FC2ブログ
2019年09月14日 (土) | Edit |
朝6時に起きるため昨夜は12時前に就寝した。
今日は彩明会の例会で、八千穂高原に写生に行くことになっていた。
朝起きると、昨日までの天気と打って変わって快晴だった。
絶好の写生日和で会員たちも喜んでいるだろう。
昨夜電話で確認して、7時40分に迎えに行くことになっていた顧問の先生の家に行くため、早めの7時20分に家を出た。
バアがお昼のお弁当を作ってくれていたので、コンビニに寄らずに済んだ。
35分に着いたがいつもなら早めに待っている先生がいないので自宅の呼び鈴を押すと、奥さんが出てきてまだ就寝中とのことだった。
昨夜電話で時間も確認したはずなのに・・・。
玄関には絵の道具が置いてあった。
しばらくして先生が出てきたが、やはり寝ていたらしくパジャマ姿だった。
8時に北御牧総合支所に集合になっているので、これ以上待つわけにはいかないので欠席にしてもらって北御牧総合支所に行くと、すでに全員揃っていた。
最近、先生が例会を忘れることが多くなったので、必ず前日には電話して確認するようにしていたが、今朝のようなことが起きると、今後どう対処するか難しい問題になった。
8時前に出発して、佐久まで行き佐久南インターから八千穂高原まで無料の高速道路を走った。
高速を降りてメルヘン街道を走って八千穂高原の白樺林が間近に見られるドングリ小径に行った。
ジイはそこで白樺林を描きたかったが、トイレもないところなので、そこは見るだけにしてその後八千穂レイクという人造湖に行った。ちょうど9時だった。
ここで写生することにして、写生ポイントを歩いて探したがなかなか見つからず、最終的には白樺の木の間から見える八千穂レイクを各ポイントが見つかって、一緒に行った6人全員がそこで描いた。
人造湖だがニジマスの管理釣り場になっていて、10人ぐらいがフライやルアー釣りをしていた。
中には腰まで水に浸かって釣っている人もいた。
午後1時までそれぞれ好きな場所を選んで描いた。
林の緑、湖の水面、手前にある釣り堀などいろいろ要素を入れて描いたら遠近を表現するのに苦労した。
まだまだ手を加えなければ完成とは言えない状態だったが、時間が来たので筆を置いた。
八千穂レイク 今日描いた絵 
午後1時過ぎに出て帰路に着いたが、インターを降りて正面にある道の駅に急遽予定を変更して立ち寄った。
場所がいいのと、3連休の初日で天気もいいということで、大変混んでいた。
道の駅の中にある農産物直売所で今が旬のプルーンをお土産に買った。
みんなでおいしいソフトクリームを食べた後北御牧総合支所に帰ってきた。
ここで解散になった後、先日頼まれていた画集を作ったIさんの家に行った。
過分な謝礼をいただいてしまったので、そのお返しとして60号の紙を貼った型枠を作ってあげようと思っているので、参考になる型枠の寸法を測りにいった。
家に帰った後、上のサイズを間違えていた「春近し白馬鑓」の絵の修正をした。
なんとか構図的に大きく崩れないで手直しできたと思う。
全部修正したあと額に入れてみた。
馬子にも衣装で、何とかみられる風景画にはなったのではないか?
白馬鑓の絵
昨日送られてきた日本水彩の会誌に、6月の東京展が特集記事で掲載されていた。
その中で、日本水彩の役員たちが手分けして出品作品の講評を書いた記事があった。
今回の記事では会員や会友へのコメントは減らして、一般の応募者の入選作品に対する寸評が多く描かれていて、ジイの絵にも講評が書かれていた。
こういう企画で自分の作品について書かれるのは悪い気はしない。かえって嬉しいぐらいだ。
今後もこういう形で多くの応募者の講評をするようにして欲しいものだ。
2019年09月10日 (火) | Edit |
今日は日本水彩の上田支部の例会の日なので、朝食の片づけを早々に済ませて家を出た。
支部展直前の例会なので、報告することや打ち合わせすることが多い。
来月の写生旅行について例会参加者に資料を渡した。
9時半から静物画で花を描き始めたが、支部長や庶務の人たちと来週に迫った支部展搬入までの段取りなど話し合いが10時半過ぎまで行われたので、ジイは花を描くことができなかった。
今日の画題の一つ
支部展に出品する「春近し白馬鑓」の絵を持って行ったので、支部長や日本水彩の会員の人たちに講評してもらった。
P版の50号に描いた絵なのだが、縦描きの場合は、F版のほうが横に広がりが出るので、Fの50号にすればよかったと言われてしまった。
今まで師と仰いでいたO先生は、風景画はP版で描くようにと指導して来られたので、縦でも横でも同じだとばかり思い込んでいた。
確かに指摘されるように、縦構図でしかも三角の山を描いているので、縦長の画面が目立つ。
いまさら紙の大きさは変えられないので、これはこれで行くしかないが・・・・。
林の右奥の建物は不要といわれ、中継の左側の林はもっと広げるように、などなどいろいろ指摘を受けてしまった。
残り1週間でどこまで修正できるかわからないが、指摘されたところを受け止めて、直すしかない。
家に帰ってから指摘されt箇所周辺の絵具を落とした。
手直しのため色を落とした絵
お昼の近くなったので、花の静物画を描くのは諦めた、
お昼を食べた後、みんなより先に帰ることにした。
はじめにケーズデンキに行って、Iさんの画集の残り3冊分のマット紙を買った。
その後上田アリオに行って、長女から頼まれていた小布施堂の栗かのこを取り寄せてもらうよう注文した。数量が多いのでやはり取り寄せるのに時間がかかるとのことだった。
退職の記念品に考えているようだ。
ジイも定年退職に際して何を返礼品として渡すかいろいろ思いあぐねたことを思い出していた。
さらにホームセンターに行って、印刷用のハガキ用紙などを買ってから家に戻ったら、例会を終えて帰る時間より過ぎていた。
今日も日中は晴れたのは良かったが、その分気温が上がって8月の暑さがぶり返した。
何日か前のブログに秋は足早に近づいていると書いたがとんでもない、真夏に逆戻りだ。
台風の影響で停電が続いて暑苦しさに耐えている千葉の人たちにしてみれば、そのぐらいの暑さでつべこべ言うなと叱られそうだ・・・。
夜になると、小さな虫が網戸を潜り抜けて入ってくるので、窓を閉め切ったせいかさらに暑苦しくなった。
そんな暑さを吹き飛ばしてくれたのが、巨人の優勝マジック再点灯とサッカーアジア2次予選の最初の勝ち点3だった。
2019年09月05日 (木) | Edit |
昨夜は2時間ほど寝た後、膝や腰が痛くなって目が覚めた。
その後なかなか眠れなかったので、湿布を張って寝たら間もなく眠れた。
6時半の目覚ましで起きた。
今日は、東御美術会の例会で、湯の丸高原の群馬県側、鹿沢にあるタマダレの滝で写生することになっていた。
天気予報では、午後から雨となっているので、写生は中止して祢津公民館で静物画になるかもしれないと思いながらも、集合場所の中央公園に行くと5,6人ほどが集まっていた。
途中で3人が合流して10人で写生に行った。
湯の丸高原の地蔵峠を越えて群馬県側に入ると霧が立ち込めていた。
写生場所の、タマダレの滝まで行くと、滝は霧に包まれて幻想的な姿だったが、絵にはできそうもなかった。
しばらく近くの渓流を描くか迷ったが、思い直して滝のほうにもう一度行くと初めより霧が少なくなっていたので、滝を描くことにした。
はじめは10号の画用紙で描こうかと思ったが、いつ雨が降ってくるかわからないので、B5サイズのスケッチ用の画用紙で描くことにした。
足場が悪く、イーゼルも立てられないし、折りたたみ椅子も傾いて描きづらかったが、1時間ほどかけて描き上げた。
タマダレの滝 タマダレの滝のスケッチ
まだ11時だったので、今度は渓流を描きに行こうと、滝のある場所から渓流のところまで、坂を下り始めたときに、右足を捻ってまた膝を痛めてしまった。
夜中に痛みが出た予兆があったのだから注意しておけばよかったのだが、油断してしまった。
前回の時より痛みの程度は弱いが、早く痛みが引くよう手当しなければ・・・。
渓流に架かっているつり橋の上からスケッチをした。
描いている途中から日が差すようになってきた。
スケッチを終えて彩色する前に早めのお昼を食べ、12時ごろから彩色して12時半に描き終えた。
渓流 渓流のスケッチ
他の人たちも、完成した人、まだ途中の人とそれぞれだったが、1時前には終了し解散となった。
ジイは、同い年のAさんから、自宅で作っているトマトを上げるから家に寄らないかと誘われたので、チーズ工房のアトリエフロマージュの近くにあるAさんの家に寄った。
どうやら今日は初めから招待してくれるつもりだったようだ。
奥さんがいろいろ食べ物や飲み物を用意して出迎えてくれた。
Aさん夫妻も東京からの移住者で、ジイとバアより1,2年早く移転してきた。
家は我が家と同様こだわりの家づくりをしていた。
南側の窓は大きく開放的で、東御市内が一望でき、八ヶ岳の山並みも見えるロケーションに建っていた。
暖炉があったり、リビングの続きにパーゴラ風のガラス張りの部屋を作ったりしてあった。
我が家と同様、大いに家づくりを楽しんだに違いない。
トマトをもらうだけのつもりが1時半もおしゃべりをしてしまった。
今度は我が家にも来てもらおう。
Aさんの家
家に帰って、痛めた膝を湿布してサポーターをしたら、少し楽になった。
お絵描き道具を仕舞いにジイ小屋に行ったついでに、白馬鑓の絵の手直しを30分ほどやった。
2019年09月04日 (水) | Edit |
今朝は6時起きした。今日は日本水彩画会上田支部の写生旅行の下見を計画し、他の写生旅行係3人と一緒に出かけることになっていた。
大町周辺を下見することになっているが、運転と車を出すのはジイの役目だ。
早めの朝食をとり、7時半からのBS③の朝ドラを途中まで見てから、家を出た。
最初の一人が8時に、次に二人目をその5分後にピックアップすることになっていたが、一番の通勤ラッシュにぶつかって、それぞれ5分遅れになり、3人目に至っては15分遅れになってしまったが、何とか3人をピックアップすることができた。
最初の下見先として、国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区に行った。
9時半からの開園だが10時過ぎに到着した。
心配した雨は、まだ降ってきていなかった。
園内を歩いて雨の場合の雨宿りできる場所やトイレを始め、写生ポイントがあるかなどを調べて回った。
写生ポイントはいくつもあって心配するまでもない。
入園料も65歳以上のシニアは、1日券は210円、二日券は250円とさすが国立公園だけあって安いものだ。
10月の消費税の引き上げでも値上げの予定はないそうだ。
1時間余滞在したあと、もう一つの国立あづみの公園大町・松川地区に行った。
同じ入園券で入園できることが分かった。
堀金・穂高地区の公園からちょうど30分ほどかかった。
12時になっていたので公園内のレストランで昼食にした。
夏休みが終えた平日ということで入園者はほとんどいなかった。
1時間ほど園内を歩いたが、かなりの距離を歩かないとあまり写生ポイントはなかった。
これでは高齢者集団ではきつい。
それだったら、堀金・穂高地区の公園のほうがいろいろ写生ポイントを選べるので二日間ともそこで写生したほうがいいのではないか、ということになった。
国営アルプスあづみの公園① 国営アルプスあづみの公園②
最後に、前回の二日目に写生場所だった美麻の新行高原に隣接する中山高原のそば畑を見に行ったが、そこはロケーション的に写生には不適のところだった。
結局写生旅行係としては、二日間とも同じ場所で描くことを提案してみることになった。
大町駅前のレトロな喫茶店でコーヒーを飲みながら協議したあと、戻ることにした。
車に戻って発車して5分もしないうちに雨が降りだし、すぐに土砂降りになった。
喫茶店から駅前の市営駐車場まで間一髪で雨に濡れずに済んだ。
途中、降ったり止んだりしていたが、3人を車から降ろすときはどういうわけか雨が降っていなかったので、みな濡れずに帰宅できた。
ジイだけ家に戻った時に雨が降っていたが・・・。
さすがに家に帰ってからは疲れて何もする気になれず、やっとの思いでブログを書き終えた。
2019年09月03日 (火) | Edit |
今朝は6時半に目が覚めた。前夜12時前に寝ているので、睡眠時間としてはまずまずだ。
朝食の準備をバアと一緒にし終わった後、ステーションまで可燃ごみを出しに行った。
このところプラごみの分別の仕方が変わったので、可燃ごみを出す間隔が以前より長くなった。
そのかわりプラごみのたまる間隔は短くなったので、明日上八重原公民館に車で出しに行かなければならない。
午前中は晴れて暑くなった。
昨日のブログで、秋がすぐそこまで来ているように書いたが、今日は今までの夏に戻った感じだ。
午前中ジイ小屋で白馬槍の雪景色の絵の続きを描いた。
9時半ごろから始めて、気が付いたら12時になっていた。
今日のお昼はジイが焼きそばを作ることになっていたので、慌てて母屋に戻ると、バアがお肉やキャベツを刻んで、火を通すばかりにしておいてくれた。
お昼を食べた後も、2時前から1時間半ジイ小屋で絵の続きを描いて、ひとまず完成といえるところまでいった。
これで上田支部展に出品できる目途がついた。
まだ中間の山の色や白馬鑓ヶ岳の山肌の色など手を入れたいところがあるが・・・。
それは、18日の搬入日まで時間があるので追々手を入れていくつもりだ。
今日の絵
描き終わったので、そろそろ天気が悪くなる前にリハビリウォーキングに出かけようと支度をしていたら、ポツポツと雨が落ちてきた。
5分ほど様子を見ていたが通り雨だったようで、すぐに止んだ。
念のため傘を持って歩き始めた。
ため池の土手のワレモコウがいい色になっていた。
ツリガネニンジンやキキョウも咲いていた。
その先の雑木林では、アケビが何個もなっていた。まだ紫色に色づいてはいなかった。
中古住宅のあるところ通ったら、ひびが入っていた離れの窓ガラスがはずされてなくなっていた。
ガラスを入れ替えるため持って行ったのだろう。
今日もちょうど1時間歩いて戻ってきた。
あちこちの田んぼで水抜き作業をしていた。
ワレモコウ アケビ リハビリウォーキング