刻に合わせて家を出た。
外の気温は3℃だったが、さらに冷たい風が吹いていて体感的には寒く感じた。
今日の例会は、午前中いっぱいにして、そのあと来年度に向けた活動方針を決める常任委員会の会議をやることになっていた。
コロナ禍の活動なので、今までのように午前から午後まで通しで公民館を使うことができない。
さらに飲食も禁止されているので、お昼でいったん区切りをつけなければならない。
絵を描くのは9時から12時までということで、画題は菊の花を選んで描くことにした。
他にも野菜や果物などの画題もあったが、今の時期にふさわしい菊の花を選んだ。
水彩画を始めてからしばらく、花を描くのは難しいので敬遠してきたが、最近絵の上達のためには、正確な描写や色彩の配置、構図など絵を描く基本の要素が詰まっている、と思うようになった。
そんなことを思いながら描いていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。
11時半ごろから周りが道具を片付け始めたので落ち着いて描けなくなり、ジイも筆を置くことにした。
画題の菊の花 ジイの描いた絵
いったん例会を閉めた後昼食を取らずに続いて、常任委員会を開催した。
昨夜作成した資料に基づいて会議を進めた。
事業計画についてはほぼ原案に沿って了承された。
今年は予定していたほとんどの事業が行われなかったので、予算ではかなりの金額が次年度に繰り越しになる。
そのため、来年度の支部員の年会費は半額とする案も了承された。
また今年度の役員手当は、支給しない、という提案をしたが、支給対象となっている正副支部長、庶務、会計は、事業はなくても様々な仕事はあったはずなので、せめて半額支給ではどうかという意見が多数を占めて、そのようにすることになった。
毎年1月に宴会場ささやで行っている総会、新年会については、新年会は中止し、総会だけ神川公民館で行うことになった。
午後1時まで会議をして解散した。
支部長と一緒に東御市文化会館まで行って、来年10月の上田支部小品展の会場の申し込みを正式にした後、支部長を自宅近くまで送ったので、家に戻ったのは2時を過ぎていた。
お昼を食べてないので、バアに用意してもらって遅いお昼を食べた。
長女から、接骨院に来るときにネギとダイコンを持ってきてというリクエストがあったので、畑で収穫したあと、接骨院に行きがてら長女に届けた。
接骨院は先客が一人いたので少し待ったが続けて施術を受けた。
少し施術室が冷えているように感じたので暖房を点けてもらった。
ついこの間まで暑い時があったのに、いつの間にか暖房が欲しくなる季節になった。
施術を終えた後、家にいた長女にコーヒーを淹れてもらってご馳走になった。
5時になったので家に帰ることにしたが、外はもう薄暗くなり始めていた。
2020年10月13日 (火) | Edit |
いつもより15分早く目覚ましをセットして起きた。
カーテンを開けると朝日が眩しかった。
今日は上田支部の半年ぶりの例会の再開の日だ。
昨日車を運転しない支部長から、会場の神川公民館に近いしなの鉄道大屋駅に迎えに来て欲しい、という連絡があった。
自宅近くまで迎えに行くと申し出たが、遠回りになるからと固辞された。
10分か15分の違いなのだが・・・。
朝食の準備をしていたら7時に電話があって、副支部長が行けるようになったので送迎は副支部長にお願いすることになったとのことだった。
当初の予定より5分遅れで家を出て神川公民館に向かった。
途中コンビニで昼食を買ってから行った。
今日の例会は、今年6月に予定されていた日本水彩展に出品するために準備していた作品を持ち寄って作品研究会をすることになっていた。
会員の3分の2にあたる20人が集まった。
全員が作品を持ち寄ったわけではないが15人ほどが1点から3点ほど持参したので、それぞれ順番に前に展示して批評し合った。
作成途上の作品もあったが、入選間違いなし、賞を取るのではないか、と思えるような力作もあった。
いつも当落線上にあるジイの作品が霞んで見えた。
コロナ禍でもじっくり制作に取り組んでいる人もいる。うかうかしていられない・・・。
上田支部
一人平均15分で、研究会が終わったのは12時半を過ぎていた。
午後にまたがる予定だったが、コロナ対策で午前と午後で区切らなければいけないことと、食事を館内ではできないことなどから、お昼過ぎまで続けて全部終わったところで解散することになった。
解散後有志でイタリアンレストランに食事に行くというので、コンビニで買ったお昼があるが、レストランの食事に付き合った。
結構お店は混んでいた。
市のクーポンが使えるお店なのでそれも影響しているのかもしれない。
今月末で市のクーポンの有効期限がきれるので、まだ残っているクーポンを使いにバアとまた食べに来ようか?
午後3時前に家に戻った後、バアとリハビリウォーキングを兼ねて接骨院に歩いて行った。
ちょうど他のお客さんがいなかったので、すぐに続けて二人とも施術を受けることができた。
早めに終わったので、少し遠回りをして家に帰った。
旅行に持って行く肩掛けとリュックとしても使えるバッグを先日買ったので、試しにそれを使って見た。
普段のウォーキングの時にも飲み物や折畳傘も入れられる大きさだ。
後姿をバアに撮ってもらった。
リハビリウォーキング ジイのバッグ